1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. 河原町オーパ店
  4. ギター・ベース・ウクレレ
  5. エレキギター初めての1本目の選び方!
キャッシュレス決済サービスのご案内

エレキギター初めての1本目の選び方!

エレキギターを始めたいけど、どうやって選べば良いの?

みなさんこんにちは!河原町オーパ店エレキギター担当の久保です。
今回は、店頭でもよくご相談をお受けする「1本目のエレキギターの選び方」について書いていきます!
私がおすすめする選び方は2種類あります!

目次

1. エレキギターの違いを理解して選ぼう!
   ◆エレキギターで代表とされる形は3種類
    ・ストラトキャスターモデル
    ・テレキャスターモデル
    ・レスポールモデル
    ・モデル別まとめ
   ◆エレキギターの仕様の違い
   ◆値段の違いを理解する
2. 自分が弾いている姿を想像してワクワクするギターを選ぼう!
   ◆毎日触らないと挫折しやすい
   ◆好きな見た目と色で選ぶと良い!

 

エレキギターの違いを理解して選ぼう!

何を購入する時も、商品ごとの違いは絶対に気になるもの。
まずは、エレキギターにはどんな違いがあるのか知っていきましょう!

 

エレキギターで代表とされる形は3種類

エレキギターは形毎に違いがあります。参考までに、モデル毎の各部分名称を記した図を用意しましたので参考にしてください。違いを理解出来れば、自分にピッタリの一本を見つける近道となるでしょう。以下に、代表とされる各形の解説を進めてまいります。

 

ストラトキャスター

まずはコレ!ストラトキャスター!
見た目の特徴として、ボディに角のようなとんがり部分が2つあり、くびれ位置が左右非対称になっています。
ストラトキャスター独自の仕様としては以下が挙げられます。

・ピックアップが3つ搭載されていて、組み合わせを変えることで5通りの音色で幅広いサウンドが作れる
・ボディの体に当たる部分が面取りされていて、抱えた際に持ちやすい
・軽いものが多いので肩への負担も少ない
・アーミングが出来る

ちなみにアーミングってなんだ?という方、以下の動画をご覧ください!

 

テレキャスター

次はテレキャスターです。見た目の特徴として、ボディのくびれが左右対称で、ストラトキャスターと違いボディ左側の先端が丸く仕上げられています。テレキャスター独自の仕様としては以下が挙げられます。

・ピックアップが2つ搭載されていて、3つの音色で演奏可能
・軽いものが多いので肩への負担も少ない
・歯切れの良いジャキッとしたサウンドで、邦楽ロック系の音楽と相性が良い

 

レスポール

最後の形はレスポール。見た目の特徴として、全体的に丸いフォルムのボディで、ボディのくびれが左右対称。ボディの表面が少し膨らんだアーチ上に仕上げられています。レスポール独自の仕様としては以下が挙げられます。

・ピックアップが2つ搭載されていて、3つの音色で演奏可能
・基本的に重たいモデル。ですが、最近では軽いモデルもあります
・パワーの強いピックアップを搭載しているので、激しいジャンルのプレイに最適

 

それぞれのモデル毎のオススメをまとめると・・・、

ギターの形状 こんな方にオススメ!
ストラトキャスター ・どんな音楽をするか決まっていない人(幅広いジャンルに対応できるから)
・持ちやすいので、小柄な体格の方にもオススメ
・使いにくいと言う人が少ない。迷いすぎて決まらなければコレを買うのもアリ!
テレキャスター ・邦ロックを演奏したい人
・ギターヴォーカルを目指したい人
・持ちやすいので、小柄な体格の方にもオススメ
レスポール ・激しいジャンルを演奏したい人
・見た目が華やかな物が多い。ゴージャスな外観がお好きな方に!
・有名アーティストの使用も多い。マネして使いだすのもアリ!

 

エレキギターの仕様の違い

エレキギターは品番毎に仕様が異なります。同じ形のモデルでも、品番違いで仕様が異なってきますのでお気を付けください。違いを理解出来ると自分にピッタリのギターが見つかり易いですよ。ただし、違いすべてに目を向けていくと頭がこんがらがってしまうので、ココは抑えておこう!という違いをご紹介。以下の通りです。

構造の違い 解説
ピックアップ種類 代表的なものとしてシングルコイルとハムバッカーの2種類が存在。
シングルコイルは繊細な音作りが可能、ハムバッカーは力強いサウンドが特徴。
ピックアップの数 ピックアップとは音を拾うマイクの事。
ピックアップの数が多いと多彩な音作りが可能。
ボディ、ネックの木材 ボディ部、ネック部の木材もモデル毎に異なります。
木材によって音の傾向が変わります。
重さ 重たいとギターを担いだ時の方への負担が辛くなります。
生産国 国産、中国産、韓国産、インドネシア産などなど・・・。
基本的には10万円付近までの価格帯では国産のギターの方が作りが良いですね。

