最終審査会ノミネート

太田裕哥 / 母なる大地(梅田ロフト店エントリー)

審査員アドバイスコメント

3拍子のゆったりとしたリズムに乗った北欧系の曲調が良い感じで、繰り返し聴いていても飽きさせない作品ですね。広大な世界観のある歌詞を透明感あるボーカルとそれを引き立てるコーラスアレンジが良く考えられていて、心地よいハーモニーに感じました。また、優しく柔らかい声質のボーカルも曲の雰囲気に合っており、曲の世界観を十分表現していると思います。

曲の雰囲気がとても良く、オリジナリティが感じられるので、このままで十分仕上がっているのですが、あえて別の見方をすると、アレンジは少しシンプル過ぎるので単調に感じられる場合もあるかと思います。そういった意味では、シンセパッドの白玉コードを活かしつつ、停滞感を出さないように伴奏のピアノを展開ごとにアプローチを変えた演奏にしてみるなど、今一歩アレンジを詰めてみても良いでしょう。

ミックスについては、リバーブのかけ方も適切な残響感と適切なバランスで調整されているなど、曲の世界観からブレのないサウンドに仕立てられていて、録音作品として十分なクオリティがあると思います。(内藤)

このページのトップへ