1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. 名古屋パルコ店
  4. 管楽器・弦楽器
  5. 【管楽器販売のプロが細かく解説!】『はじめての!』サックスの選び方!!Vol.1
キャッシュレス決済サービスのご案内

【管楽器販売のプロが細かく解説!】『はじめての!』サックスの選び方!!Vol.1

吹奏楽部応援フェア2020_期間延長_02

外出をお控えされているお客様へ
 
当店では、現在除菌・消毒などを施し最善を尽くしております。
ですが、ご来店いただかなくても、お電話・メールでのご相談(商品のご説明)も承っております。
管楽器コーナー担当までお電話、若しくは下の問い合わせフォームよりお問い合わせいただければ、折り返しさせていただいた上でていねいに・分かりやすくご説明させていただきます。

また、お家での決済も可能です。お支払い方法につきましてはコチラをご覧くださいませ。

みなさまのご相談お待ちしております♪
下記フォームより楽器のご相談や簡易なお見積もりも受付中です!是非お問い合わせください!

「どのサックスにしたらいいの?」をズバッと解決しちゃいます!

管楽器の中でも常に人気上位の楽器『サックス』。ジャズや吹奏楽、またロック系バンドのホーンズでもひときわ目を引くカッコイイ楽器ですよね!?
そんなサックスが活躍している場面をみて「サックスはじめよう!」と思っている方も多いハズ。
はたまた、学校の吹奏楽部や一般吹奏楽団、ジャズサークルに入ったけど自分の楽器が必要になってきた・・・そんな方もいらっしゃいますよね。

楽器店にサックスを見に行ってみると・・・
うわぁー!サックスがたくさん並んでるー!!



でもこれって何が違うの??
見た目も形も一緒なのになんでこんなに値段が違うの??

ん~~・・・分からない・・・
もう少し考えてみるか・・・

でも・・・

やっぱりサックスやりたい!!

そんな方へ!こちらでは管楽器販売のプロが初めてのサックスの選び方をレクチャーさせて頂きます!

マイサックスをお考えの方、是非ベストのサックス選びの参考にご覧ください。

私がご案内します

管楽器担当 宇野(うの)
略歴 13歳より中学校吹奏楽部でサックスを始めました。主にバリトンサックスを担当し、中学・高校では学生指揮者も担当しています。大学時はマーチングパーカッションをメインで演奏する傍ら、地元高校OB吹奏楽団にて引き続きサックスを演奏していました。同時に出身高校吹奏楽部木管低音パート指導の経験もあります。大学卒業後はSoul,Funkバンドにおいてもホーンセクションとして演奏活動を行い、現在はYanagisawaシルバーソニックバリトンサックスを所有し、名古屋市内の吹奏楽団においてバリトンサックスを担当しています。島村楽器管楽器シニアアドバイザー資格取得。管楽器のことなら何でもご相談ください。吹奏楽・ジャズ・バンドなどあらゆるシーンでの管楽器ライフをサポートいたします!

目次

Q.サックスってどんな種類があるの?

A.全部で9種類。でも一般的に使用されることが多いのは4種類です。

1840年代にベルギーのアドルフ・サックスさんという方が発明した楽器がこの「サックス(サクソフォーン)」です。
管楽器の中では比較的新しい楽器のひとつで、その種類も管楽器のなかでは多種類になっています。
高音域から順にご紹介すると下の様になります。

・ソプラニッシモサックス
・ソプラニーノサックス
・ソプラノサックス
・アルトサックス
・テナーサックス
・バリトンサックス
・バスサックス
・コントラバスサックス
・サブコントラバスサックス
他にも現在は製造されていない種類のものもあります。ホント多いですよね・・・

この中でも現在特によく使用されることが多く、一般的に見ることが多いサックスが太字で掲載している4種類になります。

ソプラノサックス

メジャーな4種類のサックスの中では最も高音域の音を出すことが出来るサックスです。近年ですと、グラミー賞も受賞しているケニーGさんが演奏されることが多いことでも有名ですね。

アルトサックス

最も見ることが多いサックスではないでしょうか。ソプラノサックスの次に高い音域を出せるサックスです。サックスが使用されるジャンルでは必ずと言ってほど演奏されています。楽器の大きさや息を入れる量がサックスの中では比較的手ごろなところから、音楽教室や吹奏楽部ではじめに持つ楽器として選ばれることが多いです。

