1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. セレオ国分寺店
  4. デジタル関連
  5. Roland DJ-707Mが8月31日に受注開始!
キャッシュレス決済サービスのご案内

Roland DJ-707Mが8月31日に受注開始!

ついにDJシリーズの最新作「DJ-707M」が発売されます。

簡単ではありますが、製品の紹介をしていきたいと思いますのでぜひ参考にしてみてください!

大きな特徴3つを紹介!!!

3系統のアウトで充実の対応力!

メイン、ブースなどマルチに出力できるのは今となっては当たり前。ですが、今回のDJ-707Mは3系統アウトを個別に細かな調整ができることも特徴です。この仕様、クラブだけではなく多種多様なイベント会場で大きな力を発揮してくれると感じました。会場によって音響設備が異なるので、アウト数が多い事よりも個別に細かな調整(コンプやEQ)ができるのは非常にありがたいですね!

デュアルUSBがついに搭載!転換もラクラクです!

今回の新製品では、ついに・・・というかやっとデュアルUSBに対応しています。これで、転換の際に先方のPCが繋がっていても遠慮なく自分のPCを繋いで待機出来ます。このやり取りのスムーズさが現場では非常に重要ですので、やっと対応してくれて私自身も嬉しい限りです!

耐久性が大幅UP!

今までのRoland DJシリーズは、軽量で持ち運びにもラク!というイメージがありました。しかしその反面、たくさん持ち運びをするので耐久性にも配慮が必要です。

今回のDJ-707Mは、非常に堅牢生が高く重量感もたっぷり(笑)。多少重くはなりますが、それでも頑丈な機体に守られているので使っている身としては安心ですよね。

コントローラーとしても進化!

Serato DJ PROを使用する際に、このDJ-707Mでコントロールをしてみました。当然コントロールは可能ですが、今までの202/505と違い非常にコントロールとして使い勝手が向上している・・・と感じました。そして、HPの記載にもあるようにSerato DJ PRO付属のiZotopeエフェクターもツマミ1つで調整可能!これも意外とすんなりで便利ですので、ぜひ触ってみてください!

まだまだ紹介できない特徴はたくさんありますが、ひとまず気になったポイントをまとめてみました。

ユーザーによって気になるポイントにも差があると思いますので、そこはぜひ実際に触って感じて頂ければともいます。

動画はコチラ!

ご不明な点はデジタル担当 横尾(よこお)まで!

  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
  • 店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。
外出せずにお買い物!お店の商品を自宅で購入・受け取れます
島村楽器が買い替え応援!!高価下取買取

「デジタル関連」カテゴリー最新情報

上へ戻る

  1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. セレオ国分寺店
  4. デジタル関連
  5. Roland DJ-707Mが8月31日に受注開始!