1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. 松本パルコ店
  4. 管楽器・弦楽器
  5. 【2021年最新版】予算20万円で選ぶ「バイオリンセット」おすすめ5選

【2021年最新版】予算20万円で選ぶ「バイオリンセット」おすすめ5選

ソロやオーケストラの中でもひと際輝くバイオリン。昔から年代や世代を問わず「憧れの楽器」として人気の高い楽器のひとつです。音域は4オクターブ以上と広く、演奏者の細やかな感情を全て音で表現することができる、情感豊かな音色が何よりも魅力ですよね。

この記事では、税込価格10万円から20万円弱程度のバイオリンセットを選ぶ上でのチェックしたいポイントと、プロの弦楽器バイヤーがオススメする商品をご紹介致します。


目次

|1. 安価なバイオリンの是非 

2. パーツをチェックしてみよう! 

3. ヨーロッパ製は安心?中国製は不安? 

4.おすすめのバイオリンセット5選
 
■Ars Music (アース・ミュージック) 

■GEWA (ゲバ) 

■Gliga (グリガ) 

■Antonio Tarontino(アントニオ・タロンティーノ) 

5.10万以下のおすすめバイオリンセット
 
■Nicolo Santi (ニコロ・サンティ)  

■Eastman (イーストマン)  

■SUZUKI Violin (スズキ・バイオリン)


1.安価なバイオリンの是非

現在、世の中には様々な初心者用バイオリンが販売されています。
中には1万円台から購入できるものもあり、手軽にバイオリンを始めたいという方にとっては非常にありがたいですよね。
ですが、世に出回っている"安価な"バイオリンの多くは、初心者の方が本当にバイオリンを楽しめる作りになっていません。

  • 「木材が振動しづらく音が響かない」
  • 「プラスチック製のペグでチューニングしづらい」
  • 「スチール弦からキンキンとした金切り音がする」
  • 「弦高が高すぎて指が痛い」
  • 「白木に黒い塗装をした指板が付いている」

・・・などなど、価格の安さと引き換えに、バイオリンの魅力を味わえない商品が数多くありますので、しっかりと確認しましょう!


2.パーツをチェックしてみよう!

購入したものの、バイオリンの取り扱いの難しさに悩まされてしまって、モチベーションが無くなってしまい、弾くのを諦めてしまう方も多いのが実情です。
せっかく「バイオリンを弾いてみたい、楽しんでみたい」という思いがあったのに、やめることになってしまっては非常に残念ですよね。
でもその「難しさ」の理由の1つは、実はバイオリンそのものが原因だったりするのです。

「調弦」はやり易い?

バイオリン初心者が最初にぶつかる「壁」が、調弦(ちょうげん)です。まずはじめに、4本のバイオリンの弦を正確な音程に合わせない事には、そもそも練習ができません。(調弦は「チューニング」とも呼びます。どちらも同じ意味です。)
実は、バイオリン・ヴィオラ・チェロなどの弦楽器は、弦の音程が常に安定している状態ではありません。ご購入後も、毎回演奏前にご自身で調弦を行って頂かないと、正しい音で演奏をすることができないのです。

ペグ(糸巻)は「黒檀(エボニー)」のバイオリンを選びましょう。

バイオリンはギター等と違ってギア式のペグではありませんので、「ペグ」と「ペグ穴」の摺り合わせが精密に仕上がっていないと、直ぐに弦が緩んでしまいます。

また、プラスチック製のペグや、ペアウッドなどの白木を黒く塗装したような木材(Stained Wood=着色した木材)を使ったバイオリンですと、ペグから「ギギギ」という異音がしたり、ペグが止まらなかったり、無理に押し込むとカチンコチンに動かなくなってしまったり、最悪の場合は、ペグが「ポキッ」と折れてしまったりすることも少なくありません。

もし、10万円以内でバイオリンセットを購入検討される場合、選ぶ上で大事なポイントの1つとして、装着されているペグ・指板(フィンガーボード)・あご当て等のパーツに、「黒檀(エボニー)」材が使用されている楽器かどうか、スペックを確認してから選んで頂くと良いでしょう。


3.ヨーロッパ製は安心?中国製は不安?

