最終審査会ノミネート

hyyden / FREAKS OUT(オンラインストアエントリー)

審査員アドバイスコメント

非常に個性の強い音世界で、インパクトがありました。ヴォーカルが声というよりも楽器の一要素として機能しているのか、かなりオフ気味ですがこれはもちろんそういう方向性を狙ってのことだと思います。CmからFm的なところへ移行するところなど、カッコ良かったです。いろいろな種類の楽器が複雑に絡み合いながら1つのパターンを創り上げているこの作品から、佐藤さんのアレンジ手腕の高さがはっきり分かります。狙っている方向性通りに仕上げられていると思いますが、敢えて激辛ご希望ということで、こんな見方もあるかもしれないというところで申し上げます。

まず聴き終えてどういうメロディだったかほとんど思い出せない。歌詞が、オフ気味のバランスということも相まって殆ど聴きとれない。メカニカルで刺激的なサウンドですが、序盤からずっとなので、途中で果てしなく緩やかなソフトな音場が用意されていてもアリかもしれない。リズムやパターン的に声に呼応しているものもあるが、メロディとしてはあまり目立ったものが無い。歌唱力の極めて高い女性ヴォーカルが歌えば、人VS電子ビートという新しい基軸が生まれる。

現段階の完成度はすでに完成の域に達していますので、上記の見方は参考程度にお聞き下さい。万人受けするサウンドでは無いと思いますが、個人的にはこの路線で突っ走っていただきたいです。映像モノなどでピッタリとリンクするものがあれば、申し分ないサウンドである可能性も高いです。(宮脇)

このページのトップへ