1. 【高機能マルチエフェクター】ケンパー、Helix、フラクタルのの3種の神器特集!

【高機能マルチエフェクター】ケンパー、Helix、フラクタルのの3種の神器特集!

【期間限定】分割払い無金利キャンペーン開催中!

詳しくは下のバナーををクリックorタップしてください!!

無金利キャンペーン 4月1日~5月31日

今や様々なギターマルチプロセッサーが登場してきています。
ひと昔前はアンプシミュレーターといえばLINE6のPODなどしか選択肢が無かったものですが、今では低価格帯から高価格帯まで様々なマルチが産まれ、選べる幅がぐっと広がりました。しかし!いざ選択肢が増えるとどれにすれば良いか悩んだり困ってしまう方もいらっしゃるかと思います。

Axe-Fx2、Kemper、HELIX...どれを選べば良いか分からない...
もちろん、選択肢が多いというのは嬉しいことではあるのですが...アンプシミュレーターに乗り換えようとしている方からするとそれぞれのメーカーの商品をいちから調べあげるのはとても大変です。
ということで、悩める方々がどれを買えばいいか分かるように、簡単にそれぞれの特徴を解説しようと思います。
後半で用途別にオススメも紹介させて頂いていますので、どれを買うか悩まれている方の参考になるかと思います!では早速それぞれ3機種の特徴を表で見てみましょう。


Axe-Fx2 / Kemper / HELIX 機能早見表

Axe-Fx2 XL+ Kemper Profiling Amp Helix Rack
パワーアンプ 非搭載 搭載型有 非搭載
Ampの種類 チャンネル別259種類 10000以上 70種類
Effectの種類 約150種類 約80種類 111種類
CAB IR読込機能
エフェクトレーンの数 縦4レーン&横12レーン 横8レーン 縦2レーン(×2)&横8レーン
Dual Amp 不可
I/O 2In 2Out 2In 2Out 6In 4Out(モデルにより変動あり)
エディター 有(アンプブロックのみ)
CAB IR読込機能 有(要変換) 有(要変換) 有(WAV対応)
Tone Match機能 有(Profiling機能)

といった感じでしょうか。
比べてみると色々と違いがあることがよくわかりますね。
この表だけではイマイチ各種メーカーの機種の良さが分かりづらいかと思いますので、それぞれを詳しく解説していきます。


Axe-Fx2 XL+

メーカー 型名 価格(税込) 36回クレジット無金利キャンペーン36回払い月々の料金(目安です。詳しくは店頭・お電話で)
Fractal Audio Systems Axe-Fx2 XL ¥388,800 ¥10,800
Axe-Fx2 XL+の特徴

・膨大なエフェクト数と厳選されたアンプシミュレーター
・尚且つそれぞれのエフェクトブロックのパラメーターを非常に細かく調節可能
・縦4レーン、横12レーンあるエフェクトレーンでまるで巨大なラックシステムのような多彩なルーティングを実現可能
・Tone Macth機能により憧れのアーティストのサウンドを再現可能
・各ブロックに備わったX/Yスイッチングシステムにより各エフェクトブロック1つに2つのパラメーターを保存可能
・SCENE機能搭載でプリセット内でのエフェクトのオンオフ、X/Yの切り替えを一括で管理可能

...といったところでしょうか。
それではAxe-FxⅡ独自の機能に重点を置いて説明していきます。
Axe-FxⅡで特筆すべき点はエフェクトレーン、X/Yスイッチングシステム&SCENE機能の3つでしょうか。



①縦4×横12という数により多彩なルーティングを可能としたエフェクトレーン

Axe-Fx2は、4×12のレーンに4台のギターアンプに相当する2つのアンプブロック、14種類のエフェクターと巨大なラックタイプに相当するギターサウンドシステムを構築できます。まさに不可能はないに等しいですね。



②X/Yスイッチングシステム&SCENE機能

Axe-FxⅡには非常に便利な機能がいくつかあるのですが、その中でも特に便利だと思う機能がX/YスイッチングシステムSCENE機能です。

まずはこちらをご覧ください。Axe-FxⅡをPCにて制御可能なAxe-Editというソフトの画面です。
シンプルなセッティングのプリセットが表示されていますが...この時点ではドライブ、アンプ、キャビ、リバーブのみがオンになっています。
右上にある赤いSAVEボタンの左隣にあるScene Slectが1⃣になっているのが分かりますでしょうか?
これを2⃣に切り替えると...



