1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. 郡山アティ店
  4. ギター・ベース・ウクレレ
  5. 【コラム】日本製Fenderの「Trad」「Hybrid」の違い

【コラム】日本製Fenderの「Trad」「Hybrid」の違い

お悩み解決 第一弾

島村楽器郡山アティ店ギターアドバイザーの楠です!
今回はよく店頭やお電話でご質問が多いFender Made in japanの「Traditional」と「Hybrid」の違いについてご説明します。

今回比較するギターは

HYBRID II STRATOCASTER

TRADITIONAL 60S STRATOCASTER

よくある質問

同じ日本製でどうして違うの?  

スペックを比較すると分かりやすく

ピックアップの種類フレット数が違うのはもちろん

シリーズ Trad Hybrid
ボディ材 バスウッド アルダー
ナット幅 41.02mm 42mm
ネックシェイプ "U" Shape Modern "C"
フレットサイズ Vintage Narrow Tall
トレモロ 6点支持 2点支持
販売価格(税込) ¥99,000 ¥108,900

といった細かいながらしっかりとした違いがあります。

スペックのみで見れば

「Traditional」は昔ながらのFenderを日本で生産しコストパフォーマンスとクオリティを保持したギター

「Hybrid」は現代のプレイヤーに適したパーツや仕様を採用し作り上げた新しいFenderのギター

というのが回答になるのではないかと思います。

メキシコ製やアメリカ製よりいいの?

「いい」の範囲は人それぞれでサウンドに関しましてはアンプや弾き方で感じ方に個人差があります。

仕上げなどで言えばメキシコ製は割とラフなところがあり(それが良さともいえますが、)
日本製ギターの仕上げと比較してしまいがちですがネックシェイプや全体の雰囲気はアメリカ製のギターに迫るものがあります。

Fenderのエレキギターとしての仕上がりを求めるか
道具としてのエレキギターの仕上がりをFenderに求めるかで選ぶのをオススメします!

どっちがいいギターなの?

是非店頭にてお試しください。
一奏は千聴万視に勝ります

  • ご来店いただいたタイミングによっては完売の場合もございます。予めご了承ください。

この記事を書いた人

ギターアドバイザー 楠

ギター・ベースの演奏・エフェクターの選び方&つなぎ方から録音の仕方・マイクの選び方までご相談下さい!!

関連記事

下記リンクをクリックすると当店のギター・ベース関連記事をご覧いただけます。

当店ギター・ベース関連記事一覧はこちら!

デジタル担当のオススメ!!

マイクやインターフェース等の情報はコチラ

音楽を更に楽しく!音楽教室開講中です!

郡山アティ店では様々なコースを開講中です。
是非お気軽にお問い合わせください!


  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
  • 店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。
外出せずにお買い物!お店の商品を自宅で購入・受け取れます
島村楽器が買い替え応援!!高価下取買取
エフェクターお試しレンタル

上へ戻る

  1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. 郡山アティ店
  4. ギター・ベース・ウクレレ
  5. 【コラム】日本製Fenderの「Trad」「Hybrid」の違い