1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. SOCOLA 南行徳店
  4. ギター・ベース・ウクレレ
  5. ギター初心者必見。ギターの選びのポイント

ギター初心者必見。ギターの選びのポイント

これからギターの購入を検討されている初心者の皆様、こんにちは!島村楽器SOCOLA 南行徳店、ギター上級アドバイザーの早坂と申します。
皆さんはギターを購入するにあたって、「ギターが弾けるようになれるか心配なので、予算をなるべく抑えたい」とか、「ここは自分を追い込む意味で値段関係なくとにかく気に入ったギターを手にしたい」など、いろいろ考えを巡らせていらしゃる事と思います。
そこで、そんな皆さんのギター選びのお手伝いが少しでもできればと思い、こちらのページを作ってみました。
皆さんが愛器に巡り合うために、ぜひこのページをお役立ていただければと思います。

アコースティックギターかエレキギターどちらを選んだらいいの?

ギターには弾き語りやソロギターなどで使われるアコースティックギターとアンプに繋いで音を出すエレキギターとがあります。最初はどちらから始めたら良いか迷われるかと思うので、まずは、それぞれの良い所を挙げてみようと思います。

ギター

アコースティックギターってどんなギター?

1.ギター一本あれば曲が成立するので、一人で楽しめる。
2.コードをある程度覚えてしまえば、いろんな曲が弾けるようになる。
3.心癒される生音の良い響き。

アコースティックギター

エレキギターってどんなギター?

1.弦が細いので指の力があまりいらず弾きやすい。
2.アンプにヘッドホンをつなげれば、外に出る音はすごく小さいので、イメージと違って静か。
3.ボカロにアニソン、ロック、ブルース、jazzなどアンサンブルが楽しい

エレキギター

どちらから始めたらいいの?

私のアドバイスとしては、せっかくギターを趣味としてはじめるのですから、楽しく弾けることが一番大事だと思います。楽しいことがギター上達への一番大事な要素ですので、どちらのギターが簡単とか難しいとかは考えずに、自分の好きな曲がどちらのギターで演奏されているか調べてみて、決めてみるといいと思います。

価格はいくらぐらいのギターを買ったらいいの?

最初に購入するギターの価格については迷うところですよね、いずれ上手に弾けるようになりたいという希望と、弾けるようにならないのではないかという不安との葛藤もあることと思います。
ここで一つ言えることは、ギターはよほど上のレベルに行かない限りは、才能よりも触った時間が全てという事です。なので、練習さえしていれば絶対に弾けるようになります。
あとはモチベーションの問題で、ギター購入のポイントを3つ挙げると

1.見た目が気に入ったギターを選ぶ。
2.出来るだけ弾きやすいモデルを選ぶ。
3.気持ちが最高に高まっている時に始める。

です。
では、ここでギター初心者の方にも分かりやすいように、ざっくりとですが価格帯別にギターを分けてみようと思います。

1〜3万円
ギター体験版
一番のメリットは、比較的購入しやすい価格なので、すぐに始められること。
先にも述べましたが、ギターの上達はまずは才能よりも練習した時間が全てなので、ギター購入のための貯金の時間を、練習にあてらるのは大きなメリットです。
ただ、このクラスは、コスト的に弾きやすさというところまでの追求は難しく、ネックは太めで、弦高は高めで抑えづらいといった所があります。なので、このフレーズがひけるようになったら次はもっといいギターを買おうなど目標設定してみると、練習の大きな励みにもなると思います。
3〜10万円
弾きやすく初心者に大人気。ギターの練習におすすめ
ギターの上達を考えるなら、弦の高さもセットアップされていてネックも細くなり、コードを抑える左手がかなり楽になるこのクラスからがおすすめです。
初心者で始める方にとても人気の価格帯で、ギター教室に入られる皆さんにもおすすめです。
下に島村楽器が初心者の皆さんのために考えたオリジナルブランドのギターをご紹介致します。ギター選びの際はぜひ一度手に持っていただき、比べるときの基準にして頂ければと思います。