テナーサックス

アルトサックスに並んでみることの多いサックスです。音域はアルトサックスよりも低い音域を出すことが出来ます。ジャズの世界ではこのテナーサックスを使用するアーティストは多く、ソニー・ロリンズやジョン・コルトレーンは特に有名です。
吹奏楽の世界ではバンド全体の中音域を担当し、ユーフォニアムやトロンボーンと同じフレーズを吹くこともよくあります。

バリトンサックス

よく使用される4種類の中では最も低い音域を演奏する事ができます。吹奏楽ではチューバなど低音系の楽器と一緒のフレーズを演奏することが多く、バンドのベースラインを支える役割を担うことが多いです。
ジャズでは、メインでバリトンサックスを演奏するプレイヤーは多くありませんが、ビッグバンドではホーンラインの低音部を担当し、パワフルな演奏をする上で重要な役割を担います。
ソプラノ・アルト・テナーと比べると楽器も大きくその分息の使用量も多いので、これからサックスを始めるときバリトンから始めるのは少し大変かもしれませんね。


結論

全部で9種類。でも一般的によく使われるのは4種類!

△目次へもどる/▲この記事のトップへ

Q.どのサックスから始めると良いの?

A.どれから始めても良いですが、アルトサックスから始めるのが一番無理なく演奏できるようになります。

どのサックスもマウスピース(唄口)のくわえ方や息の入れ方、運指はほとんど変わりません。だからこそどれからはじめても大丈夫ですが、はじめての方が無理のない息の量でコントロールができて、且つ楽器も比較的手ごろなお値段から手に入れやすいものとなると、アルトサックスが一番オススメです。
実際多くのサックス教室の講師が初めにすすめるのはアルトサックスですし、アルトサックスが吹けるようになればテナーサックスやソプラノサックスなど他のサックスも無理なく演奏する事ができるようになります。つまり、サックスの演奏の基本を最も学びやすいのがアルトサックスというわけです。
でも、「どうしてもテナーサックスを吹きたい!」という方もいらっしゃいますよね?他のサイトなどでは「アルトサックスから始めましょう」と書いている方もいらっしゃいますが、私のこれまでのサックスの経験から言うと「テナーから始めても良し!」です!
アルトとテナーでは使う息の量は違いますが、正直言って「慣れ」の部分が大きいのも楽器演奏上達のポイントですので、初めはちょっと大変かも知れませんが、練習を重ねていけばそこまで苦ではなくなってくると思います(私の場合はそうでした(笑)。


結論

アルトかテナーサックスから始めるのが無理なくはじめから練習できます!

△目次へもどる/▲この記事のトップへ

Q.実際楽器の値段はどれくらい?

A.楽器によってまちまちですが、数万円から100万円以上するものまで多岐に渡っています。

楽器の種類によって価格帯は異なりますが、新品の場合各サックスの価格帯は以下のようになります。

  • ソプラノサックス:10万円程度から150万円程度
  • アルトサックス:2,3万円程度から150万円程度
  • テナーサックス:5,6万円程度から200万円弱程度
  • バリトンサックス:20万円程度から200万円弱程度

ものすごく幅が広いですね!これじゃどれを選んでいいのかホントに分からない・・・

次のQ&Aでオススメの価格帯をご説明します!

こちらのページでも詳しいサックスのお値段をご確認いただけます。

楽器選びのご相談はWEBからお気軽に!

△目次へもどる/▲この記事のトップへ

Q.どれくらいの値段のものからはじめたらいいの?

A.どのような場面で始められるかによって少し変わってきます。

まず初めに、サックスのお値段の違いはそのまま楽器の性能の高さに比例しています。高額なサックス程高級な材料を使用し、手作業で丁寧に組み上げた楽器になりますので、楽器自体の耐久性が高く(長年に渡って使える)吹きやすく(無理なく息を音に変えてくれる)音色の幅は広く(幅広いジャンルで使える)より良い音と響きが保証されるサックスです。

しかし、ある程度の価格以上になってくると偏った趣向に合わせて製作された楽器もあり、また、演奏される場面(ジャンル)によって求められる最低限の楽器の性能も異なりますので、ジャンル毎に分けてご説明します。

