【新入生応援!】吹奏楽部ってどんな部活?元吹奏楽部の楽器店スタッフが吹奏楽部についてお教えします!

イオンモール伊丹昆陽店

イオンモール伊丹昆陽店店舗記事一覧

2022年04月02日

CONTENTSこの春、吹奏楽部に入部したい人必見!吹奏楽部のリアルとは?紹介するメンバーはこの4人!【質問①】楽器パートはどうやって決まったの?【質問②】自分の楽器は絶対買わないといけないの?【質問③】入部したらどのくらいお金がかかるの?【質問④】普段の部活中はどんなことをするの?練習時間はどのく […]

この春、吹奏楽部に入部したい人必見!吹奏楽部のリアルとは?

皆さんこんにちは。島村楽器伊丹昆陽店の管楽器担当:小林(こばやし)です。

この春から吹奏楽部に入部したいな~とお考えの方、必見です!!

元吹奏楽部の楽器店スタッフが、当時の記憶をたどり、吹奏楽部時代のあれやこれやをお伝えします!

「入部するにあたってかかる費用は?」
「自分の楽器って絶対に買わなきゃいけないの?」
「先輩って怖い人が多いの・・・?」
「文化部だけど練習がキツイって本当・・・?」

などなど、、これから入部するにあたって不安に感じていることや、知っておくと役立つ情報をドドンとお届けします!

今回はフルート・サックス・クラリネット・オーボエパート(たまたま全員木管パートでした)で吹奏楽部に所属していたスタッフがお伝えします♪

なお、こちらの記事はあくまでスタッフの経験上に基づいたもので、全ての吹奏楽部で当てはまるものではございませんので、ご参考までにしていただきますと幸いです。

紹介するメンバーはこの4人!

フルートに元々憧れがあり、母が趣味でフルートを演奏していたこともあり、吹奏楽部に入部したいと決意。コンクールなども頻繁に出場するような学校でした。中2も冬にPearlのcantabileというフルートを購入し、そこから高校・大学とずっとフルートを続けています。 フルートに元々憧れがあり、母が趣味でフルートを演奏していたこともあり、吹奏楽部に入部したいと決意。コンクールなども頻繁に出場するような学校でした。中2も冬にPearlのcantabileというフルートを購入し、そこから高校・大学とずっとフルートを続けています。
中学で何部に入部しようか悩んだ時、運動は嫌いなので、文化部の中でなるべく楽な部活がいいと思い、元々ピアノを幼少期から習っていて音楽が好きだったので、自ずと吹奏楽部に入部を決意。コンクールにバンバン出場するような部活ではなく、ゆる~く楽しく気楽に活動していました。ちなみに高校には吹奏楽部はなかったので、中学3年間だけで吹奏楽活動は終了しました。 中学で何部に入部しようか悩んだ時、運動は嫌いなので、文化部の中でなるべく楽な部活がいいと思い、元々ピアノを幼少期から習っていて音楽が好きだったので、自ずと吹奏楽部に入部を決意。コンクールにバンバン出場するような部活ではなく、ゆる~く楽しく気楽に活動していました。ちなみに高校には吹奏楽部はなかったので、中学3年間だけで吹奏楽活動は終了しました。
私のサックスとの出会いは中学の吹奏楽部です♪今でもサックスを続けているなんて当時は想像していなかったですが・・・<br />
中学生の思い出といえば、『吹奏楽部!』というくらい中学時代は部活漬けの日々でした。<br />
サックスに出会えてよかったです!! 私のサックスとの出会いは中学の吹奏楽部です♪今でもサックスを続けているなんて当時は想像していなかったですが・・・
中学生の思い出といえば、『吹奏楽部!』というくらい中学時代は部活漬けの日々でした。
サックスに出会えてよかったです!!
小学3年生から6年生までは金管バンドでコルネットを経験し、中学からはオーボエを担当。本当はフルートが第1希望でしたが、フルートは人気で人員オーバーし、あまり人気のないオーボエ担当になりました。が、そのまま高校・大学はオーボエの楽器推薦で入学し、大学1回生の時に自分のオーボエ(Marigauxの901)をローンで購入しました。まだ支払い中です!(笑)<br />
小学3年生から6年生までは金管バンドでコルネットを経験し、中学からはオーボエを担当。本当はフルートが第1希望でしたが、フルートは人気で人員オーバーし、あまり人気のないオーボエ担当になりました。が、そのまま高校・大学はオーボエの楽器推薦で入学し、大学1回生の時に自分のオーボエ(Marigauxの901)をローンで購入しました。まだ支払い中です!(笑)

【質問①】楽器パートはどうやって決まったの?

