1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. グランフロント大阪店
  4. 商品情報 商品の紹介
  5. 【STEINWAY&SONS】~スタインウェイピアノの歴史~
キャッシュレス決済サービスのご案内

【STEINWAY&SONS】~スタインウェイピアノの歴史~

STEINWAY&SONS HISTORY

スタインウェイピアノは世界最高のピアノメーカーの1つで、今も多くのピアニストたちに愛されているピアノです。

今回は、このスタインウェイの歴史についてご紹介します。

創業者ハインリッヒ、ドイツでピアノ制作を開始

1797年、ドイツのハノーヴァーとライプツィヒの間にある小さな村で、後に創業者となるハインリッヒ・エンゲルハート・スタインヴェグ(ヘンリー・エンゲルハート・スタインウェイ)が誕生しました。

スタインヴェグ家は森に棲む木炭職人で木材に精通した一族であり、ハインリッヒは21歳で教会用のオルガン造りの見習いをはじめ、1835年には自宅の台所でピアノの製造を始めました。

(アメリカの気候に負けないピアノ開発の必要性

8世紀当初、裕福な人々が増えるに従ってピアノの需要が急増し、ヨーロッパから数多くのピアノが輸入され始めました。しかし、アメリカの気候や広大な大陸間輸送などの環境は、ヨーロッパから輸入された繊細なピアノには過酷なものでした。

そのため、アメリカの音楽愛好家たちは、アメリカの環境に合ったアメリカ製のピアノを作ろうと考え、ヨーロッパから多くの技術者を集め、ピアノ製造に取り組み始めました。)

スタインヴェグ一家、ニューヨークでスタインウェイ&サンズ社を設立

その後482台のピアノを製造しましたが、封建社会のドイツ国内の経済状態に将来性が感じられなくなり、1850年に妻と5人の息子、3人の娘と共にアメリカへの移住を決意し、ニューヨークのピアノ製造会社で3年間勤務して環境に慣れた後、1853年にスタインウェイ&サンズ社を設立しました。

ハインリッヒはドイツ・ゼーセンでオルガンを製造する技術者で、1836年にスタインウェイ製造番号1号となる高品質のピアノを初めて完成し、その三年後に行われた見本市にスクエアピアノ2台とグランドピアノ1台を出展して1位を獲得しています。

1856年にはグランドピアノの製造をスタートし、1858年には約100名の従業員で年間700台以上、1863年には約400名の従業員で1600台以上のピアノを生産しました。

スタインウェイ・ピアノを生み出した息子たち

スタインウェイがピアノ制作を始めたころ、すでにアメリカのピアノは頑丈な鋳物のフレームを持つようになっていました。スタインウェイの息子ヘンリーJr.は、鋳鉄のフレームに交差弦*を張る方法を完成させ、1855年のアメリカ工業博覧会に出展しました。

これが評判となり、スタインウェイが製造した当時のスクエアピアノは飛ぶように売れました。これを資金にして、スタインウェイはグランドピアノの製作を始めます。

息子のヘンリーJr.はスタインウェイの最初の7つの特許を取得するなど大きな成果を挙げましたが、すぐ上の兄チャールズとともに、1865年に早世してしまいました。ハインリッヒは相次いで二人の息子を亡くし、すっかり気落ちしてしまいます。

当時、ハインリッヒの長男テオドールはドイツに残ってピアノを作り続けていましたが、ピアノづくりのパートナーである弟二人を失った父を気遣い、ドイツの工場を手放しアメリカに渡ってきました。

その後、ピアノの製作を受け継いたテオドールは、現在までスタインウェイ・ピアノを支えることになる127の特許のほぼ半分を取得し、それまでのピアノを凌駕する世界最高のスタインウェイ・ピアノを完成させるのです。

スタインウェイ・ピアノの歴史が始まる

スタインウェイ・ピアノはヨーロッパでも大きな反響を巻き起こしました。

1862年ロンドン博覧会、1867年パリ万国博覧会で金賞を受賞し、交差弦*のスタインウェイ・システムはヨーロッパのピアノ製造の常識を変えることになりました。

また、マーケティングに才能があった四男ウィリアムは初代社長に就任し、当時のニューヨークでは2番目の規模となる「スタインウェイ・ホール」を建設し音楽文化の中心的役割を果たしました。

プロのアーティストの98%が選ぶピアノ

スタインウェイのグランドピアノは晩年のリスト、アルトゥール・ルービンシュタイン、20世紀の巨星ホロヴィッツ、アシュケナージを始め、ほとんどのピアニストから選ばれ、『神々の楽器』と呼ばれています。

20世紀に入ってからは、クラシック音楽に限らず、ジャズ、ポップスなどあらゆるジャンルのトップミュージシャンたちに選ばれ続け、今日に至っています。

スタインウェイピアノの特徴

1853年に創業以来、音色、タッチ、美しさ、さらに資産価値も含めて現代ピアノの規­範となったスタインウェイ。

スタインウェイはこれまでの歴史を経て、洗練された技術、ピアノ素材、演奏性表現力を求め生まれた構造・特許、ピアノへの考え、様々な要素が重なり今日ではピアニストにとって憧れでもあり、選ばれるピアノメーカーです。

スタインウェイピアノ店頭展示リストはこちら

お問い合わせ先

〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 ショップ&レストラン北館5F
グランフロント大阪店  TEL : 06-6359-2855  担当:菱本(ひしもと)

アクセス方法

JR大阪駅中央北口よりアトリウム広場を通り直結。デッキをそのまま通り、南館から北館へ。
阪急梅田駅2階中央口より出て、そのままグランフロントへ徒歩約3分

グランフロント大阪店へのアクセスはこちら

↑このページのトップへ

  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
  • 店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。
外出せずにお買い物!お店の商品を自宅で購入・受け取れます
島村楽器が買い替え応援!!高価下取買取

「商品情報 商品の紹介」カテゴリー最新情報

上へ戻る

  1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. グランフロント大阪店
  4. 商品情報 商品の紹介
  5. 【STEINWAY&SONS】~スタインウェイピアノの歴史~