学校の吹奏楽部で使用される方

学校の吹奏楽部では意外と楽器はハードな環境で使用することが多いです。学校によってもまちまちですが、大抵の吹奏楽部の練習スケジュールはほぼ毎日、1日当たり最低2時間以上練習します。加えて、演奏会やコンクールなど校外で演奏することも多く、トラックに楽器を積んで移動することもよくあります。
また、吹奏楽部で求められる技術レベルは高く、学校によってはプロの演奏家に近い演奏レベルを求められることもあります(因みに、日本の吹奏楽部のレベルは世界でもトップクラスだそうです!)。

このような環境での使用になりますと、楽器自体の耐久性に加えて、その楽器が持っているポテンシャル(音程の安定性・いかに幅広い演奏表現がしやすいか)も重要になってまいります。
ではこの両面を兼ね備えた楽器となると最低20万円以上の価格帯(アルトサックス)が安心です。

「高校に行ってもやるか分からないし、3年間だけでこの金額を出すのはねぇ・・・」と思われる親御様も多いかと思います。中学1年の頃から吹奏楽をやっていた私の経験から言うと、楽器を始めたはじめ2年間の経験によってずっと続けたいと思うかは決まります。

楽器を初めて持って、実際に音を出してみて、だんだんやりたいことが出来るようになる。楽器をはじめるとき、この経験の積み重ねが喜びに変わり、「もっともっとサックスをやりたい!」「もっとサックスを上手くなりたい!」というモチベーションに繋がります。この積み重ねが最も多いはじめ2年間のうちに、演奏しやすくて素直に反応してくれる楽器をお持ちになることは、やりたいことが出来るようになるスピードが格段に速くなることに直接つながります。せっかく始めるのであれば一生の趣味として音楽に触れてほしいと思われる親御様は多いのではないでしょうか。であればこそ、ある程度のクオリティの楽器はお持ちになられることをおススメいたします。

吹奏楽部員の方へのオススメサックスはこちらをご覧ください

楽器選びのご相談はWEBからお気軽に!

このQのトップへ戻る

趣味でサックスをはじめる方、これまでサックスの経験は無いという方

今までサックスの経験がなく始められる方(音楽教室に入会される方も含みます)には、楽器として低い音から高い音まで無理なく演奏が出来る性能を持った楽器で、且つ楽器のトラブルが起きにくい価格帯の物をお持ちになられるのが、快適なサックスライフを送るベストチョイスです。
そのような楽器となると、最低10万円程度(アルトサックス)の価格のサックスはお持ちいただいた方が良いと思います。
先程書いたように、10万円以上の物の方が圧倒的に吹きやすさや長持ちの仕方は変わりますので、1本の楽器を長く使い続けたいという方や、できるだけ吹きやすい楽器が良いという方は、もっと上のお値段のサックスが更にオススメです。

この価格帯の楽器から、すべての音域の音がある程度出しやすく、楽器のトラブルが起きにくい楽器がラインナップされてきます。もっと安価なサックスも勿論ありますが、2,3万円程度の楽器でここまでの性能をもったものはほぼないと考えた方が良いです。
もし、2,3万円程度~10万円までの楽器からはじめられる場合は、近い時期に買い替える事になることを念頭に置いて頂いた方が良いでしょう。

はじめての方へおすすめの機種はこちらをご覧ください!

楽器選びのご相談はWEBからお気軽に!

このQのトップへ戻る

以前サックスを吹いていた、久しぶりに始めたいという方

以前のご経験がありますので、楽器にある程度の音色の幅がある(ポップなサウンドからクラシカルな音色まで出す性能がある)楽器をお選びになられることをオススメします。
「昔の事だから吹き方もほとんど忘れてるし・・・」と言われる方も多いですが、面白いことに楽器の吹き方って頭ではなくカラダが覚えているんです!なので店頭で少しご試奏頂くと、短い時間で感覚を戻される方のほうが多いです。
「当時のままに」とまではいかなくても近い状態まで戻すことにそこまでお時間はかからないと思いますので、選ばれる楽器も当時のようないろんな曲を演奏できるポテンシャルをもった楽器をお選びになられた方が、楽しくサックスをお楽しみ頂けることに繋がります。

このようなことを考えると、20万円程度から上の価格帯(アルトサックス)をお選びになるのが良いです。

久しぶりにサックスを始める方にぴったりのサックスはこちらをご覧ください!

