オーケストラ・吹奏楽部必見!トロンボーンの選び方を管楽器担当が解説します

丸井錦糸町クラシック店

丸井錦糸町クラシック店店舗記事一覧

2021年01月03日

(2022年1月5日更新) *トロンボーンってどうやって選んだらいいの? 皆様こんにちは!管楽器担当の鈴木です。]]店頭でお客様とお話ししていると、「トロンボーンを買いたいけれど、違いがよくわからない…」「同じトロンボーンなのにどうして値段がこんなに違うの?」というお悩みや疑問をよくお伺いします。] […]

(2022年1月5日更新)

トロンボーンってどうやって選んだらいいの?

トロンボーン

皆様こんにちは!管楽器担当の鈴木です。
店頭でお客様とお話ししていると、「トロンボーンを買いたいけれど、違いがよくわからない…」「同じトロンボーンなのにどうして値段がこんなに違うの?」というお悩みや疑問をよくお伺いします。
皆様もそんなお悩みはありませんか?
このページではそんな方に向けて、わかりやすく解説していきたいと思います!
それでは早速いきましょう!!

そもそもトロンボーンの違いとは? 見た目の違いで何か変わるの??
当店のラインナップをご紹介! 吹き比べ・聴き比べ可能です♪

そもそもトロンボーンの違いとは?

トロンボーンには、テナートロンボーンテナーバストロンボーンバストロンボーンという3種類があります。それぞれ音域が異なり、演奏されるジャンルも少し違ってきます。

テナートロンボーン

管が細いため、パリッとしたするどい音色が特徴です。ジャズ・スカ・ビックバンドなど派手な音色が好まれるジャンルによく使われています。また、少ない息でも音が鳴ってくれるので、小さい子供さんや肺活量が少ない方でも安心して演奏する事ができます。トロンボーンの基本形となります。

テナーバストロンボーン

テナートロンボーンにF管と呼ばれる管がついて、より低音がでやすくなった楽器です。細菅と太管の2種類があります。細菅はテナートロンボーンと同じように、少ない息でも演奏でき、軽い吹奏感となっています。太管は、細菅に比べて息の量は必要になりますが、ふくよかな音色になり、重厚感のある響きになります。オーケストラやクラシック・吹奏楽などの美しい音色が好まれるジャンルによく使われています。

バストロンボーン

テナーバストロンボーンにG♭/E♭管がつき、より低い音域が出るトロンボーンです。(F管だけのモデルもあります)
マウスピースも口径が広いものを使うことが多いため、テナーバストロンボーンよりも低い音域が出しやすい楽器です。吹奏楽やオーケストラでは最低音部を担当しています。ビックバンドでも使われることもあります。

そもそもトロンボーンの違いとは? 見た目の違いで何か変わるの??
当店のラインナップをご紹介! 吹き比べ・聴き比べ可能です♪

見た目の違いで何が変わるの??

こう見てみると、楽器によって見た目に色々な違いがありますね…。詳しくみていきましょう!

F管の巻き方の違い(オープンラップモデルとトラディショナルラップモデル)

F管の巻き方の違いで、名前が変わります。

トラディショナルラップモデル

トラディショナルモデルはF管がコンパクトに巻かれていて、はみ出していないモデルです。

巻いているところが増える分、管体が長くなり、それにより管体が重くなって、より抵抗感・重厚感のある音色になります。

オープンラップモデル

オープンラップモデルはF管が管体からはみ出ているのが特徴のモデルです。

曲がっている所を極力減らした分、管体が軽くなり、抵抗感が減り、それにより軽い吹き心地になって、開放的な明るい音色になります。

管体の色味の違い

管体の色味が変わることにより、音色も多少変わります。

右:イエローブラス

少し黄色っぽい色味です。明るい華やかな音色が特徴です。

左:ゴールドブラス

少し赤っぽい色味です。イエローブラスと比べて、落ち着いたまろやかな音色が特徴です。

管の太さ

トロンボーンには、細管中細管太管の3種類があります。
管が細いものほど音色は明るめで高音域が出やすく、太いほど息の量が必要となりますが、音色・音量ともに豊かで華やかになります。
楽器の管と同じ太さでないと、マウスピースをはめることができないので、自分が持っている楽器・マウスピースが何管か把握してから試奏・購入しましょう!

見た目にはわからない違いも!

