1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. イオンモール成田店
  4. ギター・ベース・ウクレレ
  5. 【エレキ弦】蒔志の部屋へようこそ~THOMASTIK Infeld編

【エレキ弦】蒔志の部屋へようこそ~THOMASTIK Infeld編

ある日の事、店頭の弦コーナーに革命を起こすべく位置を変えたり整えたりしているとスタッフの一人が

「なにこの弦使ったことない」とひとこと

世の中には全く知らない弦がたくさんありますので私も、「使った事ないのとかいっぱいありますからね」なんて言いながら目を向けるとそれは私が常日頃愛用している弦でした。

蒔志動きます。

という事で今回ご紹介するのはこちら!

THOMASTIK Infeld

型名 価格(税込)
IN110 ¥1,320
IN109 ¥1,056

「なにこれ…」

そう思う方も多いはず、大体どこの楽器屋に行ってもダダリオやアーニーボールといった定番ブランドの陰に隠れ←失礼

売場の端や下にいたりすることが多いです。

だがしかし!

この弦だって良いんです!偉い人にはそれが分からんのです!

そして自分が愛用している弦でもあります。

そんなこんなでこのInfeldという弦について少し話させて頂きたいと思います。

Infeldとは

この弦なのですが実はバイオリン族の弦を製作していたメーカーが作った弦でして、Thomastik-Infeld(トマスティック・インフェルト)社という会社になります。

ドミナントというバイオリン弦を聞いたこともあるかと思います。

こんなやつ

そしてThomastik-Infeld社は、「音楽の都」ともいわれるオーストリア、ウィーンにてバイオリンの製作家フランツ・トマスティック博士と技術者のオットー・インフェルトという人が共同開発して設立しました。

オーストリアと言えばシェーンブルン宮殿オーストリア国立図書館ブドウ畑!

人生で一度は行ってみたい、、!

クラシックに疎い私でもわかるモーツァルトの出身地でもありますね。

ガット弦(羊の腸)が主流の中、スチール弦の製作に試みたそうです。当時は柔らかい響きのガット弦派と、力強い音で耐久性のあるスチール弦派で論争が起こっていたそうですね。

肝心なギター弦はと言いますと第二次世界大戦後の1950年に製造が開始されたそうです。

というわけで早速この弦(10,42の方)を愛機2号に張ります!

プラスチックのパッケージを開けると1弦づつ綺麗に包まれておりおしゃれな感じがします。

裏面もメーカーロゴのシールで閉じられており、丁寧ですね。

いつもキレイにシールを剥がして開けようとするのですがいつも途中で破れます、、、

開封!

この弦柔らかい!

あれ、このセリフ前回の記事でもいったような、、

それはともかく実際この弦柔らかいです。持った瞬間

あぁなんかやわらかくね?

とわかると思います。

弦を一通り張ってみるとこの余っている場所、切るまでいつもビヨンビヨンしている場所ですね。ここのビヨンビヨン具合が柔らかさを物語っております。

という事でチューニングも終わりました。

いざ!


先程弦が柔らかいと言いましたが勿論テンション感も柔らかいです。09,42程まではいきませんが中間くらいのテンションですかね。

私は一時期テレキャスを使っていた時期があったのですが、ギターを始めてからずっとストラト系のギターを使っていたこともありましてテンションが強くしっくりこず、この弦をテレキャスに張ってゲージは変えずにテンションを落とすなんてことをしておりました。

弾いた感じと言いますと、なめらかな弾き心地でストレスなく弾けます。フィンガースムーサー等は必要なさそうです。(普段絶対に使わない私ですが、、)

音は勿論好みが分かれるところではありますが、最近ブルース系に興味を持ち始めた私には持ってこいだと思います。

弦の寿命はと言いますと一般的なものと変わらず、長くもなく短くもないといった感じです。

自分にピッタリな弦をすでに見つけている方はそれで問題無いと思いますが、日頃同じ弦を使っている方もたまには違う弦を張ってみて冒険してみるのも良いと思いますし、簡単に音や弾き心地を変えられるギターの面白さでもあると思います。

店頭に常時ストックしておりますので気になる方はぜひ試してみてください!

お気付きの方もいることでしょう。

そうですもうネタがありません。

もっとこの弦について語れることがあるだろうと思っていたのですがここで力尽きてしまいました。

いつか経験値を上げてリベンジしたいと思います。


因みにこの弦は私の記事でよく出てくるバードランドも扱っておりますので気になる方は是非覗いてみてください。

バードランドHP


蒔志の記事

第2回音が変わるバネのお話!土屋の部屋へようこそ~Raw Vintage RVTS-1編

第1回なんかお勧めシールドないの?土屋の部屋へようこそ~NAZCA HiFC CABLE編~


ベース・アンプ担当 土屋 蒔志(マキシ)

 学生時代に突如ギターを始め、当店の元スタッフに憧れて楽器屋へ。

知識、経験共に日々精進中です。

メガネをしてる男ですので見かけたら声かけてください!

お問い合わせ

店舗名 イオンモール成田店
電話番号 0476-23-8250
営業時間 10:00〜21:00
担当 土屋 蒔志(マキシ)

お気軽にお問い合わせください。

  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
  • 店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。
外出せずにお買い物!お店の商品を自宅で購入・受け取れます
島村楽器が買い替え応援!!高価下取買取
エフェクターお試しレンタル

上へ戻る

  1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. イオンモール成田店
  4. ギター・ベース・ウクレレ
  5. 【エレキ弦】蒔志の部屋へようこそ~THOMASTIK Infeld編