バイオリン製作は精巧で緻密な木工細工のような作業箇所が入るため、全ての工程を機械化によるオートメーションで製作するのは難しく、職人による手作業が入ります。バイオリン本体をヨーロッパで製作する材料費・人件費・設備投資などのコストを考えますと、イタリア・フランス・ドイツなど経済大国であり弦楽器製作の歴史ゆかりの地でもある国で、10万円以下のバイオリンセットの価格帯を実現させるのは・・・残念ながら今のところ難しいのが現状です。現在ヨーロッパでは、東欧のチェコやルーマニアなど旧・社会主義圏のイメージのある国において手頃な入門者用バイオリンセットが数多くつくられています。ちなみに、10万円以下の価格帯で100%日本製と言えるバイオリンセットは、今は恵那バイオリン1社となります。


価格は抑えながらも良いバイオリンを。

このような現状に、当社弦楽器工房長:マイスター茂木が立ち上がりました。
「手軽にバイオリンを始めてみたい」という方に満足してもらえるように、ビギナーズモデルながら一切の妥協を排除。音色と弾きやすさにこだわりを持って開発し、コストパフォーマンスの高いバイオリンセットが実現しました。まずは、生産国にこだわり過ぎず、シンプルな気持ちで開放弦を鳴らして「好きな音」か「苦手な音」に分けてみましょう。


4.おすすめのバイオリンセット5選

Ars Music(アース・ミュージック)

チェコ=ルヴィでバイオリン製作を行っているクヴィント社は、17世紀から続くチェコのバイオリン製作の伝統を受け継ぎ、ボヘミアの有能な職人によって手がけられた良質なバイオリンです。有名なドヴォルザーク・カルテットの監修のもと、音質テストを繰り返し、高い品質と優れた音質を20年に渡って提供し続けてきました。ボヘミアの伝統的な製法で製作されたヴァイオリンは長くご愛用頂ける楽器です。

026AS/Strad SETⅡ

ヨーロッパ産の音響木材を使用した、島村楽器限定モデル

ブランド/型名 Ars Music
"026AS/Strad SETⅡ"
Czech
製作年 2020年
税込販売価格 ¥108,900
付属品 ■弓:J.Meinhold/NSE (ブラジルウッド)
■ケース:GEWA/"Aspirante"
■肩当て:KUN/"Original"
■松脂:Bernardel
■弦:A-G線/Thomastik ドミナント、E線/Optimaゴールドブラカット
"026AS/Strad SETⅡ"のおすすめPOINT
音の立ち上がりが良く、初めての方でも音が出しやすく、まろやかで深みのある柔らかい音色が特徴です。見た目にこだわりたい方も、赤々とツヤ感があり、高級な雰囲気を感じられおすすめです。製作上最も難しいとされる「ネックの仕込み」にも定評があり、職人の技術の高さがうかがえます。

②GEWA (ゲバ)

ドイツ・GEWA社が高い技術を持つ中国工房で製作を行い、マイスターによる厳しい指導のもとに製作されております。「GEWA Meister」は島村楽器の専属マイスター・茂木顕が監修し、より使いやすく品質を向上させたオリジナルモデルです。この価格では珍しいアンティークフィニッシュで仕上げを施し、鳴らしやすく、ヴァイオリン本来の響きを備えた楽器です。