仮入部で希望の楽器を吹いて、先輩が判断するようなシステムでした。競争率が高い楽器はオーディションをしたり、先生が口の形を見たりして決定していました。元々楽器を持っていれば、よっぽどのことがない限り優遇されていました。<br />
仮入部で希望の楽器を吹いて、先輩が判断するようなシステムでした。競争率が高い楽器はオーディションをしたり、先生が口の形を見たりして決定していました。元々楽器を持っていれば、よっぽどのことがない限り優遇されていました。
仮入部期間で全ての楽器のパートをローテーションして体験し、2週間後くらいに第3希望まで提出し、マウスピースだけ吹いてオーディションをして決定しました。私は絶対にクラリネットがしたかったので、他の楽器のオーディションは少し手を抜きました。。(笑) 仮入部期間で全ての楽器のパートをローテーションして体験し、2週間後くらいに第3希望まで提出し、マウスピースだけ吹いてオーディションをして決定しました。私は絶対にクラリネットがしたかったので、他の楽器のオーディションは少し手を抜きました。。(笑)
仮入部期間にいろいろな楽器を経験し、入部後に希望を出しました。どのくらい吹けていたかや向き不向き(体格や口元)など、いろいろな要素から判断し先生や先輩に決めてもらいました。<br />
仮入部期間にいろいろな楽器を経験し、入部後に希望を出しました。どのくらい吹けていたかや向き不向き(体格や口元)など、いろいろな要素から判断し先生や先輩に決めてもらいました。
仮入部の時に自分が吹きたい楽器を体験して、先生の前で演奏しました。ただとにかくオーボエが人員不足で、とりあえず全員オーボエを吹かされていました。(笑) 演奏以外も先生と面談したりして、決まりました。 仮入部の時に自分が吹きたい楽器を体験して、先生の前で演奏しました。ただとにかくオーボエが人員不足で、とりあえず全員オーボエを吹かされていました。(笑) 演奏以外も先生と面談したりして、決まりました。

【質問②】自分の楽器は絶対買わないといけないの?

私の学校は強豪校だったので、チューバなど大きい楽器でも自分で買うことを推奨していました。部員の7~8割は自分の楽器を持っていました。<br />
私は中2の冬に自分の楽器を購入しました。試奏をたくさんして、フルートのレッスンの先生と相談して自分に合ったものを選びました。最初は音が鳴りやすい楽器を選ぼうとしていましたがレッスンの先生に「今は鳴らしやすくても物足りなさを感じるときが必ず来るよ。」と言われ、Pearlのcantabileに決めました。結果高校、大学、社会人になっても買い替えの必要が無い相棒になりよかったと心から思っています。<br />
楽器は絶対買わなければいけないということではありませんが、新しい楽器は自分の実力と一緒に成長してくれます。モチベーションも上がるので確実に上達も早くなりますよ♪ 私の学校は強豪校だったので、チューバなど大きい楽器でも自分で買うことを推奨していました。部員の7~8割は自分の楽器を持っていました。
私は中2の冬に自分の楽器を購入しました。試奏をたくさんして、フルートのレッスンの先生と相談して自分に合ったものを選びました。最初は音が鳴りやすい楽器を選ぼうとしていましたがレッスンの先生に「今は鳴らしやすくても物足りなさを感じるときが必ず来るよ。」と言われ、Pearlのcantabileに決めました。結果高校、大学、社会人になっても買い替えの必要が無い相棒になりよかったと心から思っています。
楽器は絶対買わなければいけないということではありませんが、新しい楽器は自分の実力と一緒に成長してくれます。モチベーションも上がるので確実に上達も早くなりますよ♪
私の学校ではコンクールも出場しておらず、ゆる~い部活だったので、楽器の購入は強制ではなく、学校の備品を使っている子が大半でした。その中でもMy楽器を買っている子は1割程度いました。ただ学校の備品は古いものが多く、1年生は特に状態が悪いものを充てられることが多い(学年があがると新しく状態が良いものが充てられていました)ので、パフォーマンスをより良いものにするには絶対に自分の楽器を買った方が良いと今になって思います。 私の学校ではコンクールも出場しておらず、ゆる~い部活だったので、楽器の購入は強制ではなく、学校の備品を使っている子が大半でした。その中でもMy楽器を買っている子は1割程度いました。ただ学校の備品は古いものが多く、1年生は特に状態が悪いものを充てられることが多い(学年があがると新しく状態が良いものが充てられていました)ので、パフォーマンスをより良いものにするには絶対に自分の楽器を買った方が良いと今になって思います。
私の学校は、コンクールやコンサートも盛んな学校だったのでMy楽器を持っている人が多かったです。私も2年生になるタイミングで楽器を購入しました!あれから14年、今でも愛用しています🎷(YAMAHAのYAS-875EX) 私の学校は、コンクールやコンサートも盛んな学校だったのでMy楽器を持っている人が多かったです。私も2年生になるタイミングで楽器を購入しました!あれから14年、今でも愛用しています🎷(YAMAHAのYAS-875EX)
コンクールには出場しているような学校でしたが、ほぼ全員が学校の備品を使用しており、高校に入学してから購入する人が多かったです。 コンクールには出場しているような学校でしたが、ほぼ全員が学校の備品を使用しており、高校に入学してから購入する人が多かったです。

