1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. かわぐちキャスティ店
  4. 講師紹介
  5. 【フルートサロン】ふるーと日和 vol.1

【フルートサロン】ふるーと日和 vol.1

皆様こんにちは、フルートインストラクターの高比良です。

2012年も残すところ後僅かですね。2012年の内にもう一つ新しいことを始めたい!と思い、フルートサロン「ふるーと日和」と題して、フルートサロンの様子やフルートに関することをお伝えしていけたらと思います。第1回のインストラクター高比良が愛用しているフルートムラマツ PTPモデルについてです!

ムラマツPTP

フルートってどれでも銀なんじゃないの?

フルート

フルートの見た目は銀色をしているので、どれも同じ銀だと思われる方もいらっしゃると思いますが、実は頭部管だけ銀を使っていたり、全部に銀を使っていたり、同じ色をしていても使っているものが部位によって違っていたりします。銀の使用部分が増えると、吹奏感もどっしりとしていて、音色も豊かになってきます。

大きく分けるとこんな感じです。

  • 頭部管が銀製のもの・・・銀の部分以外は洋銀と呼ばれるものを使用しています。入門モデルとして人気です。
  • 管体(指を使うメカニックの部分以外)が銀製のもの・・・銀の使用部位が頭部管よりも広くなっています。
  • 総銀製・・・頭部管から主管、メカニックの部分まで全てに銀を使用しています。とても豊かな響きになります。

ただの銀じゃない!

私が使用しているムラマツのPTPというモデルも、一見すると銀色に見えますが、よく見ると普通の総銀製と銀の色味が違います。
何故かというと、総銀製モデルにプラチナメッキを施しているからなんですね!
プラチナメッキをすると何が違うのか?というと

  • 音色がより深くなる!
  • 手入れが楽(笑)

この2点が大きく違います。私の個人的な感想になりますが、音色は、プラチナメッキをしただけでこんなに違うの??という位違います!手入れが楽というのは、銀だとどうしても酸化してくすみが出てきますが、私はPTPを使用して15年経ちますがまだまだピカピカです。ただプラチナメッキは傷が付くと剥がれやすくなるので、大切に使いましょう!

プラチナメッキ仕様総銀製フルート

この写真の上にあるものがプラチナメッキのモデル。下が銀製のもの。
音色が気になる!という皆様、インストラクターの高比良に是非お声かけ下さい!1曲プレゼントさせていただきます。

インストラクター紹介はこちら


お問合せ 島村楽器ミュージックサロン川口 048-242-0622 高比良
  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
  • 店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

「講師紹介」カテゴリー最新情報

上へ戻る

  1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. かわぐちキャスティ店
  4. 講師紹介
  5. 【フルートサロン】ふるーと日和 vol.1