【レコーディング】リアンプとは?

アミュプラザ博多店

アミュプラザ博多店店舗記事一覧

2021年08月16日

*リアンプとは? 島村楽器アミュプラザ博多店デジタル担当の山内です!今回はリアンプについてご説明します! さて突然ですが、ギタリストの方は普段どうやってギター録音されていますか? -ギターアンプからマイクで録る -マルチエフェクター(アンプシミュレーター)でライン録り -DAWでエフェクトプラグイン […]

リアンプとは?

島村楽器アミュプラザ博多店デジタル担当の山内です!今回はリアンプについてご説明します!

さて突然ですが、ギタリストの方は普段どうやってギター録音されていますか?

  • ギターアンプからマイクで録る

  • マルチエフェクター(アンプシミュレーター)でライン録り

  • DAWでエフェクトプラグインをかけて録る

これらが主な録音方法だと思いますが、今回はどなたにもオススメできる「リアンプ」という手法をご紹介したいと思います。

録音時には「いい音だ!バッチリ!」と思ったけど、プレイバックしてみると「あれ?アンプやエフェクターの質感がなんか違うなぁ」や「ここのフレーズのニュアンスが惜しいな...」など納得いかない場合があると思います。

その場合、再度録音し直さなければなりません。けれど時間も限られてくる...。そんな時に有効な手段が「リアンプ」です!

リアンプとは?

クリーンな状態の音をあらかじめ録音しておき、後から細かい音作りをするというスタイルがリアンプです。「生のアンプの空気感を活かしたい!」「マイキングでいろいろ試してみたい!」いうこだわりや「DAWのアンプシミュレーターソフトでじっくり作りこみたい!」というさまざまなスタイルの制作に可能性を広げる事ができます。

※なお「あくまでギターアンプを使用するのがリアンプだ」という方もいらっしゃると思いますが、本記事ではそれ以外の手法もあえてリアンプと呼んでいます。なにとぞご了承ください。

どんな手順か?

ギターからオーディオ・インターフェースを経由し、DAW(またはレコーダー)に録音して、「後で」音作りをするという概念です。「再度アンプを通す」という意味で「Re」Ampと呼ばれています。

※オーディオ・インターフェースへの直録りは、インターフェース側がHi-Z入力に対応していることが前提条件です。

  • 録音→後でアンプから音を出す→マイクで拾う

リアンプの種類

上記のような「後から音を作りこみたい」という方々に打ってつけの手法、リアンプは2つの種類があります。

  • 生のギターアンプで音を作りこむタイプ=生録り派
  • DAWのアンプシミュレーターで音を作りこむタイプ=プラグイン派

生録り派

マンションなどの、いわゆる自宅録音ではギターアンプからの録音や、夜に大音量での音出しはやっぱり難しいですよね。そこで、リアンプをし、後からスタジオなどでギターアンプを通して音作りをする。という方法があります。 「リアンプボックス」と呼ばれるインターフェースが必要になります。リアンプボックスというのは「ライン出力をギターアンプで鳴らすための装置」と考えてください。

ここで「おや?」と思われる鋭い方もいらっしゃるかもしれません。そうです!オーディオ・インターフェースのライン出力と、ギターアンプの入力とではインピーダンスが違うんです。インピーダンスを合わせないとノイズを拾ったり、音質に支障が出てしまうなどの弊害を伴います。ここは注意しましょう。

ライン出力をアンプに接続するために、インピーダンスを整えてくれるインターフェース、それが「リアンプボックス」なのです。

インピーダンスについてはこちらから!

「D.I」という言葉を良く耳にする事が多いかと思います。D.Iというのは、ミキサーに入力する際に、インピーダンスを適切に整えてくれる装置です。リアンプボックスは「逆D.I」とも呼ばれています。

そしていよいよ音作りです。アンプを調整し、スピーカーにマイクを立て、ポイントを探って好みの音をDAWに録音します。クリーンな音はあらかじめ用意してありますので、さまざまなアンプの設定、マイキングが試せます。

プラグイン派

DAWでアンプシミュレーターのプラグインが登場するようになってからの、新しいリアンプのスタイルです。

DAW上の音作りでは「リアンプボックス」は必要なく、オーディオ・インターフェースとDAW、プラグインのアンプシミュレーターさえあれば音作りは可能になります。

アンプシミュレーターのプラグインは膨大な数のアンプ、スピーカー、エフェクターが用意されています。それらを組み合わせて緻密な音作りをしていきます。

画像はIK Multimedia AmpliTube 3

録音した音を、

  • 生のアンプに通して作りこむか
  • DAW内で作りこむか

この部分はクリエイターの音作りのスタイルによって変わってきますので、総称して「リアンプ」と呼ばれる場合があるようです。

録音時のモニターについて

録音をする際にはクリーンな音を録音しますので、通常であればクリーントーンを聞きながらの録音になります。しかし「ペラペラした音でニュアンスをつかむのは難しい!歪んだかっこいい音を聞いて、ジャンジャン演奏しながら録りたい!」というのが普通ですね。

その際には、マルチエフェクターからの「ダイレクトアウト」や「ドライアウト」、DAWまたはアンプシミュレーターの設定で「クリーンな音を録音する」設定が必要になります。

最後に...。

一口にレコーディングと言えど「気合いでギター1発録り!」という男らしい録り方もあれば、「じっくり音作りを探求していきたい」という考え方もあります。皆様のスタイルに合わせた音作りの幅のひとつに「リアンプ」という手法を取り入れてみると、さらに表現力が広がるものと思います。ぜひお試し下さい。

デジタル担当スタッフ

デジタル担当 山内(やまうち)

デジタル担当山内ってどんな人??

福岡県福岡市出身。高校生よりギターを始め某音楽学校高等課程へ進学。
ベースやドラム、シンセサイザー等も弾けます!
福岡を拠点にバンド活動(Gt.Vo)や作詞作曲、アレンジなど幅広く音楽活動をしております。

電話をかける

店頭には行きたくない...そんな方はデジマートやお電話にてお問合せ下さい!

このご時世なかなか外に出たくない方も多いのではないでしょうか?

そんな方はデジマートやお電話にてデジタル担当山内(やまうち)までご連絡下さい!

必要な商品をご提案させていただき、デジマート経由にてご購入頂けます!

外出を控えているお客様へ
当店では、現在除菌・消毒など感染拡大防止に取り組んでおります。
ですが、ご来店頂かなくても、お電話でのご相談(商品のご説明)も承っております。
お店にお電話頂ければ、折り返しお掛け直しさせて頂いた上でお電話口で分かりやすくご説明致します。
また、お家での決済も可能でございます。
みなさまのご相談をお待ちしております。

電話をかける

お問合せ
店舗名 島村楽器アミュプラザ博多店
電話番号 092-413-5415
担当 山内

皆様のご来店をスタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。