【質問③】入部したらどのくらいお金がかかるの?

楽器を買う買わないは除いて、入部するとほぼ確実に購入するのがチューナー・お手入れセット・楽譜フォルダ・クリップなどは自分持ちです。(大体これらで1万円~2万円くらいでしたね!)<br />
それから、これはどの部活動にも言えることかもしれませんが、保護者の方の協力なしでは成り立たないです。私の場合は中学では一年に1万円ほどを部費として納めてもらっていました。大会や本番も年に40回ほどあったので、送迎に協力して頂いたりお弁当を持たせてもらったりと感謝しています。お金や時間をかけてもらっているからこそ、感謝は絶対に実力で恩返ししようと必死に練習していました。(笑) 楽器を買う買わないは除いて、入部するとほぼ確実に購入するのがチューナー・お手入れセット・楽譜フォルダ・クリップなどは自分持ちです。(大体これらで1万円~2万円くらいでしたね!)
それから、これはどの部活動にも言えることかもしれませんが、保護者の方の協力なしでは成り立たないです。私の場合は中学では一年に1万円ほどを部費として納めてもらっていました。大会や本番も年に40回ほどあったので、送迎に協力して頂いたりお弁当を持たせてもらったりと感謝しています。お金や時間をかけてもらっているからこそ、感謝は絶対に実力で恩返ししようと必死に練習していました。(笑)
10年以上前のことなので、当時の記憶があやふやなのですが、、(笑)<br />
最初に楽器本体以外に必要なお手入れ用品やチューナーなどのグッズ代として1~2万円ほどかかり、毎月部費が数千円ほど、またクラリネットはリードは消耗品なので、年に2回ほど10本セット(約4,000円程度)を購入していました。 10年以上前のことなので、当時の記憶があやふやなのですが、、(笑)
最初に楽器本体以外に必要なお手入れ用品やチューナーなどのグッズ代として1~2万円ほどかかり、毎月部費が数千円ほど、またクラリネットはリードは消耗品なので、年に2回ほど10本セット(約4,000円程度)を購入していました。
・・・覚えていないです(笑)<br />
リードや必須のお手入れ用品などは購入していました。近所に楽器店が無かったので学校でまとめて購入していた気がします。<br />
あとはコンサートやコンクール時の費用は部費を集めて実施していたと思います。<br />
・・・覚えていないです(笑)
リードや必須のお手入れ用品などは購入していました。近所に楽器店が無かったので学校でまとめて購入していた気がします。
あとはコンサートやコンクール時の費用は部費を集めて実施していたと思います。
毎月3000円ほどの部費がかかり、お手入れ用品は自分で購入して、リードなどの消耗品は学校が最低限用意してくれていましたが、物足りない子は自分で追加で買っていました。団体のコンクールも毎年出場していましたが、遠征費なども部費から捻出されていた(はず)。ただ個人で出場するソロコンなどの出演費は自腹でした(約5000円弱) 毎月3000円ほどの部費がかかり、お手入れ用品は自分で購入して、リードなどの消耗品は学校が最低限用意してくれていましたが、物足りない子は自分で追加で買っていました。団体のコンクールも毎年出場していましたが、遠征費なども部費から捻出されていた(はず)。ただ個人で出場するソロコンなどの出演費は自腹でした(約5000円弱)

【質問④】普段の部活中はどんなことをするの?練習時間はどのくらい?

