1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. 広島パルコ店
  4. 音楽教室 お知らせ
  5. 【ピアノ教室】ピアノサロン特別レッスンレポート

【ピアノ教室】ピアノサロン特別レッスンレポート

こんにちは。ピアノインストラクターの原田・浦﨑です!

今回は8/5に島村楽器広島府中店で行われたピアノ特別レッスンの模様をレポートします。

府中店ピアノアドバイザー原田から時代と様式の流れについて

現代の一般的なピアノは88鍵ありますが、その時代のピアノは鍵盤も今よりも少なかったことや、ピアノを作る目的として、とにかく音を大きくするように作られていたというお話など、ピアノの変化について詳しく説明していただきました。

バロック時代の鍵盤楽器についてのお話もありました。

ここではRolandのGP607を使用して、当時の楽器であるチェンバロ(鍵盤を用いて弦をプレクトラムで弾いて発音させる楽器)の音色を楽しんでいただくために、インストラクター浦﨑がバッハ作曲の「シンフォニア第3番」の演奏も行いました。ピアノとは違う音色を感じていただきました。

インストラクター浦﨑によるバロック時代について

そしてバロック時代やバッハについてのお話をさせていただき、最後にバッハ作曲「イギリス組曲3番」の演奏を披露させていただきました。

インストラクター原田による古典派音楽について

古典期のピアノについてお話しと演奏を行い、ベートーヴェンやモーツァルトの演奏やタッチの違いについて、時代によっての演奏のポイントをお話しました。

「ベートーヴェンの曲」をザウターUP114Barockとヤマハのアップライトピアノで弾き比べました。

弾き比べてみるとそのピアノの特徴点がでて、こんなにも違いがあるんだと思いました。

最後にインストラクター原田・浦崎による連弾「空へ」を披露させていただきました。時間が過ぎるのがとても早く、ご来場いただいた方には満足していただける時間となったと思います。

皆様ありがとうございました!

ご来場者様からのコメント

・生演奏を近くで見れて、腕の使い方など参考になりました。
・ピアノの奥深さを知りました。現代にも通じるものがあり興味深く思いました。
・普段、バロックや古典を学べる機会がないので貴重な機会になりました!
・生のピアノの音は定期的に聴くべきだなと思いました。
歴史をあまり勉強したことはないのですが、興味はあったので参加でき新しく学べたこともたくさんあったので、良かったです。時代によって弾き方が異なることが知れたので、これから演奏する時は、頭に入れて取り入れていけたらと思います。これまで何となく弾いていましたが、歴史や時代背景を知って弾くとまた違うと思いました。お二人ともとても素敵な演奏をありがとうございました。また是非機会があれば、ロマン派などのイベントに参加したいです。

インストラクター紹介

原田知華

プロフィール

幼少の頃からクラシックピアノを勉強し、大学ではピアノの他にエレクトーンも受講。ピアノを廣澤 久美子、宮入 友子、北林 聖子、エレクトーンを岡川 玲子の各氏に師事
エリザベト音楽大学 音楽学部演奏学科ピアノ専攻卒業

詳しいインストラクタ―紹介はこちら

浦﨑祐梨菜

プロフィール

幼少の頃からクラシックピアノを勉強。これまでに宮入友子、大田真理子、志鷹美沙、垣内敦、横山幸雄、杉谷昭子の各氏に師事。広島音楽高等学校 ピアノ科、エリザベト音楽大学 音楽学部演奏学科 鍵盤楽器 ピアノ専攻卒業。

詳しいインストラクター紹介はこちら

お問い合わせ

店舗名 島村楽器 広島パルコ店
電話番号 082-542-2212
営業時間 10:00~20:30
担当 原田・浦崎(はらだ・うらさき)
  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
  • 店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

「音楽教室 お知らせ」カテゴリー最新情報

上へ戻る

  1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. 広島パルコ店
  4. 音楽教室 お知らせ
  5. 【ピアノ教室】ピアノサロン特別レッスンレポート