楽器選びのご相談はWEBからお気軽に!

このQのトップへ戻る

結論(アルトサックスの場合)

学校の吹奏楽部で使用→最低20万円以上

趣味でサックスをはじめる(以前の経験なし)→最低10万円程度から

久しぶりにサックスを吹きたい(以前の経験あり)→20万円程度以上

△目次へもどる/▲この記事のトップへ

Q.中古の楽器だと同じ機種でも安いから良いですよね?実際どうですか?

A.吹奏楽・クラシックサックスの方、これからサックスを始められる方にはオススメしません。ジャズ・ポップス中心に演奏される方・ご経験者の方にはオススメできるものもございますよ。

中古の楽器は同じ機種でも新品より圧倒的に価格が安いです。だからこそ、これから始めたいと思われる方には特に魅力的に見えるのは確かですね。
しかし、中古ならではのデメリットがあるのも確かです。新品と中古のメリットとデメリットをこちらにあげてみましょう。

新品のサックス

メリット
  • 誰も使っていないから安心して使える
  • 自分の出したい音色を作りやすい
  • メーカー保証がついている(保証期間はメーカーによって異なります)
  • 長く使用することができる(機種によって耐久性は異なります)。
  • 定期的なメンテナンス(半年から1年毎)を行っていれば楽器のトラブルは起きにくい。
デメリット
  • 価格が中古よりも高め
  • 名盤と言われるレコードやCDの収録当時のサウンドを出すのが難しい(主にジャズを演奏される方)

中古のサックス

メリット
  • 新品よりも価格が安い
  • 現在生産されていないモデルが手に入る可能性が高い
  • 生産当時の独特のサウンドを楽しむことができる
デメリット
  • 以前のユーザーの癖が残っているので、自分に合った楽器を選ぶのが非常に難しい
  • 定期的なメンテナンスを行っていても楽器のトラブルが起こる可能性が新品よりも高い
  • メーカー保証がついていない(店舗での保証(大抵メーカー保証期間よりも短いです)のみ)
  • 楽器の耐久性が新品よりも劣る

以上のようになります。これらをご覧いただいても分かるように、これからサックスを始める方が、ご自身の演奏技術を上げることに集中できる楽器となると、楽器のことにできるだけ気を遣わなくても良い新品のほうが良いでしょう。また、はじめての方がもっとも身につけていただきたい「正しいアンブシュア(唄口のくわえ方)」「正しい息づかい」を習得しやすいのは、癖がついていない新品です。はじめのうちに正しいアンブシュアと息づかいを修得できると、様々なサックスの演奏テクニックやふける音色の幅が圧倒的に広くなるだけでなく、ストレスなくサックスを演奏できるようになります。

逆にある程度のご経験がある方でしたら、ご自身の癖もお分かりかと思いますし、楽器の方に癖があってもその癖を技術でカバーできるテクニックをお持ちですので、中古のその楽器にしか出せないサウンドを重視して中古をお選びになられても良いと思います。ジャズ・ポップス・フュージョンなどを演奏される方であれば一度は憧れる名器「Selmer(セルマー) MarkⅥ(マーク6)」などは中古でしか今となっては手に入れることができません。「アメセルのサウンドを自分も鳴らしたい!」という方は是非ご自身にピッタリの中古(ビンテージ)を見つけていただきたいと思います!

ここまでは初めての方という視点でしたが、ジャンル別ではどうでしょうか?
吹奏楽・クラシックサックスを主に演奏される方は絶対的に新品をおススメします。なぜなら、このジャンルでは初心者からプロまで新品を使用することが当たり前のように浸透しているからです。おそらくサックス教室の講師(クラシックサックス出身の方)や、学校にレッスンに来てくれる先生もおすすめになられるのは新品だと思います。
逆にジャズやポピュラー系のジャンルでは中古やビンテージ(ただ古いだけでなく、年月を経て程良く味わいがでたもの)はオススメです。先ほどもご紹介したマーク6はその典型例です。他にも、現在も生産されている「ヤマハ YAS-62」は古くは1970年代から生産されており、70年代頃に生産されたYAS-62は今生産されている62とはまた違ったサウンドを奏でてくれます。
「あのプレイヤーのサウンドが出したい!」と思われた場合、だいたいの場合はビンテージ物のサックスを吹いていることが多いですので、そのような場合は是非いろいろな中古やビンテージを吹き比べてご自身にピッタリのサックスを見つけてください!

