1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. グランフロント大阪店
  4. お知らせ
  5. インストラクター石川の♪バイオリン通信♪vol.10

インストラクター石川の♪バイオリン通信♪vol.10

vol.10 ソルフェージュって何? Part.2

こんにちは!グランフロント大阪店バイオリンインストラクターの石川です!
♪バイオリン通信♪も今回で記念すべきvol.10を迎えました!毎月の投稿を楽しみにして下さっているバイオリンサロンの会員さんや、他楽器でスクールに通っていらっしゃる方たちの応援もあり、何とか投稿を途切れさせることなく続けられています。本当にありがとうございます!!

今回のvol.10では、前回のvol.9に引き続き、ソルフェージュについてお話させていただきます。前回はソルフェージュを学ぶ上で絶対に欠かせない3項目についてのご紹介をしましたが、今回は、具体的にそれらをレッスンで学ぶ様子を、写真と共にご覧頂こうと思います!それでは、早速参りましょう!

ソルフェージュサロンの様子

今回レッスンの様子の撮影協力を頂いたKさんは、バイオリンを20年近く習っていらっしゃるベテランバイオリン弾きさんです!普段は東京にお住まいで、バイオリンも東京の先生に習っていらっしゃいます。大阪にはお仕事でほぼ毎週いらっしゃっており、合間を縫ってソルフェージュサロンに通っていらっしゃいます。
今までソルフェージュを学んだ経験はありませんが、「これからソルフェージュを学んで、自分のバイオリン演奏に活かしたい」とのことでした。

楽典・音楽理論

同時に出せる音に限りがあるバイオリンは、ピアノと違って単旋律を弾くことが圧倒的に多いです。しかしその旋律を支えている「和音(コード)」進行の法則性や、それぞれの和音が持つ性質を知って演奏するのと、そうでないのとでは、演奏レベルに雲泥の差が出てきます。
この科目では、教本や例題の楽譜を用いながら、ホワイトボードを使ってマンツーマンの講義を進めます。この写真は和音の基本の種類についてのレッスン時のホワイトボードの写真です。

前回、楽典は「ある程度の」自習が可能、とお伝えしていますが、会員さんから「先生!何の教本を使えばいいの?」と質問が数件来ましたので、わたしのオススメ教本をお伝えします!お店にも置いてありますので、ぜひお手に取って一度見て見て下さいね!

新曲視唱

新曲視唱は、初めて見る楽譜を数十秒で予見し、その場で正確なリズムと音程、示された通りの強弱記号や表現記号を忠実に歌う、という譜読みの速読課題です。
新曲視唱課題では、Kさんはこの教本を用いています。かなりたくさんの視唱課題が掲載されており、難易度としても中級以上の方にオススメの教本です。

また、視唱課題のほかに、初見リズム課題という項目もあります。右手で拍子、左手で示されているリズムを叩く課題です。「リズム感を養いたい」方には必須課題です!

聴音

聴音は、演奏したメロディーや和音を聴き取り、速く正確に楽譜に書き起こす課題です。Kさんは、聴音課題はもとより、楽譜を書くこと自体が初めてでした!!
決まりの多い楽譜の書き方には未だに苦労されているようですが、最近はだいぶ記譜に慣れてきましたね!「早く、正確に、美しく」記譜できるようになることが、聴音を制す鍵になります!訓練あるのみですね!
聴音は、私がKさんのために作成したオリジナル課題に取り組んでもらっているので、写真を載せる事はできませんが、視唱と同じ教本を代用することなどもできますよ!

インタビュー!

ソルフェージュを習い始めて半年弱が経ちましたが、今の率直な感想を(笑)聞かせて下さい!

もっと早く習っていたら良かったです(笑)
まだ自分で「変わった」と思えるほど劇的な実感はありませんが、私が習っている東京のバイオリンの先生からは「前より良くなった」と言われました!できることも徐々に増えてきています!

ソルフェージュを学んで、「楽しい」と感じた瞬間はありますか?

やはり「出来る事が増えてきた瞬間」ですね!今までは漠然と「そういうものだ」、と深く考えずに思ってきたことを深く掘り下げて、事細かに理解できるのはやはり楽しいです!

ソルフェージュを学ぶことでバイオリンの練習に良い効果はありましたか?

ソルフェージュを学ぶ前は、こんなに幅広い学問だとは思っていませんでした。レッスン毎に新たな発見があり、まだまだ学ばなければいけないことはたくさんあるなと思いますが、ソルフェージュを学ぶのと学ばないのとでは、長い目で見て、確実に差が出てくると思います。

さいごに

記念すべきvol.10は、前回のvol.9に引き続き、ソルフェージュについてお話させて頂きました!前回もお伝えした通り、ソルフェージュは挙げたらキリがないほど幅広く奥深い学問分野です。ただし、Kさんも仰っていた通り、学ぶのと学ばないのとでは、自ずと結果として現れる音に変化が出てくるはずです。今までソルフェージュを知らなかった方に、少しでも「こんな世界もあるんだなぁ」と知って頂けたら幸いです!

次回の♪バイオリン通信♪では、このvol.10の投稿日の本日開催の、音楽教室発表会のレポートを予定しています♪バイオリンサロン会員の皆さんの勇士をお楽しみに!そして…この記事を発表会前に見られている発表会出演の会員さんはぜひとも頑張ってください!!舞台袖でわたしも応援しています!それでは、次回もお楽しみに!

お問い合わせ

現在、グランフロント大阪店では、ミュージックサロン「バイオリンコース」「ソルフェージュコース」の会員様を大募集中です!経験者の方はもちろん、音楽経験がない方や、音符が読めないという方でも、バイオリンに興味があ方ならどなたでもお気軽にお申込みください。
ミュージックサロン「バイオリンコース」の概要はこちらからどうぞ!体験レッスンも随時受け付けております。

体験レッスン・資料請求のお申込みはこちら

ネット申込み以外に、お電話でも受け付けております!お気軽にどうぞ!

電話番号 06-6359-2855
担当 石川 聖子(いしかわ せいこ)

♪バイオリン通信♪総合ページに戻る

  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
  • 店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

「お知らせ」カテゴリー最新情報

上へ戻る

  1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. グランフロント大阪店
  4. お知らせ
  5. インストラクター石川の♪バイオリン通信♪vol.10