住所 〒354-8560
埼玉県富士見市山室1丁目1313
ららぽーと富士見1階17200
電話番号 049-268-0660
営業時間 10:00~21:00 リンク ショッピングセンターWebサイトへ

【電子ピアノ】2018年 失敗しない電子ピアノ選び方ガイド完全版

  • (2018年4月22日)12:18 更新
  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
    店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

【2018年最新版】もう迷わない!なるほど電子ピアノの選び方

こんにちは!当店ホームページをご覧いただきありがとうございます。
ピアノ担当の小林千恵梨と申します。
島村楽器ららぽーと富士見店では地域最大級の電子ピアノ売場には、ヤマハ・カワイ・ローランド・カシオ・コルグ等の人気メーカーの人気モデルを常時30台ほど展示しております。
専門スタッフがお客様お一人お一人に合わせて機種選びから納品まで完全サポート!
納品後のアフターフォローまでしっかりとお手伝いさせていただきますので安心して電子ピアノをお選びいただけます。

他の記事一覧

目次

初心者の為のピアノライフ ピアノ、やってみたい!
楽器は必要ですか?
いつまで続くか分かりません。。。
それならキーボードでもいいの?
電子ピアノで習っていいの?
でも電子ピアノはだめって言われました。
そもそもピアノの《タッチ》てなに?
電子ピアノの選び方 電子ピアノを購入する前のSTEP
価格
メーカー
鍵盤・タッチ
電子ピアノについて 買った後のお話
よくある質問
電子ピアノ富士見店人気ランキング
富士見店ピアノアドバイザー紹介
店舗情報
お問い合わせはこちら


初心者の為のピアノライフ

ピアノ、やってみたい!

ピアノが弾けたら素敵ですよね。
ずっとやってみたかった、子供のころに習いたかった、というお声は本当によくお聞きします。ピアノをやってみたい、とおっしゃる方は多いのですが、先延ばしになって始められていない方がとっても多いんです。

ピアノは音楽の基礎を学べる楽器です。人生の中で音楽を楽しんでいくための基盤、財産になるものとしてお子さんにピアノを習わせてあげたいという声は多いです。
普段店頭でピアノを検討されている親御さんたちとお話をしていて、“ピアニストになってほしいから”と言った方は全くいませんでした。音楽が人生を豊かにしてくれるというイメージは多くの親御さんが持っているものの、ピアノを習わせてピアノで大成してほしいとまで思っているケースは少ないのかもしれません。

ピアノを始めるタイミングはいつだってかまわないので、ピアノを弾いてみたいと思った時が始める最適なタイミング。お子様でしたら早いに越したことありません。今すぐピアノを始めてお友達に自慢できる素敵な趣味にしましょう♪楽器選び、レッスンまで私たちがサポートします!

島村楽器ららぽーと富士見店 ピアノレッスン総合案内はこちら

楽器は必要ですか?

ピアノを習うとき、やはり楽器を用意しなくてはならないですよね。レッスン時間がだいたい30分程度ですから、しっかりと自宅で練習する事は欠かせません。先生のおうちのピアノとご自宅のピアノの差が大きければ大きいほどお子さんも楽しくなく、趣味として弾けるくらいまで上達する前に辞めてしまうきっかけにもなりかねません。そして、お子さんもそのレッスンの内容・上達具合でピアノが好きになるか、嫌いになるか変わってきます。ピアノを習わせたい、もしくは習いたいと思っているのであれば、自宅練習が本当に大切です。

いつまで続くか分かりません。。。

お話をしていると『いつまで続くかわからないので』とおっしゃる親御さんは多いです。でも、せっかく習うのなら続けて欲しいですよね?音楽を楽しんでほしいですよね?ピアノは大きなお買い物です。だからこそ後悔の無いもの、楽しく音楽を学べて成長できるものを選んでいただきたいです。
そしてさらにもうひとつお伝えしたいのは、いずれやめることになるとしてもしっかりと習った方がいい、ということ。ピアノを学ぶことで、お子さんの心身は大きな成長を遂げます。幼い時に習ったピアノのテクニックが潜在的に身についているので早い段階でやめてしまったとしても、長い人生の中で音楽をやりたくなったときにもすんなり入れますし、弾けるという自信や一つの趣味として長い目で見て大切なものとなるでしょう。もちろん集中力・忍耐力・表現力など養えることも多くお子さんの生き方に大きな影響を与えます。

それならキーボードでもいいの?

