1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. グランフロント大阪店
  4. お知らせ
  5. インストラクター石川の♪バイオリン通信♪vol.3
キャッシュレス決済サービスのご案内

インストラクター石川の♪バイオリン通信♪vol.3

vol.3 インストラクターのおすすめコーナー
教本①「Sevcik(セブシック)」を使った基本の練習方法

こんにちは!グランフロント大阪店バイオリンインストラクターの石川です!
♪バイオリン通信♪vol.3、今回は「インストラクターのおすすめコーナー」と題しまして、バイオリン弾きなら誰もが通るであろう教本「Sevcik(以下、セブシック)」を使ったインストラクター石川流の≪基本の練習方法≫についてご紹介します!セブシック以外の教本にも応用できるように説明してありますので、ぜひご覧くださいね♪それでは早速参りましょう!

まず、セブシックってどんな教本?

セブシックは、日本のみならず世界中の音楽教室や音楽学校で基礎教材として使用されている、かなり有名な教本です。10冊以上の巻数が出版されているのセブシックですが、「Opus.1のPart.1(オーパス1のパート1)」は、最近バイオリンを始めた!という方にピッタリの内容になっています。ちなみに、写真に写っているものは、私が小学生の時から持っている、かなりの年季の入った楽譜です(笑)

そもそも基礎練習ってしなくちゃだめ?

この記事を見ていただいている方の中で「基礎練習なんてやりたくなーい!」という方も中にはいらっしゃると思います。かく言うわたしも、基礎練習や部分練習が大嫌いでした!曲と違って平坦な音の羅列だから退屈だし、これを練習することによって曲に生かされるという気が全くしなかったからです。]
]でも、こんな風に考えてみましょう。]
]ある数学の問題を解きたいけれど、この問題の公式がわからないから、教科書を1ページずつ探していく。]
]少し大げさかもしれませんが、やみくもに曲を弾くということはこんな感じです。それだったら、先に公式がわかった状態で、問題に取り組んだ方が、問題を解くまでの速さは段違いに早いです。なかなか公式が見当たらず、問題が解けない(曲をうまく弾けない)と、「もういいや!」と投げ出して、数学(バイオリン)自体を嫌いになってしまったり、苦手意識を持ってしまいます。それでは、せっかくこれから弾きたい曲があったのに、本末転倒ですよね。]
]よって、基礎練習は「絶対にしなくてはいけないわけではないけれど、早くバイオリンで曲を弾けるようになるためにはした方が良い」と私は考えています。「良薬は口に苦し」!

練習方法と注意するポイント5つ

①メトロノームを用意しよう!

vol.1「ヴィブラートってどんなもの?」とvol.2「ヴィブラートの練習方法」でご紹介したのと同様、メトロノームを準備してください!もちろん電子でも振り子式でも、どちらでも構いません。メトロノームを使うのには、確実にテンポ通りに練習するという意図があります。最初に「♩=60」を設定して、もっと早くても弾けそう、もしくは、少し早いと感じたら、その都度ご自身で設定してくださいね。

②慣れるまではスラーを切って(全ての弓をかえして)弾こう!

弓を返して練習する代わりに、弓の元から先まで全て使う「全弓(ぜんきゅう)と、できるだけ「弓を返したことがわからないように」弾けるよう心がけましょう。移弦をする時も、弓を返す時も、
弦の上を走る弓が指板側や駒側にぶれることがないよう一直線に動かせるとより良いですね!

③全音と半音の時の、指の押さえる位置を意識しよう!

これは#や♭の全くついていない音階、ハ長調の弦を押さえる場所のおおよその早見表です。バイオリンは、ピアノのように「この場所を押さえれば確実にドの音が出る」という楽器ではないので、最初はシールを貼る方も多いですね。シールを貼らずに感覚だけで覚えていきたい!という会員さんのために、細かい「何㎝」という記載まで書いたバージョンのものも作りました!ただし、指の大きさや、調弦の具合、弦の状態などで大きく作用されますので、あくまで目安です。全音は指を「離す」、半音は指を「くっつける」というように、常に全音・半音を意識して取り組むと、自然とそれが習慣化し、正しい音程の幅の感覚が身に付きますよ!

④様々な弾き方で練習しよう!

①~③の注意点を守ったうえで、スラスラと弾けるようになってきたら、様々な弾き方で練習してみましょう。②の項目では「スラーを切って」練習しましたが、慣れてきたら楽譜通りのスラーのボーイングで弾きましょう。また、今弾いている曲がスタッカートの出てくる曲ならば、すべての音譜にスタッカートを付けて取り組んでみても良いですね!他にもアクセントやテヌートをつけてみたり、はたまたリズムを付点に変えてみるのも、リズム練習にとても効果的です。

⑤継続して「実のある練習」をしよう!

わたしの考える「実のある練習」とは、①~④などの注意点を意識しながら練習することです。何も考えずに盲目的にただ時間をかけて練習する事は、本当の意味で練習とは呼べません。もちろんこれまでの注意点だけではなく、「わたしはこの部分をなめらかに弾きたい、じゃあどうやって弓を動かしたらいいかな」など、たとえ答えが自分で分からなかったとしても「自分で考える」事も、実のある練習と呼べるでしょう。わからないことは、わたしも一緒になって考えたり、お教えします!①~④の注意点も、最初からすべてを意識してスラスラとできる人はいません。1つずつ着実にマスターし、最終的にそれを総合して完成させ、それを「継続して行う」ことに上達の近道はあります。この項目こそ、もしかすると一番難しいポイントかもしれませんね。

さいごに ≪演奏動画≫

vol.3となる今回は、セブシックを使って基本的な練習方法についてご紹介しました!「実のある練習を継続する」ことは簡単なことではありませんが、今以上にバイオリンの事が大好きになるはずです!今後、またこの♪バイオリン通信♪で他の教材についても取り上げたいと考えていますので、次回以降もお楽しみに☆
最後までご覧いただきまことにありがとうございました!今回の演奏動画は、朝夜と肌寒い日が多くなったので、しっとり滑らかなジャズの名曲をお届けします!

ミュージックサロン「バイオリンコース」の概要、またバイオリンインストラクターの石川のプロフィールはこちらからどうぞ!

♪バイオリン通信topへ戻る

お問い合わせ

現在、グランフロント大阪店では、8月に新規開講したばかりのミュージックサロン「バイオリンコース」の会員様を大募集中です!経験者の方はもちろん、音楽経験がない方や、音符が読めないという方でも、バイオリンに興味がある方ならどなたでもお気軽にお申込みください。
ミュージックサロン「バイオリンコース」の概要はこちらからどうぞ!体験レッスンも随時受け付けております。

体験レッスン・資料請求のお申込みはこちら

ネット申込み以外に、お電話でも受け付けております!お気軽にどうぞ!

電話番号 06-6359-2855
担当 石川 聖子(いしかわ せいこ)

トップに戻る

  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
  • 店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

「お知らせ」カテゴリー最新情報

上へ戻る

  1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. グランフロント大阪店
  4. お知らせ
  5. インストラクター石川の♪バイオリン通信♪vol.3