アコースティックギター
James J-300A


エレキギター
RYOGA LE
RYOGA SKATER LE
RYOGA HORNET lE
10万円〜20万円
ギターの響が増し、丈夫で長く愛用できるクラス。
この価格帯から国産モデルも出てきます。制作にあたっての木の乾燥時間一つをとっても、より長く行われているので、トラブルも少なく、長く付き合っていける一本です。
音の面でもより響くようになり、ギターサウンドのコントロールが一層楽しめます。弦をはじく右手のピッキングやフィンガリングの上達にもおすすめです。
20万円~
オール単板の深みのある響き。ギターと一緒に成長できる1本
この価格帯から、メーカーの個性がよりはっきりと出てきます。アコースティックギターは基本オール単板モデルになり、エレキギターも含めて使っているパーツ類や製作技術に随所にこだわりが現れ、響にとても深みが増します。
自分のプレイスタイルに合わせて、ギターが音をよく覚えてくれるので、愛機と一緒に成長できる楽しみも、より一層感じられます。
ギターの練習を頑張って腕があがっときも、その時の自分のギタープレイに応えてくれる最高の相棒になると思います。

ギターは新品と中古、どちらがお得?

ギターは新品がいいのか、中古がいいのか、ここも皆様悩まれるところですよね。

新品ギターのメリット。

新品のギターは、まずメーカー基準のクオリティでセットアップされています。なので、ある程度の弾きやすさが保てれています。また、メーカー保証もついているので、使っていく上で安心というのが一番のメリットだと思います。

中古ギターのメリット

中古ギターのメリットは、なんといっても元々の価格よりも安くギターを手に入れることができるといったところでしょう。ただ、中古のギターを購入される際には気をつけておきたい点がいくつかあります。
ポイントは、ギターは木で出来ているので、環境次第で状態が大きく変化するという所です。中古のギターは前のオーナーさんの演奏や保管環境によって、良くも悪くも新品時からいろいろな変化を起こしています。

1.前のプレイヤーの音をギターが覚えている。

ギターは木でできているので、実は同じモデルでも一本一本音が違います。さらに長年弾きこまれることによって、そこに弾き手の癖が付き、新品の時と大きく音が変化しています。中古ギター選びは宝探しのようなところがあり、この癖が自分の音の好みにはまれば、それは最高の出会いです!

2.よく弾かれていたフレットが減っている。

ギターのプレイスタイルによって、よく抑えるフレットとほぼ弾かない部分というのがどうしても出てきます。フレットが、前のオーナーがよく弾いていたところだけ多く消耗している事があり、購入した時は大丈夫でも、練習している間に限界を早めに迎えてしまう事もあります。

3.木部の変化

ギターの弦の張力は、6本合わせて60㎏~80kgくらいあります。長年この力がかかり続けるので、メンテナンスを怠っていると色々なトラブルが起きてきます。ネックの反りだけであれば直せるのでいいのですが、ネック落ちやネック起き、トップ浮きやブレーシング剥がれなどといった問題を抱えていると、修理費がかなりかさむので注意が必要です。

中古のギターを選ぶときはこうしよう。

ギターの中古選びには知識と経験が大事になってくるので、初心者の方にはハードルが高いところだと思います。
ですので足りない分の知識は、遠慮せずにショップの店員さんにどんどん話をきいてカバーして、そして弾けなくても怖がらずに、必ず触ってみてから購入することをおすすめします。

まとめ

いかがでしたでょうか。最初に手に入れるギターは、これからのギター人生においても思い出深い物になると思います。まだまだ分からない事があれば、いつでも島村楽器SOCOLA 南行徳店の早坂まで、お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ

電話をかける

  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
  • 店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。
外出せずにお買い物!お店の商品をWEBで購入・受け取れます
島村楽器が買い替え応援!!高価下取買取

ギタセレ 当店の新着商品

    掲載準備中です。

上へ戻る

  1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. SOCOLA 南行徳店
  4. ギター・ベース・ウクレレ
  5. ギター初心者必見。ギターの選びのポイント