SCENE1⃣でオフだったエフェクトが全てONになりました。
SCENE機能とは、それぞれのSCENEに各エフェクトブロックのオンオフを保存しておける、いわばプリセットの中のプリセットなのです。
そしてSCENE機能はそれだけではありません。
SCENEを3⃣に切り替えると...


パっと見変化が無いように見えますが...1つ前の画像と見比べてみてください。各エフェクトブロックの左上に書いてあった”X”の表示が消え、右上に”Y"と表示されています。これがX/Yスイッチングシステムです。
X/Yスイッチングシステムとは、それぞれのエフェクトブロックのXとYに別々のタイプのエフェクトとパラメーターを保存しておける、エフェクトブロックのプリセットです。
つまり1つのエフェクトブロックで2種類のエフェクトを使えるような感じですね。
このSCENE機能とX/Yスイッチングシステムのおかげで、Axe-FxⅡは膨大なラックシステムと同規模のシステムを構築可能なのです。
何より、SCENEはプリセットの切り替えとは原理が違うので、ほぼゼロレイテンシーでエフェクトの切り替えが可能なのもポイントです。

以上、Axe-FxⅡのご紹介でした。



HELIX Rack&Floor

メーカー 型名 価格(税込) 36回クレジット無金利キャンペーン36回払い月々の料金(目安です。詳しくは店頭・お電話で)
LINE6 HELIX Floor ¥213,840 ¥5,900
LINE6 HELIX RACK ¥192,240 ¥5,340
HELIX Rack&Floorの特徴

・70種類のアンプ、111種類のエフェクト、37種類のキャビ、16種類のマイクを搭載
・HELIXの為に開発された独自の高品質なHXモデリングを搭載
・Helix Floor/Helix Rack/HELIX LT/Helix Native全てでプリセットの共有が可能
・マルチエフェクト・プロセッサー同クラス一のDSPパワー
・パワフルなI/Oによりシステム構築がより簡単になり高い柔軟性を実現
・6.2インチ カラーディスプレイ、8イン/8アウトUSBオーディオ・インターフェース

HELIXはPODシリーズでお馴染みのLINE6が新開発したマルチギタープロセッサーです。
HELIXの特筆すべき点は、ペダルエディットモード、SNAPSHOT機能、エフェクトレーン、豊富なIn/Outでしょうか。

①ペダルエディットモード

HELIXの特に便利だと感じる機能がペダルエディットモード。
これまで、フロアタイプのマルチのパラメーターを調整するにはいちいちしゃがんで調整して...という体力的にしんどい(?)動作が必要でしたが、HELIXではしゃがむ必要はありません。


こちらの店頭品のHELIX LTでご説明しましょう。
まず、上段右端のフットスイッチを長押しすると...



このようにプリセットにて使用されているエフェクトの一覧が出ます。
そしてパラメーターを弄りたいエフェクトを選択します。今回はアンプを調整してみましょう。
アンプのスイッチを押すと...



このようにDriveやBass,Mid,Trebleなどが表示されますので、調整したい項目をフットスイッチで選択することで、下段のCとDのフットスイッチもしくはエクスプレッションペダルで数値を調整できます。
つまり、足での操作のみでパラメーターを調整できる為、いちいちしゃがんだりせずに立ったままでエディットができるということです!
これがペダルエディットモード。便利ですね~



②SNAPSHOT機能

お次はSNAPSHOT機能。基本的にはAxe-FxⅡのSCENE機能とほぼ同じです。


このプリセットでは上段にドライブやアンプなどを、下段に空間系を設置しています。
上部にあるSNAPSHOT①を②に切り替えてみましょう。



ゲートがオフになり、空間系がONになりました。
Axe-Fx2同様、レイテンシーはほぼゼロ。切り替わる際の音切れは全くありませんね。



③上下で独立したDSPメモリを持つエフェクトレーンと豊富なIN/OUT

HELIXの良いところは、上下のエフェクトレーンでDSPメモリが分かれている為、それぞれを別々で動作させたり連結させることで非常に多彩なシステムを構築できます。
尚且つ豊富なIN/OUTにより拡張性も高く、様々な用途で使用が可能です。


例えばこのプリセットでは、上段と下段でそれぞれ個別のセッティングにし、尚且つインとアウトを揃えることでより複雑なデュアルアンプを再現しています。
上段ではパラでコンプで潰しローパスをかけたクリーンを混ぜています。
他にも、上段下段でエフェクト、アンプを揃えつつも、アウトを別々にすることでPAに送る用のサウンドとキャビからモニターする用の音をセッティングしたりといったこともHELIXなら可能です。

