1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. 河原町オーパ店
  4. 管楽器・弦楽器
  5. 【管楽器】マウスピースの選び方と当店ラインナップ~アルトサックス編~

【管楽器】マウスピースの選び方と当店ラインナップ~アルトサックス編~

全品試奏できます!!

マウスピース・リガチャー・リードの3つは必ず自分専用のものを購入しましょう

皆さんは、どんな楽器で練習していますか?まだ自分の楽器を持っていない人は学校の備品で練習している方もいらっしゃると思います。楽器を用意する事は簡単にはではありません。

じっくりと選んでいきたいところです。そんな方でもマウスピース・リガチャー・リードの3つは必ず自分専用のものを購入しましょう!

MY楽器をお持ちの方も『最近の音程が合わない』『イメージした音色が出ない』『最近いいリードが見つからない』『かすれぎみの音が出る』『強弱の幅がもっと欲しい』など気になる悩みはありませんか?

それはマウスピースに原因があるかもしれません。練習した成果がきちんと上達に繋がる為にも自分にあった専用の物をご用意する事をおすすめしています。

この記事を書いているのは・・・

管楽器担当:猪子

島村楽器河原町オーパ店で管楽器・音楽教室を担当している猪子です!大切な楽器選びをお手伝いさせて頂ければと思います!

このページの目次/index

マウスピース

そもそもマウスピース選びって重要なの?

よく楽器を始めたての皆さんからそんな質問をされます。
部活の備品の楽器であっても、劇的に吹きやすさ、音色が変化する可能性もありますし、マイ楽器が更にパワーアップする可能性もあります。

マウスピースを変えて劇的に、吹きやすさ、音色が変わったというお客様のお声をいただきます。
演奏するにあたりマウスピース選びは非常に重要です!!

自分に合っていないマウスピースを選んでいると、良い音が出ないのは当然で、マウスピースを変えるだけで、出なかったはずの音が出たり、より良い音で吹けるようになるんです!!

それくらいマウスピース選びは重要で、プロの方も繰り返し選び続けておられます!

マウスピース選びを失敗しないために、これからの演奏ライフを楽しんでいただくためにシェアさせて下さい。

マウスピースの選び方

初心者がマウスピースを選ぶときはマウスピースとリードの間にできる『オープニング』という空間に注目します。

オープニングが広いと抵抗が大きいので息のコントロールや量が難しくなります。
逆にオープニングの広い方が息が入り易くて吹き易いという方もいるので、購入する際は一度試奏してみる事が大切です。

マウスピースの名部名称

ティップオープニング
場所 リードとマウスピースの先端の開き
効果 息の量や音量に影響します。
開きが広いもの・・・豊かでパワフルなサウンドを作り、息の量を必要とします。
狭いもの・・・明るい響きで、少ない息で効率よく鳴らすことができます。
フェイシング
場所 マウスピースの先端からリードが接するところまでの長さ
効果 リードが振幅する部分で吹奏感や音の反応に影響します。
<種類>ショート・ミディアム・ロングがあります。
短いものは明るくクリアで、長くなるに連れダークで柔らかいサウンドが得られます。
長さに加え、カーブの角度や形状によっても変わります。
ティップレール
場所 マウスピース先端のカーブ
効果 音のニュアンスやコントロール(安定性)に影響します。
レールの幅が狭いと、音の立ち上がりが速くニュアンスを付けやすいがコントロールレンジが広くなり、
幅が広いと、ニュアンスや音量が安定し、コントロールしやすく(リードミスしにくく)なります。
ウォール(インサイド)
場所 マウスピース内部の両側面(壁)
効果 息の流れや抵抗感を作ります。
<種類>真直ぐ平らに削ったものや、適度に掘りこんでくぼみを作ったものなどがあります。
ウィンドウ
場所 リードとマウスピースが接していない部分(窓)
効果 大きいと息の抜けがよくなり、
小さいと音質がまとまりやすくなります。
バッフル

場所 ティップオープニングからチェンバーまでの面
効果 「ハイバッフル(息が通る空間の容積が狭い)」は、力強く明るいエッジの効いた音が得られ、
「ローバッフル(息が通る空間の容積が広い)」は、柔らかく温かみのある音が得られます。
種類 形状は大きく分けて4種類です。
先端からスロートに向かって、直線の傾斜を持つ「ストレート型」、緩やかな放物線を描く「ロールオーバー型」、段差をつけた「ステップ型」「バレット型」があります。
チェンバー

