【PA・レコーディング】インピーダンスとは?

アミュプラザ博多店

アミュプラザ博多店店舗記事一覧

2021年08月15日

*インピーダンスとは? 島村楽器アミュプラザ博多店デジタル担当の山内です!今回はインピーダンスについて解説します!! インピーダンスとは「交流抵抗」と呼ばれます。ここでは「抵抗」が大きいと「電流が流れにくく」なると考えてください。 なお抵抗の単位は「Ω(オーム)」です。100Ωより1KΩ(キロオーム […]

インピーダンスとは?

島村楽器アミュプラザ博多店デジタル担当の山内です!今回はインピーダンスについて解説します!!

インピーダンスとは「交流抵抗」と呼ばれます。ここでは「抵抗」が大きいと「電流が流れにくく」なると考えてください。

なお抵抗の単位は「Ω(オーム)」です。100Ωより1KΩ(キロオーム)のほうが電流は流れにくい・・ということになりますね。(1K=1000)

電気の流れとは電流のことですが、電気の信号には交流と直流の二種類があり、家庭用コンセントは交流(AC)、乾電池は直流(DC)等です!

オーディオ信号は交流電流ですが、交流電流における抵抗を「インピーダンス」といいます

とは言ってもΩとか出てきて何が何だか分からない方、いらっしゃると思います。なので今回は簡単にご説明します!!

インピーダンス・マッチング、ロー出しハイ受けって何?

出力側と入力側のインピーダンスが一致した場合に、最も効率よく信号のエネルギーを伝達できます、これをインピーダンス・マッチングといいます。

※以下の図はホース同士をつないで水をやりとりするイメージです。

出力側のインピーダンス = 入力側のインピーダンス 

インピーダンスのマッチングが行われている場合は効率が良いですね。

実際にプロ用の機器では入出力を600Ωで信号の受け渡しを行っています。

では「出力側と入力側のインピーダンスが異なる場合」はどんなことが起きるのでしょうか?

パターンとしては2通りあります!

  1. 出力側のインピーダンス < 入力側のインピーダンス 「ロー出しハイ受け」

これは小さな管から大きな管に漏れなく送れるので大丈夫ですね!

  1. 出力側のインピーダンス > 入力側のインピーダンス 「ハイからロー」

次にこれはどうでしょう?大きな管から小さな管に送るため漏れてます・・正しく受け渡しができていませんね。

いうこれらのイメージからも分かる通り最後の図「ハイからロー」では「正しく信号を受け渡すことができなくなる」のです・・・

このようにベストは「出力=入力」ですが、接続する機種の出力インピーダンスが特定できない場合に備え、楽器等の入力側はハイインピーダンスで受けられるような設計になっています。

というわけで鉄則

「ロー出しハイ受け」

にしましょう!!

インピーダンスを水の流れに例えてみる(イメージ)

ホースで水を流すことを考えてみましょう。

  • 「太いホース」(ハイインピーダンス):威勢よく水が出てきますが、ゴミ(ノイズ)も多いです。

  • 「細いホース」(ローインピーダンス);太いホースと同じ量を放水するには水圧が必要ですが、ゴミが少ないです。

「ハイインピーダンスは効率的だがノイズに弱い」

  • 高いと:ノイズに弱い!
  • 低いと:ノイズに強い!

HI-Zについて

オーディオインターフェイス等に付属している「HI-Z」というのは、ハイインピーダンスである事を表す略号で「ハイ・インピーダンス」「ハイズィー」「ハイゼット」などとと呼ばれます。(「Z」はインピーダンスの量記号のこと)

オーディオ・インターフェースの中には、直接ギターやベースを接続できるよう「HI-Z」入力に切り替えることができる機種もあります。

というわけで、ギターやベースを直接オーディオ・インターフェースやミキサー等に接続する場合は「Hi-Z」を「ON」にしましょう。

エレキギター用コンパクトエフェクターを使用する場合

コンパクト・エフェクターの出力インピーダンスですが、例えばBOSSのコンパクトシリーズ製品仕様を見ると

  • 入力インピーダンス/1MΩ
  • 出力インピーダンス/1kΩ

のような表記があると思います(機種によって値が異なります)が、ちゃんと「ハイで受けてローで出す」すなわち「ロー出しハイ受け」の掟に忠実であることがわかります。

したがってエレキ・ギター(出力250kΩ~500kΩ)を、直接HI-Zのないミキサー入力(例えば10kΩ)に接続するのはNGですが、間にエフェクターを一個噛ませれば、出力「1kΩ」となるので問題ないということですね。

[!!-エレキ・ギター(250kΩ~500kΩ)→直接HI-Zのないミキサー(例えば10kΩ):250kΩ~500kΩ→10kΩ=「ハイからロー」

  • エレキ・ギター(250kΩ~500kΩ)→入力BOSSエフェクター(1MΩ)→出力BOSSエフェクター(1kΩ)→直接HI-Zのないミキサー(例えば10kΩ):250kΩ~500kΩ→1MΩ=1kΩ→10kΩ=「ロー出しハイ受け」!!]

※実機の実際のインピーダンス値は異なる場合がありますのでご注意ください

DIとは?

これと同じような役目をしてくれるのがDI(ダイレクトボックス)です。直接(ダイレクト)接続(インジェクション)の略で「DI」は「ディーアイ」と読みます。なおこのDIは「アンバランス>バランス変換」としてベースやキーボード等で使用されます。

マイクの接続は?

マイクの信号やシンセなども比較的ローインピーダンス出力。したがってよほどケーブルを伸ばさない限りノイズに対して気にかけることは無いかもしれません。

最後に...。

インピーダンスは難しく感じますが、結論「ロー出しハイ受け」の掟を守れば大丈夫です!もし何か不安な点がございましたらお気軽にお問合せ下さい!

デジタル担当スタッフ

デジタル担当 山内(やまうち)

デジタル担当山内ってどんな人??

福岡県福岡市出身。高校生よりギターを始め某音楽学校高等課程へ進学。
ベースやドラム、シンセサイザー等も弾けます!
福岡を拠点にバンド活動(Gt.Vo)や作詞作曲、アレンジなど幅広く音楽活動をしております。

電話をかける

店頭には行きたくない...そんな方はデジマートやお電話にてお問合せ下さい!

このご時世なかなか外に出たくない方も多いのではないでしょうか?

そんな方はデジマートやお電話にてデジタル担当山内(やまうち)までご連絡下さい!

必要な商品をご提案させていただき、デジマート経由にてご購入頂けます!

外出を控えているお客様へ
当店では、現在除菌・消毒など感染拡大防止に取り組んでおります。
ですが、ご来店頂かなくても、お電話でのご相談(商品のご説明)も承っております。
お店にお電話頂ければ、折り返しお掛け直しさせて頂いた上でお電話口で分かりやすくご説明致します。
また、お家での決済も可能でございます。
みなさまのご相談をお待ちしております。

電話をかける

お問合せ
店舗名 島村楽器アミュプラザ博多店
電話番号 092-413-5415
担当 山内

皆様のご来店をスタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。