当店で展示中のサックスはこちらからご覧いただけます

結論

これからサックスを始める方→新品がオススメ!

経験者の方で吹奏楽・クラシックサックスをメインに演奏→新品がオススメ!

経験者の方でジャズ・ポピュラー系をメインに演奏→中古もオススメ!

△目次へもどる/▲この記事のトップへ

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は主に「はじめてサックスを吹く方」に焦点を当てて書かせて頂きましたが、ご経験者の方も是非ご参考にして頂ければ幸いです。
このページを見てもなかなか分かりにくいところもあったかと思いますが、可能であれば是非店頭で私とお話しさせて頂ければと思います。この内容以上に皆様それぞれのご要望に合わせた形でオススメのサックスをご提案いたします。

サックスはどんなジャンルでも活躍するカッコイイ楽器です!
はじめたいと思った時がはじめるチャンス!!
是非一緒にサックス始めましょう!!

当店で展示中のサックスはこちらからご覧いただけます!

Vol.2ではブランドごとの違いも解説しています
是非あわせてご覧ください!

『はじめての!』サックスの選び方!!Vol.2「どのメーカーを選べばいいの?」【管楽器販売のプロが細かく解説!】

△目次へもどる/▲この記事のトップへ



試奏室をご用意しています

試奏室試奏室

自分に合った楽器をじっくりお選び頂ける様に試奏室をご用意しております。
お気軽に当店担当宇野までお問合せ下さい。

△目次へもどる/▲この記事のトップへ

サックスはじめるなら島村楽器で!ミュージックスクールのご紹介

齋藤 桃代(さいとう ももよ)先生
担当曜日:月曜日

♪講師プロフィール♪

金城学院大学音楽芸術学科卒業。同大学の定期演奏会、ガラコンサートなど数多くの演奏会に出演。
サクソフォンを堀江裕介、小森伸二の各氏に師事。室内楽を磯貝俊幸に師事。
これまでに、オーティス・マーフィー、小串俊寿、ニコラ・プロスト、各氏のマスタークラスを受講。

♪コース概要♪
コース名 サックス
開講曜日 月曜日
講師 齋藤 桃代
レッスン形態 個人/30分
個人/45分
月謝 個人30分:¥9,900(税込)~
個人45分:¥14,850(税込)~
運営管理費 ¥1,650(税込)
体験レッスン 体験レッスン・資料請求のお申込みはこちら
電話をかける
入会金 ¥11,000(税込)

宮﨑愛理(みやざきあいり)先生 担当曜日:土曜日

♪講師プロフィール♪

昭和音楽大学サクソフォン専攻卒業。サクソフォンを尾家幸枝、田中靖人の各氏に師事。
第8回横浜国際音楽コンクールにて審査員特別賞を受賞。東海地方を中心に精力的に演奏活動中。

♪コース概要♪
コース名 サックス
開講曜日 土曜日
講師 宮﨑 愛理
レッスン形態 個人/30分
個人/45分
月謝 個人30分:¥9,900(税込)~
個人45分:¥14,850(税込)~
運営管理費 ¥1,650(税込)
体験レッスン 体験レッスン・資料請求のお申込みはこちら
電話をかける
入会金 ¥11,000(税込)

△目次へもどる/▲この記事のトップへ

詳しいお問い合わせ・ご相談はこちらまで!

サックスに関するお問い合わせは担当宇野(うの)まで。
試奏のご予約も随時承っておりますので、お気軽にお問い合わせください!
お電話でのご相談も承っております!

店舗名 名古屋パルコ店
営業時間 10:00~21:00
電話番号 052-264-8316
担当 宇野(うの)

WEB上からもお問合せできます♪下の画像からお進みください

吹奏楽部・楽団など団体様のお問合せはこちらからどうぞ



  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
  • 店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。
外出せずにお買い物!お店の商品を自宅で購入・受け取れます
島村楽器が買い替え応援!!高価下取買取

「管楽器・弦楽器」カテゴリー最新情報

上へ戻る

  1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. 名古屋パルコ店
  4. 管楽器・弦楽器
  5. 【管楽器販売のプロが細かく解説!】『はじめての!』サックスの選び方!!Vol.1