住所 〒336-0034
埼玉県さいたま市南区内谷5-15-3
電話番号 0120-583-717
営業時間 10:00〜18:00 リンク

ピアノの調律・修理・クリーニングの事ならお任せ下さい!【島村楽器 埼玉ピアノ工房】

  • (2018年3月24日)13:54 更新
  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
    店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

「調律をしてもらいたい」
「子供のころに使っていたピアノを修理して演奏したい」
「引っ越しに合わせてピアノをクリーニングしたい」
そんなご要望にお応え致します!

埼玉ピアノ工房は島村楽器ピアノセレクションセンターに併設されている、ピアノ修理工房です。お客様のご自宅のピアノ調律・修理はもちろんの事、「しばらく弾かなったピアノを孫に譲りたい」「またピアノを始めたい」等、数多くのご要望にお応えしてきました。ヤマハ、カワイ、ディアパソンなど国内のピアノからスタインウェイ、べーゼンドルファー、ベヒシュタインまで幅広く対応可能です。

ピアノの状態を確認し、皆様のピアノ生活を豊かにさせていただくため、お客様の大事なピアノを埼玉ピアノ工房常駐の技術者が調律・調整・修理させていただきます。

埼玉ピアノ工房スタッフ

現在ご使用されているピアノで、「調律をしてほしい」、「鍵盤が上がってこないので直してほしい」というご要望には調律・調整を、「引っ越しやリフォームで一度ピアノを移動させて保管をする事になったので、できればピアノを綺麗にして、弾けるようにしてから自宅に戻したい」というご要望には修理や外装クリーニングを、「ピアノを弾きたいけど、仕事があって夜しか弾けない」、「ピアノを置いている部屋がお隣の家と近いので、騒音問題が心配」という方には消音ユニットの取付等々、それぞれのピアノ生活の状況に合わせたご提案をさせていただきます。是非お問合せください。

埼玉ピアノ工房1 埼玉ピアノ工房2

埼玉ピアノ工房3 埼玉ピアノ工房4 

埼玉ピアノ工房5 埼玉ピアノ工房6

埼玉ピアノ工房7 埼玉ピアノ工房8

ピアノ調律・保守点検 ピアノ内部修理 ピアノ外装クリーニング 消音ユニット ピアノQ&A 修理のお問合せ

埼玉ピアノ工房

ピアノ調律・保守点検

調律メインバナー

定期的な調律・保守点検をお勧めしております!

○定期調律 1年に1~2回お勧めしております。

・アップライトピアノ・・・¥13,000(税抜)~
・グランドピアノ・・・・・¥16,000(税抜)~

※長期間調律をしていない場合ですと、修理・調整で別途料金がかかる場合がございます。


○発表会調律

・アップライトピアノ・・・¥15,000(税抜)~
・グランドピアノ・・・・・¥18,000(税抜)~

※使用するピアノや立ち合いの有無等により、別途諸費用をいただく場合がございます。


○初回保守点検 新品ピアノご購入後1年以内に行う調整作業です。

・アップライトピアノ・・・¥28,000(税抜)~
・グランドピアノ・・・・・¥35,000(税抜)~


○定期保守点検 調律・整調(タッチを均一に整える)・整音(発音と音質を均一に整える)を総合的に行う作業です。

・アップライトピアノ・・・¥40,000(税抜)~
・グランドピアノ・・・・・¥50,000(税抜)~


※出張費は基本的にいただいておりませんが、遠隔地へお伺いの際には、別途諸費用をいただく場合もございますのでご了承ください。

ピアノ内部修理

修理メインバナー

ピアノ内部に使用されている消耗部品等の交換修理を行い、安心の品質を自信を持ってお届け致します!

埼玉ピアノ工房では、様々なお預り修理を行なって参りました。「今弾いているピアノをもっと弾きやすくしたい」「しばらく使っていないのでピアノが壊れていないか見てほしい」「出ない音がある」等々、何でもご相談ください。尚、工房見学も随時行なっておりますので、是非お問い合わせくださいませ。


よくある修理例をご紹介致します!

