1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. かわぐちキャスティ店
  4. お知らせ
  5. 【講師トーク】オーボエ科講師 澁谷 哲久の部屋~オーボエレッスンの良さ~

【講師トーク】オーボエ科講師 澁谷 哲久の部屋~オーボエレッスンの良さ~

※記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
※店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

第35回目は、オーボエ科講師の澁谷 哲久先生です!
こんにちは、スタッフの伊藤です!第35回目のトークはオーボエ科講師の澁谷 哲久先生にインタビュー致しました!

澁谷先生、宜しくお願い致します!

オーボエを吹き始めたころ

先生はいつからオーボエを始めたのですか?

「僕は、中学の吹奏楽部からです。もともと吹奏楽部に興味があったので。」

初めからオーボエパートに入れましたか?

「それがなれず・・・というのも私、ファゴットが吹きたくて部活に入ったんですよ、でも当時ファゴットパートは先輩で埋まっていて、新入部員が入るところがありませんでした。」

それは残念ですね・・・それでなぜオーボエに?

「顧問の先生がダブルリード楽器だし、オーボエどう?という一言で、オーボエパートになりました(笑)今考えたら、ダブルリードとはいえ、オーボエとファゴットじゃ違うだろう!と思ってるんですけどね(笑)」

そうですね。

「ちなみに中学の吹奏楽部員は約70名でした。」

澁谷先生×オーボエ

島村楽器ミュージックサロン川口 オーボエ

高校時代も吹奏楽部所属ですか?

「そうです。高校は吹奏楽部の盛んなところに行きました。中学で3年間オーボエを吹いていたことで、オーボエいいな!と思い始めていたので、オーボエパートに入りました。」

やはり3年間演奏していると、思いも変わってくるんですかね。

「そうみたいですね(笑)」

高校卒業後はどうされたのですか?

「四年制の音大に進学ですね。四年演奏技術を学んだあと、ディプロマ科という、大学でいう研究科のような学科も行きましたね。」

そうなんですね。

「中学生当時の私には考えなかったでしょうね。ファゴットが吹きたくて入った部活でオーボエの魅力に触れ、オーボエの演奏技術を学ぶためにディプロマ科に行くとは思わなかったんじゃないですか(笑)」

そうかもしれませんね(笑)

オーボエメーカーについて

では、先生の音楽経歴を聞いたところで、出会った「オーボエ」についてお聞きしたいと思います。

「はい、なんでしょうか(笑)」

オーボエの有名なメーカーはどこですか?

「ひとつには絞りきれませんが・・・オーボエ3大メーカーといえば、「リグータ」・「ロレー」そして「マリゴー」という名前のメーカーです!」

先生はどこのメーカーの楽器を使われているんでしょうか?

「私は、マリゴーを使っています。」

それはどうしてですか?

「オーボエを始めて最初に購入した楽器がヤマハだったのですが、楽器に慣れてきてさらにオーボエの音色に重視して二本目の楽器を探していたときに出会ったのが、マリゴーというメーカーでした。マリゴーのもつダークメローな音色が気に入ったので。」

先生ちなみに、ダークメローとはどんな意味合いでしょうか?

「ダークメローとは、暗くてあまい音色のことです。響きの太さ、柔らかい音色が特徴です。」

なるほど!それでは、各メーカーの特徴を簡単に教えてください!

「そうですね~、3つのメーカーを比較して考えると・・・

メーカー 音色
リグータ 明るめ
ロレー 明るいと暗いの間
マリゴー 暗め・落ち着いた音色

といった印象です。マリゴーの暗めな音色は落ち着きがあって、どちらかというと日本人が好む音色だと思いますよ。

やはりメーカーによって、それぞれ特徴がありますね。

オーボエ×レッスン

島村楽器ミュージックサロン川口 オーボエレッスン

オーボエを吹く上でどんなところが難しいですか?

「オーボエは息があまる楽器なので、ブレスコントロールが難しいといわれます。息を吸うブレス・息を吐くブレスをしっかりコントロールするのがポイントですね。あとよく言われるのが、音程をとるのが難しいということです。」

たしかに、よく音程をとるのが難しいというのを聴きますね。

「ですよね。リードとリードの間に息を通して音を出すので、息の圧力も肝心なんですよ。」

オーボエならではの難しいところもありそうですね。

「そのかわり、いいところもありますよ!オーボエの音色って、他の楽器にはない音色を奏でますよね。唯一無二といいますか、一度聞いたら忘れられないような、印象に残る音色だと思います。音のボリュームは他の楽器と比べてしまうと、大小でるわけではないですけどね。それに、これは他楽器も同様にいえますが、コツコツと練習することで上達が感じられるので、長く付き合うには最適の楽器だと思います!地道に演奏能力を上げていきたいタイプの方には、是非オススメしたいですね!!

レッスンでオーボエを習うと、どんなことがメリットに感じられますか?

「一人で演奏していては自分がどう吹いているのかわからないですよね。でもレッスンにお越しくだされば、30分間ワンツーマンで演奏を見ることができます。さっきもいったように、オーボエは他の楽器に対してキイも多いですし、音色をつくるのが難しいといわれるので、吹いてみたいなという方は独学より断然レッスンに通って、「演奏を見てくれる人」が隣にいた方がいいと思います!あとは、ダブルリード奏者は基本、自分でリードを作成しますので、その点でいえば安定したリードを使えるというのもメリットだと思います。

レッスンでしっかりと学んでいくのが、上達の近道ですね!澁谷先生、ありがとうございました!

オーボエ教室開講中!会員募集中!

コース 開講曜日 講師 レッスン形態 月謝 運営管理費
オーボエ科 澁谷 哲久 個人 ¥9,720~(税込) ¥1,620(税込)

ご興味のある方は是非お気軽に、オーボエ科にお申し込み下さい!

前回の講師トークはこちらから!

【講師トーク】トロンボーン科講師 宮崎 美穂の部屋~トロンボーン語りつくし~をご覧下さい!



お問い合わせ

音楽教室 秋のご入会キャンペーン お申し込み受付中!

店舗名 かわぐちキャスティ店
アクセス 〒332-0017
埼玉県川口市栄町3-7-1 かわぐちキャスティ 5F
営業時間 10:00〜21:00
電話番号 048-242-0622
電話をかける

音楽教室総合案内ページはこちら♪

体験レッスン・資料請求のお申込みはこちら

  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
  • 店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

「お知らせ」カテゴリー最新情報

上へ戻る

  1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. かわぐちキャスティ店
  4. お知らせ
  5. 【講師トーク】オーボエ科講師 澁谷 哲久の部屋~オーボエレッスンの良さ~