場所 バッフル部分から奥にあたる、最初に音が共鳴するマウスピース内部の空洞部分
効果 容積が狭いと華やかで輝かしく、
広いと音の太さが増しダークでしっとりした音が得られます。
種類 サイズは大きく分けて、スモール・ミディアム・ラージの3種類です。
また、形状は大きく分けて、「ラウンド型」「スクエア型」「ホースシュー型(馬蹄型)」「フラット・サイドウォール型」があり、このほかに「混合型」やメーカー独自の形状もあります。

マウスピースの材質について

ハードラバー(エボナイト)、メタル(ブラス・ステンレス)クリスタルがあり、この材質の違いがサウンド全体に影響します。基本的にはメタル、ラバー系のマウスピースがよく使われます。

ハードラバー(エボナイト)
エボナイトの原料は天然の生ゴム。それに硫黄を加えて練り上げ、釜で焼き上げるという昔ながらの方法で製造されています。
プラスチック製に比べると、減りが少なく音質に柔らかさや艶が出ます。メーカーによって混ぜ合わせる比率が異なります。
プラスティック
音が鳴らしやすく、レスポンスも良好。そのため、なるべく楽に楽器を吹きたい方や、抵抗が強いマウスピースに慣れていない初心者の方におすすめです。
クリスタル
吹奏感はエボナイトのマウスピースに比べて全体的に抵抗感が増すようです。
ただ明確な音を持っていて、明るくすっきりとした印象でイントネーションが付けやすい特徴です。
金属製(メタル)

真鍮、アルミ合金、ステンレス製などがあり、音は硬めでパワーが出ます。表面のメッキによっても微妙に音の艶などが変わります。
メッキには銀メッキ、金メッキ、クロームメッキなどが使われます。ジャズでよく使われます。

金属製の種類別特徴

真鍮
いわゆるメタル系のマウスピースのほとんどがこの真鍮で作られています。吹いた感じは反応がよく、明るい音がします。
鳴りはダークで芯のある音がします。鳴っている音に対して、奏者へのフィードバックが少なく感じるそうで、音を大きく出しすぎてしまうこともあります。
ステンレス
とても硬度が高く、その硬度ゆえに非常に早い音の立ち上がりを得ることができます。
また音色は輝かしく、本当に効率よくエネルギーが伝わっていく印象です。
ジャズだけでなくロックなどの音楽でも全く埋もれることなく吹くことが出来ます。

INDEX/目次に戻る

実は…マウスピースにも寿命があります。

使っているうちに徐々に摩耗し、先端や内部のエッジ部分が丸くなっていきます。特に先端部分はリードが常に高速で打ちつけられている状態なので摩耗が進みやすく、細かい傷もできていきます。

音の輪郭がぼやけたり、雑音が入るようになったり、音程が不安定になってきたら買い替えのタイミングです。
趣味や部活で吹いている方でしたら2〜3年に1回くらいを目安に買い替えをおすすめしています。

マウスピースパッチを使おう!

マウスピースをくわえるとき、上の歯はマウスピースをかむように直接当てて固定します。
上の歯がマウスピース上で滑ってしまったり、上手く固定できなかったりする場合はマウスピースパッチを使いましょう。
パッチは厚さによって吹き心地が変化するのでいくつか試してみましょう。
あまり先端に近い所に貼るとリードの振動に影響する場合があるので気を付けるポイントになります


選び方のポイント3選

①ティップオープニング&フェイシング

【ティップオープニング】
開きの広いマウスピースは息の通りが良いので、多少噛んだり締め付けたりしてもカバーできる可能性があります。

初心者の場合は、開きが狭いものがおすすめ!

音の大きさや、表現幅は開きの広いマウスピースには劣りますが、 少ない息で効率よく吹ける ので、音が鳴りやすく 音程のコントロールがしやすい です。

経験者の場合は、開きが比較的広めなものがおすすめ!

息の通りが良いので、多少噛んだり締め付けたりしてもカバーできるポテンシャルがあります。

【フェイシング】
短いと音のコントロールがしやすく、音の立ち上がりがスッキリと明るくなります。長いと音のコントロールは難しくなりますが、丸い深みのある音が出やすく、音の表現幅も広がります。

初心者の場合は、短めのフェイシングが吹きやすく感じると思います。

経験者の場合は、長いもの がおすすめ!音のコントロールは難しくなりますが、 丸い深みのある音 が出やすく、音の表現幅も広がります。

②色々なリードの硬さで試奏してみる

実はリードとマウスピースにも相性があるんです!
例えば開き具合が広いマウスピースに硬いリードを組み合わせるとかなり吹きづらくなったりと・・・

モデルごとで細かく数値が異なってくるマウスピースですが、マウスピースの開き具合などで抵抗感なども変わってきます。マウスピース選びの際には、リードも色々変えてみながらお気に入りを見つけましょう!

