1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. 南砂町スナモ店
  4. インストラクター紹介
  5. ピアノインストラクターブログVol.2「マイ楽器を大切に♪」
キャッシュレス決済サービスのご案内

ピアノインストラクターブログVol.2「マイ楽器を大切に♪」

皆様こんにちは!
ピアノインストラクターの山田です。
今年は梅雨らしく、雨の日が続きますがいかがお過ごしでしょうか。

突然ですが、ピアノ弾きの皆様!
ご自宅で使用しているピアノ、電子ピアノ、キーボードのお手入れはしていますか?また、楽器の設置場所は適切でしょうか。
ピアノを良い状態で演奏したり、長持ちさせるためには日頃よりマイ楽器をきれいにし、適切な環境に設置することが大切なのです!
「そういえばあんまりお手入れしたことなかったかも・・・」「置き場所・・・部屋に入ればそれでいいと思っていた!」という方も少なくないのではないでしょうか。
そんな方のために、今回はご自宅のピアノのお手入れや設置環境についてぜひ知っておいていただきたいお話しをご紹介します!

ピアノをきれいにしましょう♪

グランドピアノやアップライトピアノの場合、半年~1年の間に定期的な「調律」が必要となります。こちらはだんだん下がっていく音程を元通りの高さに戻したり、鍵盤のタッチ、音色をご自身の好みに合わせる、弾いていて違和感のある部分を調整して貰うなど、演奏する中ですぐに分かる部分の調整を行うことができます。
また、ピアノ内部の部品やフェルト、響板に異常がないかみて貰い調整することでより良い状態で演奏することができます。
(調律をして貰った直後に弾くピアノは見違える程いきいきしていて感動しますよ・・・!!)
それに加え、鍵盤や外装の汚れ、上に積もるホコリを拭き取ります。

それに対し、電子ピアノやキーボードは調律が必要なく、定期的な内部の調整なども必要がありません。グランドピアノやアップライトピアノと同じく、温度や湿度が極端に変わらないようなお部屋に設置し(室内の温度は15℃~25℃、湿度は50%~70%が最適といわれています)、鍵盤や外装を拭く、上に積もるホコリをふき取る程度で十分なのです。

新型コロナウイルスが流行している今、私の教室ではアップライトピアノを使用していますが、レッスンごとに必ず鍵盤をきれいにお掃除しています。

そのお掃除にピッタリなグッズが、こちら!

こちらは、生のピアノ、電子ピアノ、キーボード全般にお使いいただける鍵盤専用のクリーナーです。
鍵盤の汚れを落とすのみならず、除菌効果があり鍵盤をきれいな状態に保ってくれます!
左側にある鍵盤専用クロスにクリーナーを少々含ませ、クロスの上でのばしてから鍵盤を拭いて下さい。
お値段も、一本616円(税込)ととてもお求めやすいです!

また、アルコールを含んだ液体類(除菌シートを含みます)で鍵盤を拭いてしまうと、鍵盤の表面や、内部の木材(木製鍵盤の場合)を痛めてしまうためNGですのでご注意ください!!
生徒さんにはレッスン前後に手のアルコール消毒をお願いしていますが、アルコール消毒のポンプの中には1回押すと大量の消毒液が出るものもありますよね・・・その場合はよく手に擦りこんでからピアノを弾いていただくようにしています。
鍵盤クリーナーの他、外装を拭く専用のクリーナーやホコリ取用のモップなどもございます。当店に取り揃えておりますのでお問合せくださいね!


正しく楽器のお手入れをして、音楽を奏でる「相棒」として末永く使い続けましょう♪

それでは、次回のブログもお楽しみに~!!

【初回のブログはこちらよりご覧いただけます♪】

ピアノインストラクターブログVol.1 「ブログ始めました♪」(2020/7/7)

  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
  • 店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

「インストラクター紹介」カテゴリー最新情報

上へ戻る

  1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. 南砂町スナモ店
  4. インストラクター紹介
  5. ピアノインストラクターブログVol.2「マイ楽器を大切に♪」