以上、HELIXのご紹介でした。



Kemper Profiling Amp

メーカー 型名 価格(税込) 36回クレジット無金利キャンペーン36回払い月々の料金(目安です。詳しくは店頭・お電話で)
Kemper Profiling Power Head ¥299,800 ¥8,328
Kemper Profiling Power Rack ¥299,800 ¥8,328
Kemper Profiling Amp ¥229,800 ¥6,384
Kemper Profiling Rack ¥229,800 ¥6,384

Kemper Profiling Ampの特徴

・Profiling機能により生アンプのサウンドをほぼ完璧に再現可能
・Profilingしたアンプのサウンドは個別に保存可能、且つ共有もできる
・必要十分なエフェクト群
・パワーアンプ搭載モデル有り
・操作性が高く見やすいUI

Kemperは元々世界的に有名なAccess Virusシンセサイザーのメーカーだったのですが、2011年にProfiling機能を搭載したProfiling Ampを発表。そのProfiling機能のクオリティの高さから爆発的に名が広まり、普及していきました。
今では数多の著名アーティストが使用しており、Kemperを標準で設置しているレコスタもあるほど...

Kemperで特筆すべき点は、Profiling機能、Direct Profiling機能、パワーアンプでしょう。



①Profiling機能

Kemperと言えば!このProfiling機能でしょう。
Kemperの素晴らしいところは、生アンプをマイキングした音と全く同じ音がモニタースピーカーから出せるというところです。この機能があるからこそ、プロがこぞって利用するんでしょうね。

こちらはProfilingをする際の結線の仕方を図で表したものです。
Profiling機能はあらゆるアンプのトーンやフィールをそのまま抽出するKemper独自の技術で、抽出過程はわずか1分
この抽出過程でプロファイルされるのは単にアンプそのものだけでなくキャビネットや収録時のマイク・セッティングも含めたトーンをそのまま取り込むため、オリジナルのアンプのダイナミックで活きたトーンをそのまま同様にProfilerで引き出すことが可能です。
どれぐらい再現できるのか?という点はこちらの動画を見て頂ければよく分かると思います。
Profilingのやり方は今回は割愛致します。勿論、店頭にてお聞き頂ければご説明致します!


②Direct Profiling機能

KEMPERのVer.3.0から新たに追加された機能がDirect Profilingです。
それまでのProfilingではキャビも含めたProfilingしかできなかったので、ギターキャビネットから出力したり、別のキャビIRを使うと生アンプらしさが失われてしまったりということがありました。勿論良いサウンドなのですが...
そこで登場したのがDirect Profiling。この機能はDIを使う事でヘッドアンプのみをプロファイリングできる機能で、既存のキャビIRと組み合わせたい人にとっては大変ありがたい機能です。
また、小音量でプロファイリングしたい人向けのプロファイル機能でもあります。

接続順はこちらの図の通り。
先程のマイクを通したプロファイルと違い、アンプのスピーカーアウト→DI→Kemperのリターンという風になっていますね。
肝なのはキャビを繋いでいるところ。なぜキャビを?と思われるかもしれませんが、キャビという名の”抵抗”を繋がないとアンプ本来の動作をプロファイリングできないからだそうです。
実際に試してみましたが、かなり良い感じでプロファイルができたのでギターキャビからの音も生に近づけたい方にはオススメのプロファイリング方法です。

③パワーアンプ搭載

HELIXやAxe-FxⅡとは違い、Kemperのみパワーアンプ搭載のモデルが販売されています。
搭載されているパワーアンプは8Ωで600W16Ωで300Wという大出力。ギターだけでなく、ベースでの使用も想定されています。
音質はKemperのサウンドをそのまま出力する為に一番最適なものを搭載しているそうで、別々でパワーアンプを用意するのが面倒という方や、既存のヘッドアンプのリターンに挿して使用するのが好ましくないという方には嬉しい仕様です。

以上、Kemperのご紹介でした。



使用用途別のオススメギターマルチプロセッサー

それでは本題のこういう風に使うならどれがおススメかというところですが、簡単に説明すると...

①普段DAWでしている処理を再現した音作り&LIVEがしたい!という方
Fractal Audio Systems Axe-FxⅡ

②普段使っているエフェクターボードはそのままでアンプとしての機能を重視したいという方
Kemper Profiling Amp

既存のエフェクターとマルチを組み合わせたシステムを構築したいという方
Helix Floor or Helix Rack

④ギター、ベースでDjent系の音作りで使える奴がほしい
Axe-Fx2、Helix

⑤レコーディングで使ったアンプの音をライブでも再現したい
Kemper Profiling Amp

...といった感じでしょうか?

