1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. ビビット南船橋店
  4. 体験レッスン
  5. スケール(音階)練習をやってみよう!【初級編】

スケール(音階)練習をやってみよう!【初級編】

音階の練習をしてみよう!

  • 基礎練習は苦手!
  • 練習時間が限られているからできるだけ曲の練習をしたい!

そんな方にこそ是非やっていただきたいのが、音階の練習です。
サックスを始めて楽器の演奏に慣れてきたら少しずつ取り入れてみましょう!

なぜ音階の練習が必要なのか/音階の練習/半音階の練習/分散和音の練習/オススメの教本

なぜ音階の練習が必要なのか?

いま練習している曲の楽譜を見てみてください。
メロディーは音が順番に「ドレミファ・・・」のようになっている部分、#や♭がついて半音階になっている部分、「ド・ミ・ソ・シ・・・」のように飛び飛びになっている部分があると思います。
これらの指をよりスムーズに、素早く動かすことができるようになるために必要なのが音階の練習です。

それでは音階の練習方法について解説していきます!

メジャースケール、マイナースケールの練習

楽譜の一番初めの部分に#や♭がついていることがあります。これを「調号」といい、「この曲ではこの音に#,♭がつきますよ~」ということを教えてくれています。
「調号」はメジャースケール12種類、マイナースケール12種類の計24種類存在します。(異名同音は除く)
将来的には全調できるようになりたいところですが、まずは比較的曲でも使用されることが多い#と♭がそれぞれ3つまでのメジャースケール・マイナースケールを練習してみましょう!

メジャースケール(長調)

音階練習 サックス初心者

マイナースケール(短調)

マイナースケール サックス初心者

練習方法

まずは♩=80程度で練習してみましょう。上記の楽譜には1オクターブしか記載してありませんが、2オクターブできる調は挑戦してみましょう。
スムーズに出来るようになってきたらテンポを速くしたり、四分音符ではなく八分音符でも練習してみてください!
全てスラーで練習しますが、途中でブレスをする場合は「2小節ごと」など場所を決めてブレスするようにします。息が足りなくなったり、音が出しにくい部分で息を吸うなどあまり良くないクセがついてしまわないよう気をつけましょう!

半音階の練習

練習方法

♩=60~80程度で練習してみましょう。慣れてきたら少しずつテンポを速くして♩=120くらいを目標にしてみましょう!
ブレスに関しては、こちらもあらかじめ場所を決めて練習しましょう。

分散和音の練習

ダイアトニックコードを使用します。ダイアトニックコードとは、とても簡潔に説明するとメジャースケールやマイナースケールの各音をルートとし、スケール内の音を1つ飛ばしに3つ積み重ねた和音のことです。(詳しい説明はレッスンで・・・♪)
この和音を楽譜のようにばらして順番にならべていきます!

練習方法

♩=60~80程度で練習してみましょう。慣れてきたら少しずつテンポを速くして♩=120くらいを目標にしてみましょう!
ブレスに関しては、こちらもあらかじめ場所を決めて練習しましょう。
メジャースケール、マイナースケール、半音階と違い、音が跳躍するので上手く出せない箇所があるかもしれません。とくに「ミ→ソ」のようにオクターブキーを使う部分は指のタイミングや息のコントロールにコツが必要なので、初めのうちは出来なくても焦らずに練習してみましょう!

オススメの教本

今回ご紹介した内容に慣れてきたらコチラの教本にも挑戦してみましょう!

書籍名 サクソフォーンのためのトレーニング・ブック
価格 ¥1,320(税込)

日本が世界に誇るサクソフォン奏者 須川展也氏の著書です。音階・分散和音を使った種々のトレーニングをはじめ、上級者まで幅広く使えるように工夫されています。替え指についても図解しています。

書籍名 SCALES FOR SAXOPHONE 国立音楽大学編
価格 ¥880(税込)

私の母校「国立音楽大学」から出版されている教本です。とてもシンプルな内容で、音階・分散和音を使ったトレーニングが各調ごとに掲載されています。

どちらも音階や分散和音の練習ができます。「サクソフォーンのためのトレーニングブック」ではタンギングやビブラートの練習方法も解説されているので、総合的な基礎練習の教本として使用できます。「SCALES FOR SAXOPHONE 国立音楽大学編」はスケール練習のみのシンプルな内容です。私は高校生の頃からこちらをメインに練習していました。

もう一つご紹介したいのは「マルセル・ミュール : サクソフォン教程 音階と分散和音 サクソフォンの基礎練習 第一巻」です。こちらも高校時代から「SCALES FOR SAXOPHONE 国立音楽大学編」と併用して練習していました。初心者から上級者まで幅広く使用できる内容になっています。

さいごに

曲の練習ばかりしていると、初めのうちはそれで良くても段々と上達を感じられなくなってきます。そして、吹きたい曲があっても難しくて諦めるといったこともあるかもしれません。
スケールの練習をすれば音程と指づかいを正しく覚えることができたり、指がスムーズに動くようになったり、1曲完成するスピードがあがったり、良い事づくめです!
まずは練習時間最初の5分間、スケール練習を取り入れてみてはいかがでしょうか♪

大人のサックスレッスン

「大人のためのサックスレッスン」でレッスン始めませんか?月1回からの予約制レッスンで、オンラインレッスンもお選びいただけますので、お忙しい方でもレッスンしやすいです!

  • 独学で練習しているので、奏法が間違っていないか確認してほしい
  • 基礎練習の特訓をしたい
  • 日常生活の息抜きにサックス演奏を楽しみたい

など、なんでもご相談ください!一緒にサックスを楽しみましょう♪
レッスンの詳細は下記の画像をクリックしてご覧いただけます。

体験レッスン・資料請求のお申込みはこちら

月1回 サックスレッスン

お問合せ

サックスインストラクターの筒井です!サックスに関する事でしたら何でもご相談下さい!楽器本体やマウスピースの選定も承ります。

サックスインストラクター 筒井沙織

担当 筒井
  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
  • 店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。
島村楽器のオンラインレッスン

上へ戻る

  1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. ビビット南船橋店
  4. 体験レッスン
  5. スケール(音階)練習をやってみよう!【初級編】