1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. グランフロント大阪店
  4. お知らせ
  5. インストラクター黒田の♪ピアノ通信♪ vol.5

インストラクター黒田の♪ピアノ通信♪ vol.5

vol.5 ピアノの運指について

皆様こんにちは、ピアノインストラクターの黒田です。

今回の♪ピアノ通信♪では、レッスン中にご質問いただくことも多い「運指(指づかい)」についての記事をお送りいたします。

指番号のおさらい

運指はピアノを弾くための大切な要素です。

まず、おさらいですが、指番号は両手ともに親指から外側に向かって、1→2→3→4→5と振られます。

指番号は守るべき?

ハノンやバーナム、ツェルニーなどの練習曲の場合は、それぞれの指に特化した練習を行うため、手を痛めない範囲で守りましょう。

その他の曲の指番号は、基本的には「なめらかに」「自然な指づかい」となるよう書かれています。ですので、ピアノを習い始めてまもない方は、その「自然な指づかい」に慣れるためにも、まずはテキスト通りの指番号を守ることをオススメします。

指番号の決め方

教材によっては、全ての音符には指番号が書かれていない楽譜もありますよね。もしくは、書かれている運指から変更したい場合もあるかもしれません。
手の大きさや形、指の長さは人によって異なりますので、その都度、自分に合った運指を考える必要があります。そのときにも、基本の「自然な指づかい」を意識して決定します。
そして決定したら、ぜひ楽譜に書き込み、その運指で練習することを意識してみてください。
私も今でも、指くぐりなどポイントとなる部分には、楽譜に指番号を書き入れています。

弾き込む内に、より適切な運指が見つかることもありますが、常に同じ運指で練習することで、練習時間の節約にもなりますよ。(これは私のレッスン時の口癖ですね...)

前後の音符と「なめらかに」、前後の指から「自然な指づかい」になる運指を探すためには、曲の流れを把握することが大切です!
もちろん、レッスン時にも一緒に考えましょう♪

さいごに

出版社によって運指が異なることもありますし、ffの音には特別力の入れやすい指を使うことや、両手の弾き分けなど、研究しようと思えばいくらでも研究することができる分野かと思います。
もっと詳しく知りたい!という方はレッスン時にお気軽にご質問くださいませ。



↓インストラクター黒田のプロフィールやピアノサロンのコース概要はこちらからどうぞ!↓

グランフロント大阪店~音楽教室総合案内~

島村楽器グランフロント大阪店の音楽教室は、大阪のランドマーク・グランフロント大阪の5Fにある、アクセス抜群の音楽教室です。10時半~21時まで開講していますので、お買い物やお仕事帰りでも通いやすく、幅広い世代の方に通っていただいています。人気のピアノやバイオリン、管楽器、お子様向けのレッスンなど、豊富なコースをご用意しております。

グランフロント大阪店~音楽教室総合案内~

お問い合わせ・お申込み

お問い合わせ、お申込みは店頭もしくはお電話にて受付させていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

体験レッスン・資料請求のお申込みはこちら

店舗 島村楽器グランフロント大阪店
電話番号 06-6359-2855
担当 黒田
  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
  • 店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

「お知らせ」カテゴリー最新情報

上へ戻る

  1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. グランフロント大阪店
  4. お知らせ
  5. インストラクター黒田の♪ピアノ通信♪ vol.5