1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. グランフロント大阪店
  4. お知らせ
  5. 【New!】インストラクター黒田の♪ピアノ通信♪ vol.4

【New!】インストラクター黒田の♪ピアノ通信♪ vol.4

vol.4 ピアノと呼吸

皆様こんにちは、ピアノインストラクターの黒田です。肌寒い日も多くなりましたね。季節の変わり目ですので、ご自愛くださいませ。

さて、今回の♪ピアノ通信♪では、ピアノ演奏時の呼吸と、現在実施中の‟秋のご入会キャンペーン”のご案内記事をお送りいたします。

ピアノと呼吸

管楽器のように、楽器に直接息を吹き込まずとも演奏することができるピアノですが、ピアノを弾くことにおいても、呼吸は非常に重要です。
難しいパッセージを弾くときなど、思わず息を止めてしまっていませんか?
曲の弾き始めやフレーズの区切り、強弱がfからpになるとき…そのような場面ではブレスを意識しましょう。同様に、息を吐くことが大切な場面もあります。
まずは、実際に歌ってイメージしてみましょう。
また、呼吸を意識することは、音色などの表現にも繋がります。鋭い声で歌うときと、柔らかい声で歌うときのブレスは異なりますよね。
ピアノ演奏においても、共通することだと私は思っています。ぜひ、練習の際に意識してみてはいかがでしょうか?
前回記事にUPしました演奏動画でも、曲の冒頭に、私の呼吸音が入っていますね。ピアニストの方々のCDなどにも、呼吸音が拾われている場合もありますので、息づかいに注目してみるのも面白いかもしれません!

秋のご入会キャンペーン

現在~11月30日までの期間、ご入会金が50%OFFとなるキャンペーンを実施中でございます。
ピアノに初めてチャレンジされる方、久しぶりにレッスンを再開しようか迷われている方、今が始め時です!

ピアノが初めての方でもご安心ください。楽譜の読み方やリズム、手の形の基礎から一緒に知識を増やしていきましょう♪
ご経験のある方には、音色や身体の運び方など、表現の幅をより一層広げられるようアドバイスいたします。
芸術の秋をご自身の演奏で感じてみませんか?

さいごに

最後までご覧いただきありがとうございます。今回は、ピアノと呼吸についてお送りいたしました。演奏することにおいては、音楽的な呼吸が大切です。ブレスを取ることで、自然と力が抜け、自分の音を聴くことができ、より豊かな表現に繋がります♪
ぜひ、レッスンでも一緒に確認してみましょう!


↓インストラクター黒田のプロフィールやピアノサロンのコース概要はこちらからどうぞ!↓

グランフロント大阪店~音楽教室総合案内~

島村楽器グランフロント大阪店の音楽教室は、大阪のランドマーク・グランフロント大阪の5Fにある、アクセス抜群の音楽教室です。10時半~21時まで開講していますので、お買い物やお仕事帰りでも通いやすく、幅広い世代の方に通っていただいています。人気のピアノやバイオリン、管楽器、お子様向けのレッスンなど、豊富なコースをご用意しております。

グランフロント大阪店~音楽教室総合案内~

お問い合わせ・お申込み

お問い合わせ、お申込みは店頭もしくはお電話にて受付させていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

体験レッスン・資料請求のお申込みはこちら

店舗 島村楽器グランフロント大阪店
電話番号 06-6359-2855
担当 黒田
  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
  • 店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

「お知らせ」カテゴリー最新情報

上へ戻る

  1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. グランフロント大阪店
  4. お知らせ
  5. 【New!】インストラクター黒田の♪ピアノ通信♪ vol.4