〇フレンジコード交換

修理前 修理後

アクション内にあるこのコードが切れてしまうと、鍵盤を弾いてもうまく音が出なくなったり、タッチが揃わず弾きづらくなってしまいます。コードを張り替えてピアノとしての機能を取り戻します。

フレンジコード交換の様子はコチラから↓

 ‐【工房作業風景】U30A中古整備

〇鍵盤ブッシングクロス交換

修理前 修理後

上記写真の鍵盤クロスは弾いているうちに摩耗してきます。摩耗すると鍵盤がガタついて弾きづらくなったり、雑音の原因にもなりますので新しいフェルトに貼りかえます。

鍵盤ブッシングクロス交換の様子はコチラから↓

 ‐【工房作業風景】UX10BLの修理

〇全弦交換

修理前 修理後

弦は使用頻度や温度・湿度の変化、経年等により劣化してきてしまいます。その為、弦を全て交換する事によりピアノ本来の音をよみがえらせることが出来ます。

全弦交換の様子はコチラから↓

 ‐【工房作業風景】スタインウェイD型 オーバーホール(過去記事)

 ‐【工房作業風景】C5Bオーバーホール

 ‐【工房作業風景】W102オーバーホール


※埼玉ピアノ工房ではピアノ内部アクションや鍵盤等をお預りさせていただき、修理も行なっております。

お預り修理事例はコチラから↓↓

 -【工房作業風景】お客様のピアノをお預かり修理しました!~G3B編~

 ‐【工房作業風景】お客様のピアノを修理しました!~US50編~

ピアノ外装クリーニング

画像

ピアノも日々使用していく中でお手入れをしていても、いつの間にか汚れてしまっていたり、傷がついてしまっていた経験はございませんか。「リフォームでピアノを移動して保管をする際に、修理と外装のクリーニングをして綺麗にしてから家に戻したい」等のご要望に、ピアノの外装専門技術者がお応え致します!
「黒い艶ピアノがくすんできてしまった」「ピアノの上に物を落として傷がついてしまった」等々、お気軽にご相談ください。

専用の機械を使用して細かい傷を無くし、ピアノ本来の輝きを取り戻します!

〇ピアノ外装クリーニング ¥40,000(税抜)

※地域限定で外装の出張クリーニングも行っております!是非、お問合せください!

修理前 修理後

※艶消し(艶が無いタイプ)の塗装が施されているピアノに関しましては、艶が出てしまうため手磨きでの清掃・クリーニングでご対応させていただきます。ご了承ください。

ピアノ外装クリーニングの様子はコチラから↓

 ‐【工房作業風景】外装クリーニング

 ‐【工房作業風景】外装をきれいにしませんか

 ‐【工房作業風景】外装修理 ツール紹介

ピアノに付いてしまった大きな傷・ヘコミ、塗面の剥がれ等を修理致します!

〇外装傷修理 (傷の大きさや深さ等の状態確認後、お見積りをさせていただきます。)

修理前 修理後

ピアノ外装傷修理の様子はコチラから↓

 ‐【工房作業風景】外装修理Pt.1

 ‐【工房作業風景】外装修理Pt.2

消音ユニット

サイレントユニット1

KORGの消音ユニットはお手持ちのピアノ、ピアノをご購入前に取付けられます。

アコースティックピアノを持っている、またはご検討されていて音の問題にお困りではありませんか?ヘッドフォンを利用して、またはスピーカーを接続して、アコースティックピアノのタッチはそのままに電子ピアノの手軽さを手に入れる事が出来ます。夜間の練習などに最適です!(一部取り付けられない機種がございます)

