住所 〒336-0034
埼玉県さいたま市南区内谷5-15-3
電話番号 0120-583-717
営業時間 10:00〜18:00 リンク

【コンサートレポート】2018年1月28日(日)酒井有彩アフタヌーンコンサート『ロマン派至高の傑作』”バラード全4曲コンサートレポート”

  • (2018年1月31日)15:25 更新
  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
    店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

先日の大雪の影響で、寒々とした日曜日でしたが、コンサート当日はたくさんのお客様がご来場して下さいました。

今回、ショパンバラード全曲という超豪華なプログラムを演奏してくださいました!

ピアノの詩人と言われたショパンが、パリ滞在中の1831年から1835年に作曲、1836年に出版されたバラード第1番。物語風に展開される、劇的でスケールの大きな作品と解説をして頂きました。

バラード第2番。この作品の最大の魅力は、「青天の霹靂」の如く、 何の前触れもなく突然落ちてくる 雷のようなフレーズです。バラード4曲中構成的には最も分かり易く演奏時間の短い作品ですが、この感情の高ぶり、猛り狂う激しさがこの曲の隠れた人気です。

バラード第3番。1841年の作曲。ポロネーズ第5番、幻想曲作品49などが作曲されています。ショパンにとっては、まさに円熟期だったこの曲を、酒井さんの情熱的・繊細な響きを紡ぐ演奏に、お客様も感激しておられました。

バラード第4番。ショパンの円熟期の最高傑作の一つで、技術的にも音楽的にも最高峰と言われる作品。バラード全4曲の中でショパンの作曲技法が尽くされている壮大な一曲。酒井さん曰く、追いついても未だ追いつけない曲、だから演奏し甲斐がある曲の1つですとおっしゃられておりました。

最後にスタッフと記念写真!酒井さん!素敵な演奏を、ありがとうございました。また、セレクションセンターにてコンサートをぜひぜひ!お願い致します。

「ライブ」カテゴリー 最新情報はこちら

このページのトップへ