1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. ミュージックサロン行徳
  4. 音楽教室 お知らせ
  5. 楽器デビュー!~ピアノ編~
キャッシュレス決済サービスのご案内

楽器デビュー!~ピアノ編~

習い事の定番ピアノ!

なぜ子供にピアノを習わせると良いのか。なぜそう言われているのでしょうか。
それは、様々な研究・実験結果を通して言われていることなのです!
今回は数あるメリットの中の6つをご紹介いたします。

幼児の基礎音楽

6つのメリット

その1 外国語の処理能力が優れる

ピアノをやってるだけなのに外国語?関係あるの?
・・・関係ありなんです!
アメリカの大学の研究・実験によると
音楽教育を受けた年数がわずかであっても、異なる音を処理する能力が強化されていること、とりわけ、騒音の中から基本周波数を取り出す能力が、音楽教育を受けていない人よりも優れているという研究結果も出ています。

その2 運動神経がよくなる

楽器の演奏と運動神経は無関係と思われがちですが、楽器を演奏するには視覚、聴覚の刺激と手の動きを連動させなければならず、7歳以前に楽器を始めると、脳内の動作を司る部位と知覚を司る部位を連携させる力が特に身に付くそうです。

その3 頭がよくなる

ピアノを弾いたら頭がよくなるなんてすごいお話ですよね!
しかしある実験で、音楽経験のある子どもが、読む能力・数学の能力にも長け、知能テストで高得点をマークしていることから、聴覚のみならず、脳の一連の機能が強化されていると考えられています。

その4 聴覚機能が高まる

音楽経験を始めた年齢が早いほど、音程を正しく認識したり、リズムを正確に感じ取る能力が高いということや、音を聴いたときに聴覚野の脳細胞がより強く反応するようになるということが判明しています。

その5 「HQ(人間性知能)」が高まる

テレビ番組にも出演されている脳科学者・澤口俊之さんによると、HQが高まることで一般知能や問題解決能力、言語能力などが向上するそうで、
HQ向上法と同じくらい効果があるのがピアノだそうです。
さらにピアノを弾くことで、脳の構造を発達させる効果まであるそうです。
成人した方や高齢になってからでも、子供の頃ほどでなくても脳の発達効果が出るそうです。

その6 第三者とのコミュニケーション

ピアノのレッスンは一対一でおこなっているため、家族以外の人とコミュニケーションをとる時間が生まれます。
よく聞く話ですが、親に言えない悩みを先生に相談したりする子もいます。
学校や家庭以外の生活空間があるということもいいことだと思います。

気をつけることは?

無理強いするとこうした効果が出にくい

ドーパミンが出た状態でないとHQを高める効果が望めないので、嫌々では結果が出にくいそうです。
でも「嫌でも訓練と思って取り組む」「嫌でもやる」姿勢があるといいそうです。

まずは、毎日練習する(ピアノに触れる)時間を持つことから始める、またその際には大人が隣に座る(ピアノのことがわからなくてもOK!)など、一緒に練習をするという気分を味わうようにするなど、前向きに取り組むといいかも知れません!

7歳過ぎてしまったのだけど・・・という方は?

習いたいと思った時が始め時です。
理解力も高まっていますので、進みも早いですよ。
まずは、体験レッスンにお越しください!

ピアノコース
曜日 月謝 運営管理費
月~土 8,800~(税込) 1,650(税込)
幼児の基礎音楽コース
曜日 月謝 運営管理費
8,800(税込) 1,650(税込)

体験レッスン・資料請求のお申込みはこちら

島村楽器ミュージックサロン行徳TOPへ

教室の総合案内へ

  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
  • 店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

「音楽教室 お知らせ」カテゴリー最新情報

上へ戻る

  1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. ミュージックサロン行徳
  4. 音楽教室 お知らせ
  5. 楽器デビュー!~ピアノ編~