サイレントユニット2


KORG KHP-300

korg khp300

お手ごろな価格で取り付けられる、アップライトピアノ専用消音ユニットです。
メーカー 品番 販売価格
(税込)
取付費
(税込)
コメント
コルグ KHP300 ¥37,584 ¥37,800~ ピアノにより特殊作業料金が発生する場合があります
ヘッドホン付
主な特徴
  • 贅沢に、丁寧にステレオサンプリングした豊かに広がるグランドピアノサウンドを内臓。
  • 新開発の完全非接触式光センサーにより、消音機能オン時とオフ時の鍵盤タッチの差を解消。
  • ピアノ音色に加え、様々な演奏を楽しめる10音色を内蔵。
  • ペダルを使った演奏もリアルに再現。
  • 最大同時発音数120 音
  • 音色プログラム数 10音色(ピアノ1、ピアノ2、エレクトリック・ピアノ1、エレクトリック・ピアノ2、ハープシコード、クラビコード、ビブラフォン、パイプ・オルガン、エレクトリック・オルガン、ストリングス)
  • エフェクト リバーブ、コーラス(各エフェクトの効果のかかり具合は、音色毎にお勧めの内容で予め設定されています。また、エフェクト:オン/オフの選択が可能です。)

取り付けられるピアノはこちらからご確認頂けます。

KORG KHP-2000

korg khp2000

表現力豊かなアップライトピアノ専用多機能消音ユニットです。
メーカー 品番 販売価格
(税込)
取付費
(税込)
コメント
コルグ KHP2000 ¥95,040 ¥43,200~ ピアノにより特殊作業料金が発生する場合があります
ヘッドホン付
主な特徴
  • 贅沢に、丁寧にステレオサンプリングした豊かに広がるグランドピアノサウンドを内臓。
  • 鍵盤を弾く強さによって4段階に分けてステレオ・サンプリング
  • 新開発の完全非接触式光センサーにより、消音機能オン時とオフ時の鍵盤タッチの差を解消。
  • 2トラック録音ができるので、右手、左手のパートを別々に録音
  • ペダルを使った演奏もリアルに再現。ハーフペダル対応
  • オーディオ・アウトプット、MIDI端子、USB端子
  • 最大同時発音数 80 (ボイス・アロケーションに対応)
  • 音色プログラム数 8音色(ピアノ1、ピアノ2、エレクトリック・ピアノ1、エレクトリック・ピアノ2、ハープシコード、パイプ・オルガン、エレクトリック・オルガン、ストリングス)
  • エフェクト リバーブ、ブリリアンス(各3段階)

取り付けられるピアノはこちらからご確認いただけます。

機能比較表

エントリー・モデル
KHP300
(アップライトピアノ用)
スタンダード・モデル
KHP2000(アップライトピアノ用)
KHP5000(グランドピアノ用)
音色数 10音色
(ピアノ1、ピアノ2、エレクトリック・ピアノ1、エレクトリック・ピアノ2、ハープシコード、クラビコード、ビブラフォン、パイプ・オルガン、エレクトリック・オルガン、ストリングス)
8音色
(ピアノ1、ピアノ2、エレクトリック・ピアノ1、エレクトリック・ピアノ2、ハープシコード、パイプ・オルガン、エレクトリック・オルガン、ストリングス)
音源システム ステレオ・サンプリング
(強弱により2段階)
高性能ステレオ・サンプリング
(強弱により4段階)
最大同時発音数 120 80 (ボイス・アロケーションに対応)
ボイス・アロケーションとは?
最大同時発音数が80ボイスを超えるような場合には、リアルタイムの高度な発音アルゴリズムにより、聴感上、最適なパフォーマンス(演奏)と聞こえるように、各音符の発音優先度を瞬時に決定して、これを制御します。
ディスプレイ - 3桁7セグメントLEDディスプレイ
エフェクト リバーブ、コーラス リバーブ、ブリリアンス(各3段階)
レコーダー - 録音、再生(2パート、1ソング、45,000ノート、テンポ設定、メトロノーム、パート1、パート2)
メトロノーム -
タッチコントロール - タッチ感を3段階で調節可能(軽め/標準/重め)
デモ曲 10曲
「ラ・カンパネラ」「ラプソディー・イン・ブルー」などの有名曲を含むデモ曲を10曲収録しています。
10曲
ピアノ1のみ3曲メドレーで収録。その他音色は各1曲ずつ収録
付属品 簡易ヘッドフォン 専用ヘッドフォン(KH90)
モニタースピーカー ※KHP5000のみ
オーディオ端子 ヘッドホン×2(出力端子兼用) ヘッドホン x 2、LINE OUT(ステレオ・ミニ・ジャック型)
USB端子 - USB 1.1対応(Windows XP(Home/Professional)、Mac OS X 10.2以降に対応)