ベルのつくり

トロンボーンのベルは、職人さんが1つの金属を叩いてベルの形にする1枚取りベルと、機械ではめ込む2枚取りベルの2種類があります。
1枚取りは金属を叩いている分、金属に粘り気や硬さが生まれ、より吹き応えのある吹奏感になります。お値段が少し高めの、いわゆる上位機種はこのタイプが多いです。
2枚取りは、機械ではめ込むので個体差が少ないことと、大量生産ができるのでコストパフォーマンスがいいことから、お求めやすい価格帯はこのタイプが多いです。適度な抵抗感と軽い吹き心地が特徴です。

そもそもトロンボーンの違いとは? 見た目の違いで何か変わるの??
当店のラインナップをご紹介! 吹き比べ・聴き比べ可能です♪

おすすめ品番

管楽器担当のおすすめの品番をご紹介します。何を選ぶか迷ったら是非試してみて下さい!

トラディショナルラップ

YAMAHA
YSL-882
Bach
42B/GL
定価(税込)¥401,500
販売価格(税込)¥361,350
定価(税込)¥456,500
販売価格(税込)¥388,080

オープンラップ

YAMAHA
YSL-882O
Bach
42BO/GL
定価(税込)¥401,500
販売価格(税込)¥361,350
定価(税込)¥456,500
販売価格(税込)¥388,080

試奏してみることをおすすめします!

色々と解説をしましたが、吹き心地や音の好みなど人それぞれです。自分に合った楽器を選ぶためにも、まずは試奏して比較してみることをおすすめします!当店でも試奏は出来ますので、まずはお気軽にご相談ください。また試奏をご希望の際は事前にご予約いただくと、スムーズにご案内できます。

当店ラインナップ

トロンボーンを始める方の多くは、“学校の吹奏楽部・地域の吹奏楽団”や“オーケストラ”など、ふくよかで美しい音色が求められるジャンルで演奏される機会が多いと思います。
そこでオススメしたいのがテナーバストロンボーン!先ほどもお話ししましたように、クラシカルな音色が出しやすいトロンボーンです。
当店はそんなテナーバストロンボーンを多数取り揃えております!

関連記事

お問い合わせ

島村楽器 丸井錦糸町店へのアクセス方法

アクセス JR総武線 錦糸町駅から徒歩3分
駐車場
電話番号 03-5600-3888

電話をかける

管楽器に関するお問い合わせは下記フォームからもお問い合わせ頂けます。お問い合わせを確認後、担当の鈴木・駒井がご連絡を差し上げます。

ご希望のご連絡方法(お電話やメールなど)と、お問い合わせの楽器(トロンボーンなど)・内容(マウスピースのご相談など)を備考欄にてご記入くださいませ。

申し込み・問い合わせはこちら

ようこそ丸井錦糸町クラシック店へ!

みなさまこんにちは!島村楽器丸井錦糸町店は駅チカで便利な総武線・半蔵門線錦糸町駅のすぐ側、丸井錦糸町店6Fにございます。
楽器・楽譜の品揃えは墨田区・江戸川区・江東区・葛飾区周辺でもNo.1!楽器のことならお任せください!
個性豊かで元気なスタッフが皆様をお迎えいたします。

▲TOPに戻る


当店でお選びいただく魅力

吹奏楽やオーケストラを経験した私たちがご案内します!

島村楽器 丸井錦糸町クラシック店 管楽器担当

専門スタッフが常駐!当店にはフルート、サックス、クラリネット、トランペット、ホルン、トロンボーンと、管楽器経験者が多数おります。
お客様ご自身での吹き比べに加え、スタッフが代わりに吹き比べをし、音の違いをお聞きいただくことも可能です。
その他様々なご要望に合わせて最適な楽器をご提案させて頂きます。演奏に関するお悩みや、購入後の楽器メンテナンス方法など、お気軽にご相談ください。
当店は東京都墨田区にある楽器店です。総武線や半蔵門線沿線などお近くにお住いの方や、御茶ノ水駅からも電車で10分程度でお越し頂けますので、管楽器でお迷いの事があればお気軽に当店までご相談下さいませ。

充実したサポート体制

バナータップで詳細ページへGO!

島村楽器 管楽器リペア
購入後も安心の管楽器リペアで貴方をサポート!
当店ではリペアルームも完備し、技術者が常駐しております。
島村楽器 全国展開 店舗
引越しても、貴方のそばに!
全国展開を行っている島村楽器だからこそ、いつでもどこでもサポートさせて頂きます。
店舗情報は上記バナーからご覧いただけます。
当店のトロンボーンスクール講師紹介!演奏スキルに関する様々なご要望にお応えします。初めての方でも安心です!
音楽教室 島村楽器 インストラクター
当店の音楽教室で素敵なミュージックライフを!
初めての楽器でも手厚くサポート致します!
買取
おうちで眠っている楽器、ありませんか? 
楽器のお買い替えで下取りをご利用の場合、査定額が最大20%UP!

※記事中に販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その情報は記事更新時点のものとなります。店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。