平日は毎日3時間ほど練習、休日は9:00~18:00で、令和の時代に合っていないかもしれませんが、1日中練習していました。<br />
1年生はロングトーンやタンギング練習などの基礎練習をしてから、練習曲や本番用の曲の練習、2年生は応用力をつけるため、基礎練習に加え、ソノリテ、ビブラート練習を行い、後輩指導を実施。そして3年生では、当時パートリーダーと部長を兼任していたので、自分の練習は隙間時間を見つけてしっかりした上で、後輩指導やパート練習に徹していました。2年生までにしっかりと実力をつけることがポイントです★ 平日は毎日3時間ほど練習、休日は9:00~18:00で、令和の時代に合っていないかもしれませんが、1日中練習していました。
1年生はロングトーンやタンギング練習などの基礎練習をしてから、練習曲や本番用の曲の練習、2年生は応用力をつけるため、基礎練習に加え、ソノリテ、ビブラート練習を行い、後輩指導を実施。そして3年生では、当時パートリーダーと部長を兼任していたので、自分の練習は隙間時間を見つけてしっかりした上で、後輩指導やパート練習に徹していました。2年生までにしっかりと実力をつけることがポイントです★
1年生の頃はとにかく基礎練習を行い、まずは綺麗に音が鳴らせるようにひたすら地味な練習を行っていました。初めての本番は6月頃に地域交流会という近隣の学校やサークルの方が発表する場に出演しました。曲は忘れましたが、非常に緊張した記憶があります。。<br />
基礎練習の他にもパート練習というパート毎に集まって練習することが多く、同じパートの人とは一緒に練習する時間が長く、逆に金管楽器やパーカッションの人とは全体練習でしか一緒に演奏していなかった記憶です。 1年生の頃はとにかく基礎練習を行い、まずは綺麗に音が鳴らせるようにひたすら地味な練習を行っていました。初めての本番は6月頃に地域交流会という近隣の学校やサークルの方が発表する場に出演しました。曲は忘れましたが、非常に緊張した記憶があります。。
基礎練習の他にもパート練習というパート毎に集まって練習することが多く、同じパートの人とは一緒に練習する時間が長く、逆に金管楽器やパーカッションの人とは全体練習でしか一緒に演奏していなかった記憶です。
基本は平日の放課後と土日に活動。自主的に朝や昼も練習できました。平日は個人での練習、土日は合奏やパート練習が多かったです。<br />
私の学校では、春は定期演奏会・夏は吹奏楽コンクール・秋は文化発表会・冬はアンサンブルコンテストやソロコンテストがあったので<br />
本番に合わせて曲の練習をしていました。楽器の吹き方は先輩が教えてくれました!学校によって練習方法がいろいろあるみたいですね。<br />
また、外部講師を招いて指導をしていただく学校もあると思います♪<br />
基本は平日の放課後と土日に活動。自主的に朝や昼も練習できました。平日は個人での練習、土日は合奏やパート練習が多かったです。
私の学校では、春は定期演奏会・夏は吹奏楽コンクール・秋は文化発表会・冬はアンサンブルコンテストやソロコンテストがあったので
本番に合わせて曲の練習をしていました。楽器の吹き方は先輩が教えてくれました!学校によって練習方法がいろいろあるみたいですね。
また、外部講師を招いて指導をしていただく学校もあると思います♪
朝練と午後練に分かれていて、朝練は後輩は先輩より早く来なければいけないという暗黙のルール(笑)があり、6:30に校門の前に待機して、1時間ほど練習。午後練は2時間くらい練習、土日は7時間ほどで、本番前でなければ月に4日ほど休みがあり、本番2週間前くらいからは休みなしで、毎土日練習しに部活に行っていました。<br />
朝練と午後練に分かれていて、朝練は後輩は先輩より早く来なければいけないという暗黙のルール(笑)があり、6:30に校門の前に待機して、1時間ほど練習。午後練は2時間くらい練習、土日は7時間ほどで、本番前でなければ月に4日ほど休みがあり、本番2週間前くらいからは休みなしで、毎土日練習しに部活に行っていました。

【質問⑤】先輩や後輩とは仲がよかった?

