1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. 市川コルトンプラザ店
  4. インストラクター紹介
  5. フルートの頭部管角度、正しいのは?
キャッシュレス決済サービスのご案内

フルートの頭部管角度、正しいのは?

正しい頭部管の角度、抜き具合について

市川市フルートレッスン

皆様、こんにちは!フルートインストラクターの石井です。
外出自粛の影響でお家時間が増え、フルートの練習に励まれていた方も多いのではないでしょうか?今回はレッスン中に生徒様からよくご質問をいただく、「頭部管の角度と抜き具合」についてお話ししたいと思います。
正しい角度と抜き具合、実は、、正解も不正解もありません!

一番大切なのは自分にとってストレスなく吹けるかどうか

大事なのは、良い音で吹けているか、腕や指など身体に負担がかかっていないか。この2点がクリアできていれば、教本や周りの人と違っていても、無理に変える必要はないかと思います。
「正しい持ち方で吹かないといけない!」と頑張りすぎず、まずは音をよく聴き、身体が無理をしていないかという点に気を配ってみましょう。

最適な角度の見つけ方

➀安定する胴部管の角度を確認

楽器の向きに関して試行錯誤されてきた方の中には、「音が一番良くなる角度でセッティングすると手がすごい角度になります、、」「手を楽にしようとすると音がスカスカになります!」という方が多いかと思います。
そこで確認していただきたいのが、フルートが一番安定する胴部管の角度です。一番安定する角度は、支柱(キイを連結させている棒を支えている柱)が真上にくる角度になります。

フルート 頭部管向き

フルート 頭部管の向き

できそうな方は気を付けながら、右手親指、左手人差し指のみで支えてみましょう。このとき、まだ音を出す必要はありません。※楽器を落としてしまう危険性がありますので、あまりご無理なさらず!
画像の角度で持つことができれば、楽器が転がることなくしっかりと支えることができます。

それに合わせて頭部管をセッティング

今度は実際に音を出していただきたいのですが、画像の角度で吹こうとすると、頭部管がだいぶ外側に向いていることになります。なので、一度頭部管をかなり内側(自分側)にセッティングして音を出してみましょう。楽器本体の角度は変えずに、音を出しながら一番きれいで楽に音が出せる位置に、頭部管の角度をセッティングしてみてください。

フルート 頭部管向き


ここから少しずつ戻していきましょう

さて、上記の角度でお試しいただけると、持ち方と音の出しやすさ、共にだいぶ楽になったかと思います。
ただし、ここから少し元の角度に近づけていきます。というのも、上記の角度で持つと、手の向きが上から楽器を掴む形になりますので、その場では楽に感じても、長時間演奏していると負担を感じるようになります。また、頭が下がる原因にもなります。

どこまで戻せば快適か、個人差はもちろんあるかと思います。音を実際に出しながら、少しずつ戻していきましょう。


どのくらい抜けばよいか?

教本では2mm~6mmと書かれていることが多いです。気温や湿度が快適な室内であれば問題ないのですが、演奏する会場によってはこちらの目安で上手くいかない場合があります。寒い時期の野外、暖房の効きすぎた部屋、様々なケースが考えられます。
大切なのは正しい音程ときれいな音で吹く事です。2cm抜いてその場で正しい音程と良い音が得られれば、私はそれでよいと考えています。
演奏環境に応じて柔軟に変えてみていただくことをおすすめします。


まとめ

いかがでしたでしょうか?教本を参考に一生懸命練習されている方、先輩のアドバイスを取り入れて自主練習に励まれている方、もし、「言われた通りにしても上手く吹けない!」ということであれば、ぜひお試しください!
大切なのは、正しい見た目ではなく、良い音で楽に吹くことです。
こちらの記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

レッスンの詳細についてはこちら!

とはいえ、一人一人の細かな癖や上手くいかない原因は、指導者が実際に見て聴かなければ、中々直すことはできません。お悩みの方は是非、レッスンへお越しください。

市川市フルートレッスン

レッスン・インストラクター情報はこちらをクリックしてください

夏得ご入会キャンペーン

体験レッスン・資料請求のお申込みはこちら




  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
  • 店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

「インストラクター紹介」カテゴリー最新情報

上へ戻る

  1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. 市川コルトンプラザ店
  4. インストラクター紹介
  5. フルートの頭部管角度、正しいのは?