鍵盤のタッチがキーボードとピアノでは全く違います!キーボードの鍵盤はレッスンで使うには「弾く」というよりは「押す」に近いものがあります。ピアノはただ指が動けばいいというわけではありません。導入の段階で『ピアノを弾く』ことを『鍵盤を押す』という概念なってしまわないよう極力選択しない事をお勧めしたいです。

また、あまりにピアノとかけ離れたタッチの鍵盤を弾いていると、変なくせがついてしまう事もあります。実際私自身も幼い頃キーボードで練習していましたが、レッスンで使うグランドピアノとはタッチが違い過ぎて思うように弾けず楽しくなく辞めたかった記憶があります、、。(その後辞めたいと言ったらピアノを買ってもらえました。)その点、電子ピアノの方が鍵盤のタッチも音も、よりピアノに近くなります。

電子ピアノで習っていいの?

ある程度教室に通ってみない事には、音楽やピアノ自体に興味を持って長く続けていけるのかも不安ですよね。
最初のうちはやはり電子ピアノをお考えの方が大半です。住宅事情もあり大きな音が出せなかったりしても音量を調節したりヘッドホンをしたり、周りを気にせず演奏できるのが電子ピアノのメリットです。しかし、ピアノを電子ピアノで習うことに不安を持っていらっしゃる方もいます。教える側(先生)からの意見はもちろんアコースティックピアノで弾いてもらいたいと思うのは当たり前です。でもピアノという楽器はとても高価なものですから簡単には買えませんよね。価格は最低でも4,50万から。そして年1回調律、数年に一度のメンテナンスも必要になってきます。重さも200キロを超えてきますからアコースティックピアノは管理が大変ということがデメリットになります。

その点電子ピアノは、調律も要りませんし、重さも30キロ~70キロほど。どんなに重くても100キロほどで、大人二人で持ち運ぶこともできますのでお部屋の模様替えだって好きな時にできますね。価格もピアノより安価なものが大半ですので、電子ピアノでピアノを習い始める方がたくさんいるのです。

でも電子ピアノはだめって言われました。

もちろん先生がアコースティックピアノで弾いてもらいたいと思うのは当たり前です。電子ピアノとアコースティックピアノは構造が違いますので、まったく同じように、とはいきません。今でも電子ピアノに触れる機会のあまりないピアノの先生の中には『電子ピアノなんて、、、』とおっしゃる先生もたくさんいらっしゃいます。そんな先生方も最近の電子ピアノをご覧になると大変驚かれていますよ。

2007年にスマートフォンが登場してから10年以上が経ちました。ソーシャルメディアも大きく変わり、身の回りの色々なもののデジタル化が進む中、電子ピアノもここ数年で、音質やタッチといった性能が格段に向上し大きく進化してきました。20年ほど前は電子ピアノも今とは大きく違い、どんなに高価なものでもアコースティックピアノの足元にも及ばないと、そんなふうに言われていましたが、最近では電子ピアノもどんどん性能が良くなり、タッチ感や音の臨場感・表現の幅までグランドピアノに近づいてきています。そのため、電子ピアノでピアノを習い始める方がたさんいるのです。

夜の練習用に電子ピアノを使っている先生や音大生、さらにプロのミュージシャンまで使用しています。ただ、先生が良しとする電子ピアノも何でもいいわけではなくグランドピアノにできるだけ近い、一定のラインを超えたピアノです。

そもそもピアノの《タッチ》てなに?