MeisterⅡ

ブランド/型名 GEWA
"MeisterⅡ"
Germany
製作年 2019年
税込販売価格 ¥151,800
付属品 ■弓:Fiumebianca/NSE Silver (フェルナンブーコ材)
■ケース:GEWA/"Concert"
■肩当て:KUN/"Original"
■松脂:Bernardel
■弦:A-G線/Thomastik ドミナント、E線/Optimaゴールドブラカット
"MeisterⅡ"のおすすめPOINT
ドイツらしく低音が安定して鳴り、音の反応が速いため初心者の方でも鳴らしやすく絶妙な弾き易さを持っています。また、本格的な「アンティーク仕上げ」が施されており、バイオリンの音色だけでなく、見た目にも高級感のある風合いを出せるようにこだわっています。

③Gliga(グリガ)

グリガ社は、ルーマニアの最も著名なバイオリンメーカーです。マエストロであるグリガ・バジルは、数々の国際コンクールで受賞し、彼の楽器は多くのプロフェッショナルの演奏家に認められ使用されています。全て一台一台入念な手作業により製作、仕上げで製品化されていますので安心してお使い頂けるブランドです。

待望のAyasa監修モデル Gliga(グリガ)バイオリンセット ASV1

ブランド/型名 Gliga
ASV1
Romania
製作年 2019年
税込販売価格 ¥174,900
付属品 ■弓:Sforzando/NO1011
■ケース:GIG/"SHAPED"
■肩当て:KUN/"Original"
■松脂:Bernardel
■弦:E-G線/Thomastik ドミナント
"ASV1"のおすすめPOINT
高音は透明感があり、低音は深みのある柔らかな音色が心地よく響き、渋めのアンティークな仕上げも味わい深く人気があります。ヴァイオリニスト:AYASAさん監修のこだわりがつまったヴァイオリンセットです。

Antonio Tarontino(アントニオ・タロンティーノ)

かつてSUZUKI Violinの量産楽器の製作を一手に任されていた恵那楽器さんが、自身の木工技術と日本に一つしかない弦楽器大量生産の設備を使い、独自ブランドとして製造を開始した弦楽器製品が「Ena Violin」です。

作りや仕上げは非常に精巧なもので、使用される材料に関しても日本製のものとしており、一本一本が材料の質にもこだわりを持った楽器となっております。今後、Ena Violinは、日本国内唯一の量産弦楽器メーカーとして、世界に広がっていくでしょう。様々なビギナーと共に、そのクオリティをぜひ弾き比べて体感して頂ければと思います。

Antonio Tarontino HT-200

こだわりたくさん!葉加瀬太郎さんシグネイチャーモデル

日本を代表するヴァイオリニスト:葉加瀬太郎が、これからヴァイオリンをはじめる方に徹底的に寄り添ったバイオリンセットを実現。

バイオリン本体の木材の選定・板の厚み・ネックの太さから、付属の弓・弦・肩当て・松脂に至るまで、自らセレクトし、完全監修しました。

ブランド/型名 Antonio Tarontino
HT-200
Japan
製作年 2020年
税込販売価格 ¥198,000
付属品 ■弓:Ena/フェルナンブーコ("A.Tarontino"刻印入り特注品)
■ケース:特注品(ネイビー)三角型ケース
■肩当て: KUN /BRAVO
■松脂 :ベルナルデル
"HT-200"のおすすめPOINT
葉加瀬氏より「ビギナーでも鳴らし易く響きが良いものを」というリクエストに応えるため、響板の厚みをマイスター茂木の指導の下、ハンドメイドで様々なポイントを薄くしたり、厚めに残したり…と、専門的な見識のもと細かく削って仕上げています。本体のニスは様々な変更を加え、バイオリン本体を軽量化することができました。見た目も新作イタリア楽器のような明るいイメージで仕上がっています。

5.10万以下のおすすめバイオリンセット

Nicolo Santi(ニコロ・サンティ)

Nicolo Santi 「NSN60S」は、オンライン型バイオリンスクール「葉加瀬アカデミー」校長の葉加瀬太郎さんが、YouTubeの大人気チャンネル「釣りよかでしょう。」で紹介したことで大変な話題となりました、初心者向けバイオリンセットです。年間販売台数600セット以上!(2019年当社実績)

葉加瀬アカデミー校長:葉加瀬太郎さんにご紹介頂いた初心者用バイオリン!

