1. Next ”CUBASE 10”が魅せる次代の作曲ワークショップ

Next ”CUBASE 10”が魅せる次代の作曲ワークショップ

【DTMセミナー】青木繁男氏によるNext ”CUBASE 10”が魅せる次代の作曲ワークショップ!

★完全予約制です。お急ぎください★

詳細は下記をご覧くださいませ!!
日程 12月09日(日)
時間 15:00~
会場 川崎ルフロン店スタジオ
定員 予約制 20名限定
料金 無料

青木繁男氏がCUBASE10の新機能と使い方を交えながら楽曲制作を解説!

CUBASEユーザーの方はもちろん、CUBASE以外のDAWを使われている方にも必見の楽曲制作セミナー!作曲やDTMを始めたばかりの方にもオススメの内容です!

CUBASE10は音楽制作ワークフローを大幅に改善、VRコンテンツ制作に対応した直感的かつ高度なツールを装備。強力なオーディオ編集、ミックス機能を統合し、GUI、サウンドもさらに成熟。あなたの創作意欲が止まらなくなる、最高の音楽制作環境がここにあります。

9月音楽制作、10月エフェクト、11月インストゥルメントと毎回好評をいただいてきたDTMセミナー、今後はどのような音楽制作が実現できるのか。2018年集大成であり2019年にも続く内容です。ぜひ青木氏のプロの音楽制作を体感してください!


11月15日にリニューアルしたCUBASEを使用した楽曲制作セミナーをぜひ見逃さないでください!

講師には青木繁男氏

青木 繁男(アオキ シゲオ)

PRODUCER / ManipulatorSonar Pocket、寺島拓篤を初めとするアーティストへの楽曲提供・アレンジを行うプロデューサー。

マニピュレーターとして、楽曲を提供した全てのアーティストを始め、MY FIRST SOTRY / マオ from SID / 夢みるアドレセンス / JAE JOONGなど様々なジャンルのライブをサポート。近年では【VisionLive】 GReeeeN / あんさんぶるスターズなどにも参加しあらゆる用途のライブスタイルに対応出来るノウハウを蓄積している。使用するソフトウェアNuendo / Cubaseの開発にも携わり最先端の技術を最高レベルで安定させるシステムを使用。年間100本を超えるステージで稼働させている。また、ライブで必要とされるBGM、サウンドエフェクトの制作も行うためライブに同行する『マニピュレーターだからこそ作れるサウンド』に定評を得ており、ライブ音源制作でも様々なアーティストをサポートしている。

予約方法【重要】

※島村楽器川崎ルフロン店までご連絡くださいませ。
※当日は開始5分前までにお越しいただけますようお願いいたします。
※セミナーご参加にあたり必要な持ち物はございません。

日程 12月09日(日)
時間 15:00~
会場 川崎ルフロン店スタジオ
定員 予約制 20名限定
料金 無料
今すぐご予約を!!
TEL 担当
044-221-5261 岡本(おかもと)

この記事の問い合わせ先

商品に関して、ご不明点などございましたらお気軽にお問い合わせ下さいませ。

お客様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております!

店名 DIGILANDPROSHOP川崎
TEL 044-221-5261
住所 〒210-0024
神奈川県川崎市川崎区日進町1-11
川崎ルフロン7F
営業時間 10:30~21:00
年中無休
担当 岡本(おかもと)

map

お支払い方法

店頭でのお支払い

お支払いは以下の方法をご利用頂けます。

  • 現金
  • デビットカード
  • クレジットカード
  • ショッピングクレジット (最大84回分割まで、半年以内一括払い手数料無料、)
  • 商品券各種
  • 電子マネー(Suicaなど)
  • 代引き(ヤマト便 イーコレクト)
  • お振込み

電話受付でのお支払い方法

お電話等で受付をした商品に関しましては下記をご利用いただけます。

代引き着払いでのお支払い方法
  • 現金
  • クレジットカード

代引きでの着払いをご利用される場合は、ご希望のお支払い方法を必ず店舗スタッフにお伝えください。
商品代金+代引き手数料+送料=合計金額
商品受け取りの際、合計金額を運送業者へお支払いください。

銀行振込でのお支払い

当社指定の口座にお振込ください。尚、振込み手数料はお客様のご負担となりますので予めご了承ください。
商品代金+送料+振込み手数料=合計金額

  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
  • 店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

「お知らせ」カテゴリー最新情報

上へ戻る

  1. Next ”CUBASE 10”が魅せる次代の作曲ワークショップ