ピアノを習っている方ならよく耳にする《タッチ》という言葉。

まず、ピアノは『鍵盤を押して音を出す』楽器ではないことを理解しておきましょう。ピアノは本来『中に張っている弦を、鍵盤の先のアクション機構の先についているハンマーではじいて音を出す楽器』です。自分の想像する音を指先の感覚で絶妙に変えて音色に変化をつけること、がピアノで演奏するということです。ピアノの先生が必ずアコースティックのピアノをおすすめしてくる理由は『タッチの概念と感覚を用意された音(電子音)ではなく自分の感覚・感性で生み出す』ことを重要視しているからです。

電子ピアノを購入する前に

失敗しない・後悔しない購入の仕方にはポイントがあります。

STEP1 まずは欲しい条件・目的を明確にしましょう♪

①お子さんのレッスンで選ぶ

出来る限り本物に近いものを。
せっかく習うならもちろんある程度上達してほしい、趣味として楽しめるようになってほしい、豊かな感性を身に付けて欲しい、など、お母さんお父さんも思っていらっしゃると思います。幼い頃の聴覚の発達は驚くほど著しく、幼い時にしか養えない音感もあるのです。
長く使う事、上達した時に物足りなくならないことを考えてご予算の一つ上位のランクのもので選ぶことをおすすめします。

②保育士さん・はじめての大人のレッスンで選ぶ

上達もでき、使いやすい15万前後のクラスがおすすめ!
特にスタイリッシュな薄型タイプはコンパクトで圧迫感もないので一人暮らしの方にも人気があります。

③ある程度弾ける方の趣味として選ぶ

高度な曲や表現にチャレンジしたいという中上級者には30万~クラスの上位モデルをおすすめします。
繊細なタッチもしっかりと表現できるのでさらにレベルアップが目指せます。

STEP2 楽器を置く環境を確認しましょう!

ヤマハ部屋置きシミュレーション

価格

予算と性能、バランスよく選びましょう!

実際に楽器店に行くと価格帯の広さに驚かれるかと思います。何がそんなに違うのか、見た目ではわかりにくいですよね。普段からどんなピアノで練習しているのかは、発表会や合唱コンクールの伴奏など、本番でグランドピアノで実際に演奏してみるとハッキリわかるので、あまり安価なものはレッスン用としてはおすすめしません。是非ともしっかりと上達できる電子ピアノで選んであげましょう。

いくらのものを選べばいい?

電子ピアノは価格が上がるとともに、よりピアノに近づいていきます。さきほどお伝えしたように、先生のお家のグランドピアノに出来る限り近いもので選んであげた方がいいですね。
そうなると価格帯としては20万前後のクラスからをお勧めします。

<価格別!こんな方にオススメ♪>
価格帯 特徴 該当品番
~10万円 鍵盤のみのスタンド別売り卓上タイプと、一体型の安価モデルがあります。
卓上タイプは持ち運び・軽量を重視される方におすすめ。
一体型の安価モデルはこれから上達したいという方ではなく、ある程度経験があり趣味で少し弾いていきたいという方にお勧めです。
YAMAHA P-115
CASIO PX-160
CASIO PX770
KORG LP-380
10万円 88鍵盤、3本ペダル付のエントリーモデル。
軽めの樹脂鍵盤でタッチや音もデジタル感はありますが、買い替えを前提としておられる方におすすめです。
保育士さんを目指す学生さんに人気のラインナップでもあります。
YAMAHA YDP163
KAWAI CN27
Roland RP501R/F-140R
CASIO PX2000GP
KORG G1 Air
15万円 レッスンで使用するのならここから。低予算である程度表現がつくものでお探しの方におすすめ。 YAMAHA SCLP6350
KAWAI CN370GP
Roland HP601/HP603A/DP603
20万円 一番人気の価格帯。木製鍵盤を使用することで表現がつけやすく、スピーカーの数も多いので音に立体感がでます。
このラインからピアノらしさが一気に増します。
YAMAHA SCLP6450
KAWAI CA58
Roland HP605GP
25万円 タッチはもちろん、スピーカーが大きく変わってくるので音の広がりや響きに迫力が出ます。
弾き方によってしっかりと表現ができるので本格的に練習できます。
はじめから、よりピアノらしいもので練習したい方におすすめ!
YAMAHA CLP675
KAWAI CA78
Roland LX7GP
30万円以上 アップライトピアノがほしいけど置けない、という方にオススメ。
見た目もピアノらしくなり鍵盤アクションの機構が変わりよりピアノに近いタッチで弾けるものも出てきます。
YAMAHA CLP685/NU1X/N1
KAWAI CA9800GP
Roland LX17
CASIO GP500