NSN60S

ブランド/型名 Nicolo Santi
NSN60S
China
製作年 2020年
税込販売価格 ¥43,200
付属品 ■弓:BV-101(ブラジルウッド)
■ケース:三角型ケース
■肩当て:〇
■松脂:Hidersine /3V
■ナイロン弦:E-G線/VNS-260
"NSN60S"のおすすめPOINT
ビギナーズモデルらしからぬ、外観にアンティークフィニッシュ、パーツにエボニーを採用しているコストパフォーマンス◎なヴァイオリンセット!音色と弾きやすさにこだわりを持って開発し、バイオリンらしい柔らかな美しい響きが楽しめます。

Andrea Eastman(アンドレア・イーストマン)

フルート奏者がEastman Strings社を創業、世界的ブランドへ飛躍。

創業者:Qian Ni(チェン・ニー)は、ボストン大学音楽学部(Boston University School of Music)を卒業した元・フルート奏者。巷に溢れていた粗悪なスチューデント・バイオリンを初心者が使わざるを得ない状況を憂い、1992年ボストンに会社を設立しました。創業当初は、主にドイツから初心者向けのバイオリンを輸入していましたが、自分達でプロデュースすることを決意。1995年に北京に自社工場を設立しました。

SVL80 SET

ブランド/型名 Andrea Eastman
SVL80セット
China/USA
製作年 2020年
税込販売価格 ¥62,590
付属品 ■弓:BV-101(ブラジルウッド)
■ケース:三角型ケース
■肩当て:KUN/"Original"
■松脂:Bernardel
■ナイロン弦:E-G線/Thomastik ドミナント
"SVL80 SET"のおすすめPOINT
「これぞバイオリン!」といった、音がキレイで良く響く楽器で、未経験の方でも弾きやすいビギナーズセットです。付属品も安心して長く使えるものが付いているので、コストパフォーマンスが高く、楽しく楽器を続けられます! 

SUZUKI VIOLIN(スズキ・バイオリン)

創業から1世紀近くの歴史を持つ、日本を代表する弦楽器メーカー:鈴木バイオリン製造様とのコラボレーションモデルが実現しました。SUZUKIブランドのスチューデント・モデルとしては初めて、裏板に『虎杢』の入ったメイプル材を採用して頂き、弦は世界80か国以上でベストセラーとなっている定番弦「ドミナント」が最初から装備されています。付属弓には、弓の材料として最適とされている希少材「フェルナンブーコ」を使用し、入門モデルながら本格的なセット内容にこだわりました。

No.246 Outfit

ビギナークラスとして初の裏板に『虎杢メイプル』を採用した島村楽器コラボレーションモデル

ブランド/型名 SUZUKI]
No.246 Outfit
China
製作年 2020年
税込販売価格 ¥87,900
付属品 ■弓:フェルナンブーコ材
■ケース:No.23F
■松脂:ピラストロ/ピラニート
■ナイロン弦:E-G線/ドミナント
※注:肩当ては付属しておりません。
"No.246 Outfit"のおすすめPOINT 安定した音量の幅を体感できる、大変弾きやすい楽器です。音色は温かみがあり、ハッキリと音の輪郭が出るため、音程の取りやすさはピカイチです。裏板には『虎杢』の入ったメイプル材を採用しておりますので、見た目にもこだわりたい方にオススメの楽器です。

  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
  • 店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。
外出せずにお買い物!お店の商品を自宅で購入・受け取れます
島村楽器が買い替え応援!!高価下取買取
修理中も安心!楽器貸し出しサービス リペア代替品レンタル

「管楽器・弦楽器」カテゴリー最新情報

上へ戻る

  1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. 松本パルコ店
  4. 管楽器・弦楽器
  5. 【2021年最新版】予算20万円で選ぶ「バイオリンセット」おすすめ5選