1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. 松本パルコ店
  4. インストラクター紹介
  5. ピアノインストラクター 本多すみれプロフィール

ピアノインストラクター 本多すみれプロフィール

インストラクタープロフィール

2歳半からバイオリン、6歳からピアノを始め、高校の時からパイプオルガンを始める。


エリザベト音楽大学音楽学部宗教音楽学科パイプオルガンコースに特待生として入学。

同大学卒業演奏会、松本市新人演奏会に出演。

同大学院音楽研究科修士課程・研究生修了。

これまでにピアノを花岡 千春、パイプオルガンを廣澤 嗣人の各氏に師事。


音楽歴

音楽との出会い

2歳半からバイオリンを始めたのですが、小さかったので最初は箱に弦を張り練習していたそうです。

耳で覚えるというレッスンスタイルだったので、楽譜を読めるようにと6歳からピアノを始めたところ

ピアノが大好きになり、そこからはピアノの虜です!

音楽大学へ!

奏でる音に透明感があり、基礎や音楽の愉しさを丁寧に教えて下さる恩師にも出会え

手が小さいのが悩みでしたが、物心ついた頃には音楽の道に進もうと決めていました。

最寄りのコンサートホールでパイプオルガンに触れる機会があり、重厚な響きやペダルを使う楽しさに触れ、

ピアノを練習してきた経験も生かせると思い、大学ではパイプオルガンを学ぶことにしました。

音楽大学時代

パイプオルガンは大きい楽器だと鍵盤が3段あり、7000本以上のパイプを備えている楽器もあります。

時には両手両足を使ってオクターブで弾いたり、トリルも弾く事があるので男性の方や背の高い方に向いていると言われています。

151cmの私でも演奏出来たのは、陸上部の顧問にスカウトされるくらい活発だったからかもしれません…。

背が低いため、友達からはいつも「椅子から落ちそうになりながら弾いている」と言われていました。

常に足を浮かせながら演奏するので、パイプオルガンコースの学生は多くの人がジムに通い、腹筋背筋等を鍛えていたほど!

試験前後は練習室がシップ臭かったのも良い思い出です。


そんなオルガン(と筋トレ?)漬けの学生生活の中、ピアノは副科で専攻してずっと続けていました。

そのおかげでピアノ好きなたくさんの方たちと出会え、一緒にピアノを楽しめているのは本当に幸せな事だと思っています。

楽器は違っても音楽を演奏するために必要な事、心構え、表現する愉しさはどれも同じだと思います。

最後に

楽器演奏に憧れている方や迷っている方がいらっしゃったらぜひお声を掛けて下さい。

音楽を通して新しい自分を一緒に発見しましょう!


体験レッスンのお申し込み

体験レッスン随時行っております。
上記に記載されていない日程も承りますのでお気軽にご相談ください

電話をかける

体験レッスン・資料請求のお申込みはこちら

HPより体験レッスンのお申し込みをされた方は
後日インストラクター本多または、担当スタッフよりお電話させて頂きます。

始めようか迷っている方も、ぜひお気軽にお問い合わせ下さい!

トップに戻る


お問い合わせ

店舗名 島村楽器 松本パルコ店
電話番号 0263-38-2260
担当 本多

トップに戻る


当店へのアクセス

店舗へのアクセスはこちらのアクセスマップをご覧下さい。

トップに戻る

トップに戻る

  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
  • 店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。
島村楽器のオンラインレッスン
春のご入会キャンペーン

「インストラクター紹介」カテゴリー最新情報

上へ戻る

  1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. 松本パルコ店
  4. インストラクター紹介
  5. ピアノインストラクター 本多すみれプロフィール