メーカー

よく『どこのメーカーがいいんですか?』とご質問を受けることが多いですが、メーカーを絞って選ぶのはお勧めしていません。メーカーごとに優劣があるわけではなくそれぞれのメーカーに特徴がありますので、ご検討の価格帯によってどのメーカーの機種がおすすめかは変わってきます。また、音の好みもありますので、じっくり弾き比べをしてから(もしくはスタッフが音出しをさせて頂きますので)選ばれるのをおすすめします。

<メーカー特徴一覧>

※もちろん、メーカーによって音色やタッチに個性はあります。あくまで参考程度にご覧ください。

メーカー 特徴
ヤマハ 言わずと知れた国内最大手楽器メーカー。
音源にもヤマハ最高峰グランドピアノの音を収録しています。
まろやかな音質と明るい音で聴きなれた音としても人気。
レッスンモデルの「クラビノーバ」シリーズのほか、
本物のピアノと同じ鍵盤アクション構造を搭載した「ハイブリッドピアノ」が人気です。
価格を10万円以下に抑えて作られた「アリウス」シリーズも、ベーシックなモデルとして人気があります。
カワイ ヤマハと並んで国内2大ピアノメーカーの一つ。海外でも人気の高い、大手国内楽器メーカー。
カワイグランドの重厚感のある低音とキラキラした高音が特徴です。
特に鍵盤にこだわりがあり、グランドピアノと同様のシーソー構造の鍵盤で、白鍵だけでなく唯一黒鍵まで全て木製で製造しているメーカーです。
タッチも重めにつくられています。
ローランド 電子ピアノでは最も長い歴史を持つ日本が誇る世界トップレベルの電子楽器専門メーカー。
電子ピアノがアコースティックピアノのような振る舞いをする為の最新技術・ノウハウがあります。
繊細な音で定評があり、表現の幅や音の立体感、強弱変化はNo.1です。
伴奏やBluetoothなど楽しい機能も充実しています。
カシオ 電子楽器の製造にも力を入れており、光る鍵盤で有名なポータブルキーボードでは人気No.1。
コンパクトなデザインやリーズナブルな価格帯が多いのも魅力。
シャープではっきりした音が特徴です。
上位機種シリーズは世界屈指のピアノブランドとコラボレーションしており、
近年電子ピアノ製造の技術力も高まってきていて本格派ピアノをお探しの方にも注目度の高いメーカーです。
コルグ リーズナブルな価格の電子ピアノが充実しています。
趣味で弾く方にも人気のメーカー。
どのモデルもコンパクトですが、明るくて力強い響きです。
「コンパクト」「スタイリッシュ」をコンセプトに、お洒落なデザインが多いのも特徴です。
YAMAHA(ヤマハ)

YAMAHAピアノ・電子ピアノ製品情報

KAWAI(カワイ)

河合楽器製作所デジタルピアノ製品情報

Roland(ローランド) 

Roland - pianos

CASIO(カシオ)

電子楽器 CASIO

KORG(コルグ)

デジタルピアノ・ホームプロダクツKORG

鍵盤タッチ

鍵盤が重い方がいいですか?