③気に入ったモデルを選定する

自分に合ったモデルを見つけた!さあ、購入しよう!!・・・の前に!
マウスピースも1本1本個体差がありますので、少なくとも2~3本から選定することをオススメします!

チェックポイントを3つだけ紹介します。

①息が素直に入るか
②タンギングがしやすいか
③音程のコントロールはしやすいか

以上の3つを踏まえて試奏をしてみましょう。

もちろん当店でも選定・試奏が可能ですので、お気軽にご相談ください。
※在庫状況によっては選定ができない場合がございます。選定をご希望される場合は、事前にお問い合わせいただきますとスムーズにご案内できます。

マウスピースにはそれぞれ個性があり、自分に合う合わないがあります。
音色や音程、発音のクリア加減までマウスピース次第で変わります!

INDEX/目次に戻る

当店のラインナップマウスピースをご紹介!

YAMAHAH

AS-4C

コチラはスタンダードなマウスピースです!息が通りやすく初心者の方にオススメです!
※ヤマハアルトサックス本体購入時付属品と同じものです。

メーカー 品番 販売価格
YAMAHAH AS-4C ¥4,950(税込)

SELMER

S90/180/AS

当店人気ナンバーワンです!
吹き込んだ分だけしっかり力強い音が鳴ってくれます!

メーカー 品番 販売価格
SELMER S90/180/AS ¥ 19,910(税込)
S90/170/AS

当店人気ナンバーツーです!
音はストレートで均質に響き、しっかり鳴りの要求に応えてくれます!
柔軟性としなやかさのバランスが非常に優れています!

メーカー 品番 販売価格
SELMER S90/170/AS ¥19,910(税込)
S80C*/AS

当店人気ナンバースリーです!
非常に暖かく幅広い豊な音色が特徴的です!

メーカー 品番 販売価格
SELMER S80C*/AS ¥19,360(税込)

YANAGISAWA

メタル5AS

素直でクセの無い吹奏感が特徴。音色・音程・音量の全てが吹き手の思い通りに演奏できます!

メーカー 品番 販売価格
YANAGISAWA メタル5AS ¥33,000(税込)
メタル6AS

音がとても明るく、コントロールも比較的容易でエッジのあるパワフルなサウンドが楽しめます!

メーカー 品番 販売価格
YANAGISAWA メタル6AS ¥33,000(税込)
メタル7AS

初心者からプロの方まで幅広く使われており、メタルのなかでもくわえる部分が太めなのでラバーから初めてメタルを使う方にもおススメです!

メーカー 品番 販売価格
YANAGISAWA メタル7AS ¥33,000(税込)

MEYER

ASラバー5MM

メイヤーの定番モデルとして、絶大な信頼と人気を誇るマウスピースです。
サウンドのスピード、タンギングの明確さ、アーティキュレーションによる変化、反応の速さは抜群です!

メーカー 品番 販売価格
MEYER ASラバー5MM ¥20,350(税込)

最後に

吹奏楽、クラシックからジャズまでのジャンルを沢山取り揃えています!
マウスピース選びに必要な事は

試してみることが一番重要です!
なのでまずは、色々な種類のものを試奏してみましょう!

◇河原町オーパ店管楽器情報◇

INDEX/目次に戻る

お問い合わせ

当店では管楽器・豊富なリードを取り揃えております!
是非お気軽にお問い合わせ下さい。
皆様のご来店をお待ちしております!

店舗名 島村楽器 河原町オーパ店
電話番号 075-221-7090
当社HPからの問い合わせ先 お問い合わせ先
担当 猪子


  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
  • 店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。
外出せずにお買い物!お店の商品を自宅で購入・受け取れます
島村楽器が買い替え応援!!高価下取買取
修理中も安心!楽器貸し出しサービス リペア代替品レンタル

「管楽器・弦楽器」カテゴリー最新情報

上へ戻る

  1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. 河原町オーパ店
  4. 管楽器・弦楽器
  5. 【管楽器】マウスピースの選び方と当店ラインナップ~アルトサックス編~