「仲良し」よりも「仲間」であることを意識していました。<br />
相手に必要だと思う意見は伝え合う、お互いに演奏を聴いてもらってアドバイスをもらう(先輩後輩関係なく!)等、パートや部活動を活発にしていくために大切なことは何かを考えて取り組んでいました。<br />
当然ぶつかり合うこともありましたが、必要なことなのであればそれも大事な経験です!<br />
大会で良い結果を取れればどんな経験も報われることを信じて切磋琢磨していました。実際、大人になってもいい関係です! 「仲良し」よりも「仲間」であることを意識していました。
相手に必要だと思う意見は伝え合う、お互いに演奏を聴いてもらってアドバイスをもらう(先輩後輩関係なく!)等、パートや部活動を活発にしていくために大切なことは何かを考えて取り組んでいました。
当然ぶつかり合うこともありましたが、必要なことなのであればそれも大事な経験です!
大会で良い結果を取れればどんな経験も報われることを信じて切磋琢磨していました。実際、大人になってもいい関係です!
私は当時個人的に通っていたピアノのレッスンが忙しく、部活に頻繁に行けておらず、正直先輩・後輩とは私自身そこまで仲良し!という感じではなかったです。。(笑)<br />
ただパート毎で部員の仲の良さに差があると感じており、私の印象ではフルート・クラリネット・ホルンは仲良し!というより先輩後輩の上下関係がしっかりしていて、金管楽器やパーカッション、サックスは和気あいあいとしていた印象です。(あくまで私個人の印象です!) 私は当時個人的に通っていたピアノのレッスンが忙しく、部活に頻繁に行けておらず、正直先輩・後輩とは私自身そこまで仲良し!という感じではなかったです。。(笑)
ただパート毎で部員の仲の良さに差があると感じており、私の印象ではフルート・クラリネット・ホルンは仲良し!というより先輩後輩の上下関係がしっかりしていて、金管楽器やパーカッション、サックスは和気あいあいとしていた印象です。(あくまで私個人の印象です!)
仲良かったです!と私は思っています(笑)<br />
どの部活でも同じかと思いますが、上下関係は厳しかったので挨拶や言葉遣いなど多くのことを学べました。<br />
一緒に演奏し同じ舞台に立ち、嬉しいことや悔しいことを一緒に経験していくうちにかけがえのない仲間になりました!<br />
卒業してからもOB・OGとして母校と関わる人が多く、今でも繋がりがあります✨<br />
<br />
仲良かったです!と私は思っています(笑)
どの部活でも同じかと思いますが、上下関係は厳しかったので挨拶や言葉遣いなど多くのことを学べました。
一緒に演奏し同じ舞台に立ち、嬉しいことや悔しいことを一緒に経験していくうちにかけがえのない仲間になりました!
卒業してからもOB・OGとして母校と関わる人が多く、今でも繋がりがあります✨

中学は上下関係が非常に厳しい学校で、挨拶や礼儀作法を徹底しており、強靭なメンタルが出来上がり今の自分の強みになりました。(笑)<br />
逆に高校の方が緩く、プライベートでも仲良く過ごしていました。先輩はちょっと怖い、、というイメージがあり、少し近寄りがたい印象がありましたが、後輩とは仲良くしていた(つもり)です。 中学は上下関係が非常に厳しい学校で、挨拶や礼儀作法を徹底しており、強靭なメンタルが出来上がり今の自分の強みになりました。(笑)
逆に高校の方が緩く、プライベートでも仲良く過ごしていました。先輩はちょっと怖い、、というイメージがあり、少し近寄りがたい印象がありましたが、後輩とは仲良くしていた(つもり)です。

【質問⑥】吹奏楽部に入って大変だったことは?