『重ければいい』というわけではありません

お店でお客様とお話しさせていただくときによく『鍵盤が重い方がいいですか?』というご質問をよくいただきます。
結論から申しますと『重ければいい』というわけではありません。単純に『重い』『軽い』ということではなく、鍵盤を押し込んだときの感覚や、鍵盤の戻りの速さ、優しく弾いた時、力強く弾いた時の抵抗感や、弾き応えが重要となってきます。
また、グランドピアノは調律師によって一台一台鍵盤の重さの感覚が違うので一概に『グランドピアノと全く同じ重さ』というのも不可能なのです。

まず、低価格帯のものだと、強弱はつきますが強く弾いたとき弱く弾いたときの音量の幅があまりありません。
また、高価格帯になればなるほど連打性やより繊細なタッチが可能になります。

「家のピアノとレッスン先のピアノで鍵盤が違いすぎて、練習にならない!」

軽すぎる鍵盤で練習すると指の力が養われず、悪い癖がついてアコースティックピアノが弾きづらくなります。特にこれから上達していく事を考えると出来る限り近いタッチで弾けるものを用意しましょう。

ピアノレッスンでは指先の繊細な力の入れ具合の違いを学び、表現力を身に付けます。

 一生懸命練習していても、レッスン先や発表会で成果を発揮できないと悲しいですよね。ただ鍵盤が重ければ良いというわけでもありませんが、なるべく普段から本物のピアノの鍵盤に近いもので指先を慣れさせてあげれば、本番でもギャップを感じる事なくのびのびと演奏ができ、音楽がもっと楽しくなります。

自身で弾いて表現した音がきちんと再現されるかは大切なポイントです。この表現力(音の強弱や音色の変化)を大きく左右するのが、スピーカーです。
電子ピアノは考え方を変えると、オーディオ製品によく似ていて、リアルな音を出そうとすればスピーカーやアンプなどの電子部品に、より高価なものを使う必要があります。また、高価格帯になればなるほどスピーカーの大きさや数が多くなっていきます。
良い電子ピアノほど大きなスピーカーを4つや6つもしくはそれ以上搭載しており、その分表現力の幅が本物のピアノに近くなっています。
特に「うちは小さい音でしか弾かない」という方にとっては重要なポイントになります。スピーカーの数が少なかったり、ワット数が小さい電子ピアノは、ボリュームを小さくして弾くと全く強弱がつかなくなってしまうんです。マンションにお住まいの方や夜間の練習も今後増えそうな方は、ボリュームを小さくしても強弱の練習が出来るかどうかは要チェックですね。

買った後のお話

購入後のサポート・保証・修理について

当店でご購入された商品で保証期間内の場合は、無償修理(※注)で承ります。保証期間外でもメーカーの出張修理の手配をさせていただけますので、販売店もしくは最寄りの島村楽器店舗にお問い合わせください。

(※注)製品のご使用状況や不具合の内容によっては有償修理になる場合もございます。

よくある質問

玄関口が広くないor階段が狭いのですが電子ピアノを入れられますか?

ほとんどの電子ピアノは組み立て前の段階でお家に搬入しますので問題ありません。

通常、鍵盤部分とスタンド部分、ペダル部分に分かれている状態で搬入しお家の中で組み立てしますので問題なく納品できます。エレベーターも4人乗り以上のサイズであれば可能ですのでご安心ください。
ただ、上位クラスの場合は分解できない機種もありますので、店頭スタッフへお気軽にお問合せ下さい。

何年くらい使えますか?

ご使用状況にもよりますが15年~20年くらい使われている方が多いです。

実際に選ばれてるのはこの機種!富士見店人気ランキング!