認定技術者による、安心の取り付け作業

ユニットの取り付け作業は、コルグの取付技術認定研修を終了した認定技術者(当店専属調律師)が行います。

  ユニットの取り付け作業の様子はコチラから↓

  ‐【工房作業風景】U10BL消音取付

  ‐【工房作業風景】YUS1消音取付

  ‐【工房作業風景】K200消音取付

ピアノについてのよくある質問

Q1:ピアノに最適な置き場所はどういうところですか?また、気を付けるべきことはありますか?

A1: ピアノは木でできた繊細な楽器であるため、急激な温度・湿度変化の少ない場所が最適です。

直射日光や冷房・暖房の風が直接当たる場所を避け、壁から10-15cm離して設置することをお勧めしております。また、床暖房をご使用の場合は、ピアノの下に断熱材を敷くことをお勧めしております。詳しくはお問い合わせください。

また、ピアノの内部には良質な羊毛やフェルト等が使用されているため、防虫剤で虫食いを防ぐ事をお勧めしております。当社では、防虫効果と弦の防錆効果を発揮する商品のご案内もしております。

急激な温度や湿度による変化を避けるため、除湿剤のご使用もお勧めしており、湿度の目安としては夏季40-70%、冬季35-65%が望ましいと言われております。

Q2:ピアノのお手入れはどうしたら良いですか?

A2: 乾いた柔らかい布で、外装や鍵盤をこまめにお掃除していただくと、ほこりや汚れの沈着を防いで美しい外観を保つことが出来ます。ピアノによって外装や鍵盤の材質が異なりますので、使用するワックスやクリーナーの種類につきましては調律師にご相談ください。また、内部の清掃につきましては外装を取り外しての作業となりますので、ご相談ください。

Q3:調律はどのくらいの頻度で行うと良いですか?

A3: 1年に1-2回の実施をお勧めしております。

ピアノの弦は1本約80Kg、全体で約20tの張力がかかっているので、弦がその緊張を解こうと緩んで音が狂っていってしまいます。また、温度や湿度の変化によっても音は狂いますので、弦の張り具合を正しく整えるために、定期的な調律が必要となります。

また、新しく新品ピアノをご購入されたお客様は、新品の弦を使用しているため変化が大きいので、より安定させるために変化が落ち着くまでの間、通常よりも早い段階での調律をお勧めしております。 また、同じく演奏頻度が高い方へも早い段階での調律をお勧めしております。

Q4:保守点検はどのくらいの頻度で行うと良いですか?

A4: 2年-3年に1回の実施をお勧めしております。

弾いているうちに変化してしまった状態から、正しく調整をし直してあげることで今後の変化が少なくなります。

また、新品ピアノをご購入されたお客様は、しばらく使用していると新品特有の状態変化がでてきます。調整を行う事で安定したタッチを維持させることができるよう、1年以内の実施をお勧めしております。

ピアノ修理のお問合せはこちらよりご連絡下さい。

ピアノの調律・修理のご相談は下記リンクよりご連絡下さい。(販売・運送のご相談も承ります)

店舗名 島村楽器 埼玉ピアノ工房
メール ピアノコンシェルジュお問い合わせフォーム
電話番号 0120-583-717
アクセス 埼玉ピアノ工房MAP

※埼玉工房でのお預かり修理をご希望のお客様は、お問合せ詳細欄に【埼玉工房宛】とご記入いただければ、東京都・千葉・埼玉・神奈川県内にピアノをご所有のお客様に限り、無償でご所有ピアノの状態を診断させていただきます。【ピアノ査定料金 ¥3.000(税別)】

「埼玉ピアノ工房」カテゴリー 最新情報はこちら

このページのトップへ