他にもHelixの廉価版のHelix LTFractal Audio Systemsのフロア型マルチのAX8等、おススメが沢山ございます。
Axe-FxⅡ、Helix、Kemperは書いてある点以外にもいい所が沢山ありますので、是非ご来店の上お聞き頂ければと思います。


【広島パルコ店 最新情報 各種リンク】

商品情報
エレキギター・ベース アコギ・ウクレレ
アンプ・エフェクター ドラム
ピアノ・キーボード デジタル楽器・シンセ
PA・レコーディング DTM・DJ
管楽器・弦楽器 その他楽器
楽譜
音楽教室
総合案内ページ インストラクター紹介
体験レッスン日程 音楽教室 お知らせ
その他 お知らせ
お知らせ スタッフブログ「シマブロ」
ギター情報サイト「ギタセレ」 デジマート

最近ギター・ベースの調子が悪い、、と考えている方必見です

ギターリペアも行っています!こちらのページをご覧ください!


アンプ・エフェクターのことなら!河部におまかせください

アンプ・エフェクター担当スタッフ河部より

「アンプ・エフェクターのことなら、何なりとお申し付けください。楽器のこと、音楽のこと、なんでもご相談・お問い合わせください。皆さまのご来店を心よりお待ち申しあげております。」

お問い合わせ

店舗名 島村楽器 広島パルコ店
電話番号 082-542-2212
営業時間 10:00~20:30

ご購入をお考えの方、商品についてもっとよく知りたいと仰る方、ぜひお問い合わせください。

営業時間内に上記電話番後にて受け付けております。

遠方の方のご相談にも乗ります。代金引換での着払いなども承っております。(商品代金と代引き手数料、送料の合計金額を受け取りの際に運送業者へお支払い下さい。現金、もしくはクレジットカードでのお支払いが出来ます。)

お支払い方法

店頭でのお支払い

店頭でのお支払いは下記をご利用頂けます。

  • 現金
  • クレジットカード
  • デビットカード
  • ショッピングクレジット
  • 商品券

*一部使用出来ないカードや商品券もございます。


代引き着払いでのお支払い
  • 現金
  • クレジットカード

ご希望のお支払い方法を店舗スタッフにお伝えください。
商品受け取りの際、合計金額を運送業者へお支払いください。
商品代金+送料+代引き手数料=合計金額

商品発送料金表(代引き手数料込み)
地区 配送料(税込) 地区 配送料(税込)
中国・関西・九州地区 ¥1,148 関東地区
¥1,580
四国・信越地区 ¥1,364 東北地区
¥1,904
沖縄地区 ¥要相談 北海道地区 ¥2,336

※-ギター等中型の荷物はプラス¥200
キーボード、ドラム等大型の荷物はプラス¥400円になります。

銀行振込でのお支払い

当社指定の口座にお振込ください。
尚、振込み手数料はお客様のご負担となりますので予めご了承ください。
商品代金+送料+振込み手数料=合計金額

PARCOカードご利用でご請求時に5%OFF

PARCOカードの即日発行も承っております。(セゾン)

PARCOカードを作っていただくと、商品券500円分プレゼント+カードが手元に届いてから一年間PARCOでのカードでの買い物は5%OFFとなります。年齢や、時間帯などある程度の条件を満たして入れば30分~1時間程度で即日発行も可能です。また、期間限定5%OFFでお買い物がお楽しみいただけます。

PARCOカードSクラス特典

1.PARCOで年間10万円以上ご利用いただくとSクラス会員になり1年間5%OFF(PARCO内)でお買い物ができます。

2.Sクラス会員の方は、PARCO館内の1店舗にて2,160円以上お買上げで通常のサービス(PARCO直営駐車場2時間・契約駐車場1時間30分)に加えプラス1時間無料サービス(お買上げ後、インフォメーションカウンターにてサービスを受けることができます)。

メルマガ会員募集中!

島村楽器ケータイメルマガでは、バンド楽器やデジタル楽器を中心とした、「キャンペーン情報」「イベント情報」「店舗情報」「ギター/ベース情報」「ドラム情報」「デジタル情報」を、定期的にお届けしています。詳しくはこちら

この記事のトップへ








  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
  • 店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

「アンプ・エフェクター」カテゴリー最新情報

上へ戻る

  1. 【高機能マルチエフェクター】ケンパー、Helix、フラクタルのの3種の神器特集!