年功序列ではなく、実力主義だったので先輩ではなく後輩がコンクールでソロを吹くことも多々ありました。先輩は抜かすために居る存在、でも最も大切にすべき存在との考えが浸透していたので、人間関係はしっかり築きながら実力を付けていくことが大変でした。本番も非常に多く、マーチングコンテストでも全国大会に出場していましたので、振り付けを覚えたり、暗譜したりと常に頭をフル回転させていました(笑) 年功序列ではなく、実力主義だったので先輩ではなく後輩がコンクールでソロを吹くことも多々ありました。先輩は抜かすために居る存在、でも最も大切にすべき存在との考えが浸透していたので、人間関係はしっかり築きながら実力を付けていくことが大変でした。本番も非常に多く、マーチングコンテストでも全国大会に出場していましたので、振り付けを覚えたり、暗譜したりと常に頭をフル回転させていました(笑)
コンクールにバンバン出場するような強豪校ではなかったので、練習量はそこまで多くなかったので、あまり大変だと感じることは少なかったです。強いて言うなら、冬の時期に練習場所が廊下しかない時、めちゃくちゃ寒かったのでつらかった思い出があります。。 コンクールにバンバン出場するような強豪校ではなかったので、練習量はそこまで多くなかったので、あまり大変だと感じることは少なかったです。強いて言うなら、冬の時期に練習場所が廊下しかない時、めちゃくちゃ寒かったのでつらかった思い出があります。。
多分当時はたくさん喧嘩してたくさん悩んで…いろいろとあったと思うのですが、今となっては良いことしか覚えてません!!(笑)<br />
もちろん練習は大変でした!休みも少ないし…ただ、その分上達を実感できたのでがんばれました。 多分当時はたくさん喧嘩してたくさん悩んで…いろいろとあったと思うのですが、今となっては良いことしか覚えてません!!(笑)
もちろん練習は大変でした!休みも少ないし…ただ、その分上達を実感できたのでがんばれました。
中学では練習がきつく、特にコンクール前などピリピリしていて大変でしたが、その分本番を終えた時の達成感はひとしおでした。特にオーボエはソロが多かったので、プレッシャーはありましたが、責任感が芽生え、努力することができました。<br />
また大学時代のことですが、コロナ禍での練習は制限がかけられているため、思い通りの練習ができなくて大変でした。フェイスシールドを装着しての練習を行っていましたが、楽譜が反射して見えなかったり、普段通りの練習ができずやきもきしました。<br />
中学では練習がきつく、特にコンクール前などピリピリしていて大変でしたが、その分本番を終えた時の達成感はひとしおでした。特にオーボエはソロが多かったので、プレッシャーはありましたが、責任感が芽生え、努力することができました。
また大学時代のことですが、コロナ禍での練習は制限がかけられているため、思い通りの練習ができなくて大変でした。フェイスシールドを装着しての練習を行っていましたが、楽譜が反射して見えなかったり、普段通りの練習ができずやきもきしました。

【質問⑦】吹奏楽部に入って良かったことは?

「人間関係=吹奏楽関係で出会った人」と言っても過言ではないくらい、私の周りの人は音楽であふれています♪今の職場ももちろん、音楽を介して出会った人、ずっとずっと大切にしていきたいです✨ 「人間関係=吹奏楽関係で出会った人」と言っても過言ではないくらい、私の周りの人は音楽であふれています♪今の職場ももちろん、音楽を介して出会った人、ずっとずっと大切にしていきたいです✨
本番にみんなで息の合った演奏ができた時が一番楽しかったです。大勢で一つの曲を仕上げる達成感や楽しさは、唯一無二だと感じます。大人になった今、なかなかそういった機会はないので、学生の内に経験するべきです! 本番にみんなで息の合った演奏ができた時が一番楽しかったです。大勢で一つの曲を仕上げる達成感や楽しさは、唯一無二だと感じます。大人になった今、なかなかそういった機会はないので、学生の内に経験するべきです!
吹奏楽に入ってサックスと出会えたこと、多くの仲間と出会えたことです!!<br />
<br />
<br />
<br />
吹奏楽に入ってサックスと出会えたこと、多くの仲間と出会えたことです!!



本番を終えるごとに「音楽をしていてよかったな~」と思えることが、吹奏楽部に入部して一番良かったことです!また本番でお客様からの拍手をもらえると、「練習頑張ってよかった!次も頑張ろう!」という気持ちになれるのが、吹奏楽の醍醐味です! 本番を終えるごとに「音楽をしていてよかったな~」と思えることが、吹奏楽部に入部して一番良かったことです!また本番でお客様からの拍手をもらえると、「練習頑張ってよかった!次も頑張ろう!」という気持ちになれるのが、吹奏楽の醍醐味です!

レッツ エンジョイ ブラスバンド♪

いかがでしたでしょうか?先輩たちのリアルな体験談はお役に立ちましたでしょうか?

島村楽器イオンモール伊丹昆陽店では、吹奏楽部員を応援します!

「My楽器を購入したい!でもどれを選べばいいのかわからない・・」

「お手入れセットってどれを選べばいいの?」

など不安なことがたくさんあるかと思いますが、ご安心ください!

皆さんの吹奏楽部ライフのサポートを全力でいたします!!