サックスサロン通信 ~Pont Neuf~ Vol.2

イオン葛西店

イオン葛西店店舗記事一覧

2022年06月30日

こんにちは!サックスサロンインストラクターの新橋です。つい先日イオン葛西店ミュージックサロンではサロン会員様によるコンサート「Cantabile!2022」が開催されました! コンサートのレポートはVol.3でお届けする予定です♪ 今回は、湿度の高いこの時期に起こりがちなトラブルの解決策をご紹介しま […]

こんにちは!サックスサロンインストラクターの新橋です。
つい先日イオン葛西店ミュージックサロンではサロン会員様によるコンサート「Cantabile!2022」が開催されました!


コンサートのレポートはVol.3でお届けする予定です♪

今回は、湿度の高いこの時期に起こりがちなトラブルの解決策をご紹介します!

ソ#の音が出ない!!!!

昨日までは問題なく出せていたのに、急に出なくなってしまった…。故障…?💦
修理に出す前に以下の点をチェックしてみましょう!

こちらがソ#のキイ(G#キイ)ですね。



このキイが張り付いてしまっていることで音が変わらなくなってしまっている可能性があり、指で軽く触ってみると張り付きが取れて動くようになります!
しかしこれは一時的なので根本的な解決をするためには、タンポ(キイの裏の革の部分)のべたつきを取る必要がありますね。
ここで、タンポの張り付きを解消するアイテムをご紹介いたします!!

パッドライフ


タンポ(パッド)のベタつきと汚れを除去することで、タンポの劣化を防ぎ、寿命を延ばすことができるアイテムです。
トリートメント効果もあるため、タンポのコンディションをより良く保つこともできます!

ペーパーに適量を浸み込ませ

通常のペーパーでのお手入れと同様にキイとタンポのすき間に挟んでパタパタとさせ、馴染ませます。


たっぷり入っているので、1つ持っておくといざという時にも安心ですね!当店でご購入いただけます。
ぜひ新橋までお声掛けください♪

なぜソ#のキイが張り付きやすいの?

実はソ#(G#キイ)の他にも張り付きやすいキイがあります。
HighFキイ(高音のファ)やE♭キイ(低音のミ♭)、LowC#キイ(低音のド#)が挙げられますね!
これらは「クローズド・キイ」と呼ばれる普段閉じているキイです。

このクローズド・キイは特に水分が溜まりやすい為、キイが張り付きやすくなっています。演奏後のお手入れの際も要注意です!
クローズド・キイの中でもG#キイとLowC#キイはレバーを介してキイを開ける為、指で押しただけでは張り付きが取れず「演奏中も張り付いたままだった」ということが起こりがちです!すべてのキイが正常に動いているか確かめることも大切ですね。


ぜひ今一度、どこを押したらどこが開くのか見てみると面白いですよ👀(特にオクターブキイ!!オクターブキイはネック部分だけではないってご存じでしたか?)

バックナンバー

サックスサロンの詳細については、こちらから↓(体験レッスンのお申し込みフォームもございます。)
 https://www.shimamura.co.jp/shop/kasai/product/20200407/29

※記事中に販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その情報は記事更新時点のものとなります。店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。