1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. 河原町オーパ店
  4. ギター・ベース・ウクレレ
  5. 初心者おススメの大人気エレキベース "YAMAHA BBシリーズ”の違いをまとめました!

初心者おススメの大人気エレキベース “YAMAHA BBシリーズ”の違いをまとめました!

これからエレキベースを始める方におススメ!YAMAHA BBシリーズ!

目次

1. YAMAHA BBシリーズってどんなベース?
2. BBシリーズは4種類!
 ◆BB234
 ◆BB434
 ◆BB734A
 ◆BBP34
3. まとめ!
4. この記事を書いたスタッフ

YAMAHA BBシリーズってどんなベース?

BBシリーズが初めて発売されたのは1977年で、約40年の歴史を持つ伝統的なエレキベース。BBの略は「Broad Bass」の頭文字から取られています。
現在生産されているモデルは全て、PJタイプと呼ばれる
”プレシジョンベースとジャズベースのピックアップを併せ持つエレキベース”
で、まさに両者のおいしいとこ取りを叶えた仕様となっています。多くの著名アーティストも使用していますので、信頼感もしっかりあるモデルですね。
(※使用アーティストが気になる方はコチラからどうぞ!)

BBシリーズは4種類!

BBシリーズは大きく分けて4種類のラインナップに分かれています。

・最もコストパフォーマンスに優れたBB234
・お手頃価格ながらも品質向上を狙ったBB434
・アクティブ回路を搭載したBB734A
・末永くご愛用頂けるBBP34

それぞれ個別にご紹介してまいります!

BB234

YAMAHA BBシリーズの伝統を受け継ぎ、エントリーモデルとして製作されたコストパフォーマンスに優れたモデル。
学生ベーシストの間でも人気のモデルとなっているのですが、人気の秘密は何といっても
汎用性とコストパフォーマンスの高さです。

人気の秘密!

・ピックアップ配列がPJ配列のため、様々なサウンドで楽しめる!
⇒プレべのピックアップとジャズベのピックアップを共に搭載しているので、美味しいとこ取りができちゃいます。
・演奏性やメンテナンス性能が安定していてすごい
⇒調整もしやすく、入荷時の状態も良いものが多いので、コストパフォーマンスに優れたモデルと言えますね。
・ほかのベースにはないボディシェイプがカッコいい!
⇒他にはないシェイプなので、BBのボディシェイプが気に入った方は見た目の好みを決めてにされる方も多いですね。

BB434

BB434もいわゆるコストパフォーマンスモデルと言えるベースです。
サウンド面において、BB234よりも更なる満足感が得られる様な仕様にアップグレードされています。
また、BB434限定のカラーでTeal Blueというカラーがとても人気が高いですね。

人気の秘密

・Teal Blueカラーがカッコいい!
⇒先程も触れましたが、とにかくこのモデル限定のTeal Blueカラーがカッコイイ!久保調べによると和名でいうところの「御納戸色」というカラーに近いようです。気になった方は是非調べてみてください。
・ピックアップがグレードアップ!
⇒BB400シリーズ専用のピックアップが搭載されています。200シリーズと比べて明るくクリアな低域を出力するピックアップに変えられているようです。
・ボディとネックの接合方式がすごい!
⇒通常よりもネジを2本多く追加した、ネックを強固に密着させるマイター・ボルティングという手法を採用。そのためボディとネックがより強固に密着し、芯のあるサウンドが楽しめます。

BB734A

3バンドのアクティブイコライザーによる幅広いサウンドメイクが可能なアクティブモデル。ほかにもボディが3層構造になっていたり、ピックアップはさらにグレードアップ、そしてブリッジも特殊な物が搭載されていたりともりだくさん!アクティブ、パッシブ切り替えももちろん可能ですので、このモデルから楽しめる幅がグッと広くなりますね!

人気の秘密!

・アクティブサーキット搭載ですごい!
⇒本モデル用に設計された新しい回路を搭載。ベースサウンドの低音(ベース)、高音(トレブル)、その間の音(ミドル)をつまみを操作して出力調整が可能です。トレブルつまみはアクティブ回路OFF時のトーンつまみとして使用出来ちゃいます!劣化の起こりにくい金メッキ処理の高品質パーツを採用し、バックパネルに電池切れお知らせ用のアラートLEDも搭載!
これ、、、完璧では??
・3層構造のボディがすごい!
⇒よく使用されるアルダー材で、メイプル材を挟み込むようにしてボディが設計されています。これは、アルダーボディベースのサウンドに、メイプル材の音響特性を加えるために施されている仕様で、弦を弾いた際の弾き心地やアンプからのサウンドの質向上に一役買っています。
・ブリッジがすごい!
⇒弦を通す穴が2種類あります!でもややこしいと思わないで!これは、どちらの穴から弦を通すかでサウンドを変えることができるのです!このブリッジの仕組みとアクティブサーキットを合わせれば、このベースの出音に飽きてしまう事はなかなかないのではないでしょうか?
※弦穴を変える場合は、弦のスケールを変える必要がありますエクストラロングスケールの弦をご用意ください!

BBP34

もはやこれでもかとYAMAHAの技術力を注ぎ込んだBBの中で最高峰のモデル。残念ながら店頭には展示がございませんが、ご紹介させて頂きます。いままでのシリーズの仕様はもちろん、更なる追加仕様が搭載されている文句なしの一本です。

人気の秘密!

・長年引き込んだ楽器ようなサウンドに仕上がっている!
⇒楽器というのは長年弾き込むことで音質が良くなると言われているのですが、なんとこのモデル、工場から出荷されたときから「長年弾き込まれたかのような鳴り」に仕上げられているのです!もちろんご購入頂いてからも弾き込むことで更に手に馴染んでいくのですが、最初から良い状態に昇華されているのは嬉しいですよね!
I.R.A.(Initial response Acceleration)という技術が用いられています。
・Made In Japan!
⇒BBシリーズの中で唯一の国産モデル!今までご紹介したモデルよりもさらに高い精度で製造されていますので、まさに一生物の一本と言えるモデルです!



まとめ!

BBシリーズ、いかがでしたでしょうか?それぞれ価格帯別に展開されていますので、ご予算に合わせてお選びいただきやすいと思います!
店頭にない商品のお取り寄せ相談もお承りますので、ご遠慮なくご相談下さい。
皆様のご来店お待ちしております!

この記事を書いたスタッフ

久保 涼平 / 副店長、エレキギター、エレキベース、アンプ担当

経歴

好きなギターはストラトキャスター、好きなギタリストはJohn Mayer, Stevie Ray Vaughan, Eric Claptont、TSペダル2個繋ぎが大好きです。
社会人になってからはあまり弾けていませんが、ギター歴は約10年ほど。仕様機材はHelix Floor、Ibanez AZ2402。ブルース、ロック、ポップス、フュージョン、最近ではアンビエントも好きなジャンルの一つです。2017年にポーランドにて開催されたMayones 35th Aniversary Partyに出席し、ギター買付&オーダーを約30本担当。2019年にはアメリカ、Paul Reed Smithの工場に伺い、Private Stock2本とWood Library約20本のオーダーを担当。

スタッフ紹介ページはコチラ

  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
  • 店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。
外出せずにお買い物!お店の商品を自宅で購入・受け取れます
島村楽器が買い替え応援!!高価下取買取
エフェクターお試しレンタル

上へ戻る

  1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. 河原町オーパ店
  4. ギター・ベース・ウクレレ
  5. 初心者おススメの大人気エレキベース "YAMAHA BBシリーズ”の違いをまとめました!