※楽器に使われる木材の種類は大体決まっていて、以下に木材毎の特徴をまとめた記事がありますのでご参照ください。
画像クリックでページにアクセス可能です。

【ギターの選び方 エレキギターの木材、仕様の違いを知ろう!】

 

値段の違い

エレキギターにもモデルやブランド毎に値段の違いがあります。
この値段の違いはなんなの?という質問にお応えして参りますね。

使われている木材、パーツが違う

当たり前の話じゃん!って思われるかもしれませんが、値段によってその楽器に使われる木材、パーツのグレードが変わってきます。
では、木材やパーツのグレードが変わるとどのような影響があるのか?と言うと、以下のような影響があります。

チューニング 良いパーツが使われていると、チューニングが
合いやすい、ずれにくい等の恩恵があります。
ネックの反り ギターは9割が木材。中でもネックは狂いが出やすい箇所。
ネックが反ると演奏しづらなってしまいます。
良い木材が使われると、反りにくく仕上がります
パーツ寿命 実はパーツのほとんどが消耗品。
良いパーツ程長持ちして交換までの期間が長くなります。
音の良さ 始めたての頃は分かりづらいかもしれません。
1本目から音の良さで選ぶのは難しいかもしれませんが、
「1本目のギターで長く楽しみたいな・・・」という方は、
当店のスタッフや周りご友人の意見を参考にして頂き、
少し予算を上げて購入してみると良いかもしれません。

国産のエレキギターは大体7万円くらいから!

エレキギターは世界中いろいろな国々で生産されていますが、ビギナーの方が選ばれる範囲内では、やはり国産のモデルの方が作りが良いのがほとんどです。また、「国産の物の方が安心して使える気がするなぁ・・・」と、なんとなく国産が良いという方も多いはず。国産のエレキギターを購入する場合は、大体7万円くらいから国産となりますので、少し多めの予算が必要ですが、その分長く使えるものが多いのでオススメです!

 

自分が弾いている姿を想像してワクワクするギターを選ぼう!

そして、私がギターを選ぶ上で一番大事にして欲しいと思っているポイントがコレです!
「自分が弾いている姿を想像してワクワクするギターを選ぶ」ということ!
1本目のギターを選ぶ上では、正直コレが欠けると長く続かない方が多いと思います!
ここからはそのポイントを説明していきます。

 

毎日触らないと挫折しやすい

まず、練習頻度のお話。やはりギターを始めたら毎日練習するのが理想的です。
ギターが楽しくなるコツは「早く上達すること」ですので、毎日練習して早く巧くなるとギターがだんだん楽しくなってくるハズです。
もし、自分が弾いている姿を想像する、もしくは見ているだけでワクワクするようなギターを買うことが出来れば、自然と「あのギターがあるから早く家に帰りたい・・・。」、こう考えてしまうはず。
こうなれば、勝手に毎日練習するようになるはずです。

 

好きな見た目と色で選ぶと良い!

思わずワクワクするようなギター選びのコツは、「とってもベタですが、「好きな見た目と色で選んでみる」ことです。
こうしてある程度ギターを選別した上で、先程まで申し上げたようなギターの違いを参考に選んであげると、失敗はかなりしづらくなるはず。我々スタッフにもお伺い頂ければ全力でサポート致しますよ!


以上、河原町オーパ店久保オススメのエレキギターの選び方でした!
店頭までお越しいただければ、私が直接ご相談に乗らせていただきますので、是非お電話でご予約ください!
お待ちしております!!

【おすすめ!】島村楽器のギター保証「ギター もしもの安心保証」のご紹介

島村楽器では、新たにアコースティックギター、エレキギター、エレキベースのご購入をご検討中のお客様に安心して楽器演奏を楽しんでいただけるように、ギター/ベース新保証サービスをご提供させていただいています。上記バナーをクリックでご紹介ページへアクセスいただけます。

この記事を書いたスタッフ

久保 涼平 / 副店長、エレキギター、エレキベース、アンプ担当

経歴

好きなギターはストラトキャスター、好きなギタリストはJohn Mayer, Stevie Ray Vaughan, Eric Claptont、TSペダル2個繋ぎが大好きです。
社会人になってからはあまり弾けていませんが、ギター歴は約10年ほど。仕様機材はHelix Floor、Ibanez AZ2402。ブルース、ロック、ポップス、フュージョン、最近ではアンビエントも好きなジャンルの一つです。2017年にポーランドにて開催されたMayones 35th Aniversary Partyに出席し、ギター買付&オーダーを約30本担当。2019年にはアメリカ、Paul Reed Smithの工場に伺い、Private Stock2本とWood Library約20本のオーダーを担当。

スタッフ紹介ページはコチラ

  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
  • 店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。
外出せずにお買い物!お店の商品を自宅で購入・受け取れます
島村楽器が買い替え応援!!高価下取買取
エフェクターお試しレンタル

上へ戻る

  1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. 河原町オーパ店
  4. ギター・ベース・ウクレレ
  5. エレキギター初めての1本目の選び方!