アーティスト特別動画

オンライン管楽器フェスタ開催期間限定!著名アーティストよる演奏・セミナー動画を順次公開予定です。

Chika Inoue リードの選び方セミナー

Chika Inoue(いのうえ ちか)

アメリカを拠点に活躍するサクソフォン奏者・Chika Inoue氏による、リードの選び方セミナー。
木管楽器愛好家にとって常に付きまとう<リード問題>について、専門家の切り口で選び方・保存方法等、演奏の役に立つ情報が満載です!
※セミナーは日本語で実施します。

動画を再生する

大阪・高槻市生まれ。ヨーロッパとアメリカに幼少期より在住。

サンディエゴの高校時代にサクソフォンを手にし、マーチングバンド、吹奏楽、ジャズに親しむ。
アメリカの名門大学カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)ハーブ・アルパート音楽学校、カリフォルニア州立大学フレズノ校大学院を経て、南カリフォルニア大学(USC)ソーントン音楽学校博士課程を修了。
アジア、ヨーロッパ、アメリカで幅広く活動し、クラシック音楽界では偉大な可能性を秘めるサクソフォン音楽の普及に力を注いでいる。

日本国際芸術連盟より奨励賞と審査員特別賞を受賞、La Jolla Symphony and Chorus Young Artists Competitionなど数多くのコンクールに於いて優勝を果たし、アメリカを中心にソリストとして数々のオーケストラや楽団と共演を果たす。
また、ビバリーヒルズ・コンサートシリーズの演奏家の一人に選出され、アメリカ各所でリサイタルを行ない好評を博す。

現在はロサンゼルスを拠点とし、クラシカル・サクソフォンを中心にジャズ、ロック、民族音楽のジャンルやスタジオミュージシャンとして幅広く活動中。
グスターボ・ドゥダメルが音楽監督を務めるロサンゼルス・フィルハーモニックでサクソフォンを担当している。
カリフォルニア州立大学にて音楽科と人文学科の講師の傍ら、ロサンゼルスシティーカレッジで後進の指導を行っている。

セルマーパリ・サクソフォン アーティスト、リーフレック アーティスト。

尾崎 勇太 フルート選び方セミナー

尾崎 勇太(おざき ゆうた)

中・高生から高い人気を誇るフルート奏者兼YouTuberの尾崎勇太氏による、フルートの選び方セミナー。
今回は特に、頭部管銀製と管体銀製を中心に、主要メーカーを吹き比べ、楽器の傾向や、選定のポイントをレクチャー。
これからフルートを始める方には必見の内容です!

動画を再生する

大阪府出身

フルートという楽器を中心に、芸術というフィルターを通して世界と繋がる。
数多く存在するミュージシャンの世界で、自分にしかできないパフォーマンスを日々模索中。

フォーカルジストニア患者(2016~)

第19回KOBE国際音楽コンクール高校生部門2位。

第68回全日本学生音楽コンクールフルート部門大阪本選入選。

大阪府立豊中高校を卒業後、昭和音楽大学を経て

東京芸術大学音楽学部器楽科フルート専攻を2020年4月に卒業。

the green horn代表。 KhamaiLeon メンバー。SONYMUSIC主催 STANDUP!CLASSIC メンバー。

住谷 美帆 サクソフォンコンサート

住谷 美帆(すみや みほ)

いま日本を代表する女性サックス奏者で、lefreQueアーティストでもある、住谷美帆氏によるミニコンサート。
自宅にいながら本格的な演奏をお楽しみいただけます。
オンライン管フェスタ限定公開のレア映像!
※イヤホン・ヘッドホンの使用を推奨します。

動画を再生する

1995年茨城県水戸市出身。5歳からピアノを習い、12歳から吹奏楽でサクソフォンを始める。2018年東京藝術大学首席卒業。

アカンサス音楽賞、安宅賞受賞。2018年7月スロヴェニアで行われた第9回国際サクソフォンコンクールにて女性初の優勝者となる。

第6回秋吉台音楽コンクール第1位、総合グランプリ(山口県知事賞)受賞。第34回日本管打楽器コンクール第2位受賞。 第22回クラシック音楽コンクール 第1位受賞。第15回ジュニア・サクソフォンコンクール第1位受賞。第15回日本ジュニア管打楽器コンクール金賞受賞。

ローム ミュージック ファンデーション奨学生。ヤマハ音楽奨学生。宗次エンジェル基金/公益社団法人日本演奏連盟新進演奏家国内奨学金制度奨学生。明治安田クオリティオブライフ文化財団奨学生。東京藝術大学奨学金「宮田亮平奨学金」 奨学生。財団法人地域創造平成27・28年度公共ホール音楽活性化事業派遣アーティスト。2016年N響ツアーへ「展覧会の絵」のサクソフォンソロパートに抜擢され、その美音と音楽性に注目を集めた。

これまでに関西フィル、藝大フィルと共演。サクソフォンを須川展也、鶴飼奈民、大石将紀、有村純親の各氏に師事。

財団法人地域創造平成27・28年度公共ホール音楽活性化事業派遣アーティスト。ソプラノサクソフォン奏者。ぱんだウインドオーケストラ シーズンメンバー。BSジャパン「エンター・ザ・ミュージック」、日本テレビ「ヒルナンデス」等メディアにも出演し今注目の若手サクソフォン奏者。2018年アルバム「プロムナード」(キングレコード)でCDデビュー。

加藤 明久 クラリネットセミナー&コンサート

加藤 明久(かとう あきひさ)

日本を代表するクラリネット奏者・加藤明久氏によるセミナー&ミコンサート。
「RC × R-13」というクラリネット吹きにとっては永遠のテーマを、専門家の視点で解説。
話題の新製品「E11S」を使用したコンサートもお楽しみください!
※イヤホン・ヘッドホンの使用を推奨します。

動画を再生する

クラリネットを大橋幸夫、浜中浩一の両氏に師事。

1983年、国立音楽大学卒業。その年より制定された矢田部賞を受賞。

第53回読売新人演奏会などの新人演奏会に出演。

第16回民音室内楽コンクール第1位入賞。

1984年、第1回日本クラリネット・コンクール入賞。

1985年、第35回ミュンヘン国際コンクール木管五重奏部門でファイナリスト。

1988年、欧日音楽講座にて初のビュッフェ・クランポン賞を与えられる。第2回日本クラリネット・コンクール入賞。

1990年、NHK交響楽団に入団。

2019年NHK交響楽団を退団。

2019年より昭和音楽大学特任教授、武蔵野音楽大学非常勤講師。

[使用楽器:〈ビュッフェ・クランポン〉“トスカ”]

このページのトップへ