第①位!Roland(ローランド) HP605GP

メーカー 品番 定価 販売価格(税込)
Roland HP605GP オープン ¥215,460

高低自在椅子・ヘッドホン・楽譜2冊付属、基本配送設置無料!
全価格帯での全国売上台数No.1、ピアノの先生方にも評判が良いレッスン推奨モデルです。「鍵盤・音源・スピーカー」の3要素のバランスがとても良いピアノ。この価格帯の中では一番多い6スピーカー搭載で表現力にとても優れているピアノなので、先生方からも「宿題が出しやすい」と喜ばれています。ボリュームを小さくした時にもちゃんと強弱変化がついてくれるので幅広い年齢層、環境に対応できるピアノです。ヘッドホン使用時も「え、これ本当に外に聞こえてないの?」と思うほど自然な奥行を感じる音で、長時間の練習でも耳が痛くならず心地良く演奏が出来ます。伴奏機能や右手/左手切り替えなど操作も簡単で便利。
※GPモデルは島村楽器限定カラー(黒木目/ミルキーホワイト)、音色バリエーションが通常モデルに比べ充実しております。

第②位!YAMAHA(ヤマハ) SCLP6450

メーカー 品番 定価(税込) 販売価格(税込)
YAMAHA SCLP-6450 オープン ¥210,600

高低自在椅子・ヘッドホン・楽譜付属、基本配送設置無料!
全国売上台数No.2モデル。スピーカーを4つ搭載しており、木製鍵盤の弾きごたえと厚みのあるサウンドを楽しめる人気のレッスンモデルです。ひとつ下のモデル「CLP-635」と比べると響きに重厚感が増し、音に表情を付ける演奏が可能になっています。ヤマハらしいクリアな音で聴き心地は良いと思います。
※SCLPモデルは島村楽器限定カラー(ダークアルダー)、内蔵曲・音色が更に充実し、操作面が子供にも使い易い日本語表記になっています。

第③位!Roland(ローランド) LX-7GP

メーカー 品番 定価 販売価格(税込)
Roland LX-7GP オープン ¥279,720

高低自在椅子・ヘッドホン・楽譜2冊付属、基本配送設置無料!
アップライトピアノのような見た目もお洒落な大人気モデル。1位のHP605のひとつ上のランク。お値段は少し高めですが、期待を裏切らないクオリティの高さです。一度音を聴き比べて頂ければ差がすぐに分かると思います。スピーカー数は6つですが、足元にボックススピーカーがついているので低音の響きや全体的な音の立体感が全然違います!表現力が本当に豊かなので、「下手に弾けばちゃんと下手に聴こえる」というのが本物のピアノらしくて凄い!レッスン用でお探しの方には是非一度ご検討頂きたいモデルです。

選定・購入の際のご相談はコチラ。

ピアノアドバイザー:小林千恵梨

店頭・お電話でもご相談にのります。ピアノアドバイザー小林までお問い合わせください。

社内ピアノ検定 ピアノアドバイザー取得。

ららぽーと富士見 アクセス

お車をご利用の場合

公共交通機関をご利用のお客様

三井ショッピングパーク ららぽーと富士見

お問い合わせはこちら

お気軽にお問い合わせ下さい。

試弾のご予約、ご相談などお気軽にお問い合わせください。お客様にぴったりのピアノをお探しいたします。

店舗 島村楽器ららぽーと富士見店
電話番号 049-268-0660
営業時間 10:00~21:00
ピアノ担当 小林 千恵梨(こばやし ちえり)

商品お支払い方法

店頭でのお支払いは以下の方法をご利用頂けます。

  • 現金
  • クレジットカード
  • ショッピングクレジット

代引き着払いOK!

代引き着払いでのお支払い方法
  • 現金
  • クレジットカード

代引きでの着払いをご利用される場合は、ご希望のお支払い方法を必ず店舗スタッフにお伝えください。

商品代金+代引き手数料+送料=合計金額
商品受け取りの際、合計金額を運送業者へお支払いください。

このページのトップへ

「ピアノ・キーボード」カテゴリー 最新情報はこちら

このページのトップへ