録れコン2022結果発表

グランプリ・インストルメンタル部門優秀賞

録れコン2022 グランプリ・インストルメンタル部門優秀賞 Mus'c「Karst」

Mus'c「Karst」
(津田沼パルコ店エントリー)

音源を試聴する

自己PR

「Mus'c(ムスク)」は2019年に活動を開始しました。ジャズ、プログレッシヴ、現代音楽、エレクトロニクス等を中心に音楽を聴いてきた経験から、作品もそれらを応用させたかたちで制作・発表しております。これまでにアルバム「Archit.」を発表し、録れコン2021ではアレンジ賞をいただきました。

本名、上野悠河(うえの・ゆうが)は学生時代にオーケストラの打楽器奏者を、現在は現代美術家として活動しております。

作品PR

『Karst』とは、石灰岩台地ともいわれる「カルスト地形」のことであり、スロベニアのクラス地方、中国の桂林、日本だと山口県の秋吉台が有名かと思います。

四季によって色の変わる平原、浮かぶような石灰岩の白、地下にできる鍾乳洞を印象として、楽曲の各楽器と奏法、コード・ワークを描き出しました。

編成は、【①平均律と微分音調律のコードトリガー付きエレピ/ピアノ、②ピッコロ(フルート持ち替え)、③フルート、④シロフォン/グロッケン、⑤エレクトリックベース、⑥ドラムス、⑦パーカッション1(トムトム、タンバリン)、⑧パーカッション2(ティンバレス/カウベル/アンビル)、⑨パーカッション3(トライアングル/クラベス)、⑩パーカッション4(吊りシンバル/合わせシンバル/カバサ/タンバリン)】の、打楽器を多用した全打ち込みの現代アヴァン・ジャズ十重奏です。

本作には前奏曲のピアノ独奏『Pétros』があり、両作あわせて約10分になかにモチーフが共有されています。今回は楽曲時間の都合から『Karst』のショート・ヴァージョンを制作しエントリーいたしました。

使用機材

  • Apple Mac Pro (Late 2013)
  • Apple Logic Pro: DAW sequencer, plugins
  • Adobe Audition: DAW mastering
  • RME FireFace800: I/O
  • Apogee ensemble firewire: AD/DA
  • KURZWEIL MIDIBOARD: MIDI-Key.
  • beyerdynamic DT150: headphone 1
  • Meze Audio 99 Classics: headphone 2
  • PRIMARE I21 / L&B FS-61: monitor set

審査員コメント

1970年代のクロスオーバー的なテイストが強く感じられ、スリリングな展開が気持ち良い作品ですね。実際に演奏しているパートと打ち込みで演奏させているパートが区別できないぐらいの精度という形容がふさわしいクオリティの高い作品だと思います。

モチーフとなる演奏フレーズの楽器の割り振りや音域、曲の展開や構成など非常に密度が濃いアレンジに感服です。そのため、曲の演奏時間が5分50秒という応募規定ギリギリの長い演奏時間ながら、聴き入ってしまい、最後まで飽きることなく聴かせていただきました。

録音やミキシングバランスなどについても特に気になる点もなく、言うことなしの仕上がりになっていると思います。エントリーフォームにコメントされている通り、多様なジャンルやスタイルを聴き込まれるという上野さんの作品の土台となっていることがしっかりと伝わってくる作品でした。この作品ではエレクトロニクス的な要素が控えめのようでしたので、エレクトロニクス要素を盛り込んだアプローチの作品も聴いてみたいです。(内藤 朗)

賞品

  • リプロダクション

一般部門優秀賞

録れコン2022 一般部門優秀賞 Lipsum.「ヒガンバナ」

Lipsum.「ヒガンバナ」
(イオンモール大高店エントリー)

音源を試聴する

自己PR

2021年3月より活動を始めました。

作詞作曲を行いながら、曲ごとにヴォーカリストやプレイヤー、スタッフを集めて音楽制作や、MVの制作を行なっています。

使用機材

  • Apple Logic

審査員コメント

弱起からはじまるボーカルの「第一音目」が耳に入ってきた瞬間、鳥肌が立ってしまいました。Aメロのほんのわずかな数小節間に展開されているダブル&クロス、ハーモニー等の考え抜かれたボーカルトラック…。その確立された音楽的世界に引き込まれました。

Bメロ(0’38〜)からアコピがミュートされていることに感動しつつ、極力無駄を排除したソリッドな楽器トラックのコラージュに、ドキドキ&ワクワク…。

サビのメロディラインとコード進行(I ーIIIーIVーIVm)にうっとりしつつ、「1番サビの終わり部分」から、ベースラインの流れだけで、いつの間にか「2番Aメロ」に移行している…といったギミック…。一瞬迷路に迷い込んだかのような錯覚に陥りました。

2番以降は、1番と異なるアレンジを施されていて、その丁寧な作品づくりに頭が下がる思いです。

何より、歌詞の世界観を見事に表現されているボーカルが素晴らしいです。ノンリバーブである点も、大いに評価すべきポイントであると考えます。

「2’50〜」以降は敢えてボーカルに加工を施し、エッセンスを与えていらっしゃる…。

終わり方も秀逸です。

最後の「ラララ〜 乾いた空気揺らす 今を震わす」でまたしても鳥肌が立ってしました。

最高の作品に触れることができました。

ありがとうございました!(割田)

賞品

ボカロ部門優秀賞

録れコン2022 ボカロ部門優秀賞 るりう「Empty Notes」

るりう「Empty Notes」
(三宮オーパ店エントリー)

音源を試聴する

自己PR

2019年に活動開始した、現在16歳の作編曲家。

ボカロやアニソン、ソウルジャズ、EDM等様々なジャンルから影響を受けた音楽を制作しています。

今までリリースした全ての楽曲の作詞・作曲・編曲に加え、ほとんどのMVで映像制作も行っています。

今までVOCALOIDを使用した楽曲を制作していましたが、今年3月25日からは他のボーカルの方をお招きし、新たな活動のスタートを切りました。

作品PR

ディスコから影響を受けて作った楽曲です。

音楽に向き合う気持ちを歌にしました。

使用機材

  • DAW
    • Steinberg Cubase
  • E.Guitar
    • YAMAHA / PACIFICA 112V
  • 音源
    • INTERNET / VOCALOID4 Megpoid V4 Native
    • UVI / Orchestral Suite
    • IK Multimedia / Miroslav Philharmonik 2, MODO BASS
    • Loopcloud
  • プラグイン
    • WAVES / Gold Bundle
    • iZotope / Tonal Balance Bundle
    • IK Multimedia / AmpliTube 5, T-Racks 5
  • オーディオインターフェース
    • MOTU / M2
  • モニタースピーカー
    • YAMAHA / MSP5 STUDIO
  • モニターヘッドホン
    • audio-technica / ATH-M50x

審査員コメント

「第1音」から引き込まれました!

「歌詞」も「メロディ」も「アレンジ」も「MIX」も…、すべてにおいて素晴らしいです!

「冒頭→Aメロ→Bメロ」のわずかな時間の流れの中で、突出した抜群のセンスを感じました。

Aメロにおける「リズムのブレイク」…、「アクセントを付けるために使用されている音色」…。

Bメロからの「4つ打ちのキック展開」、メトロノームを模した「L←→R」にパンニングされている音…。

細かなところにまで気を配られた音作りに魅了されました。

サビも、キャッチーなメロディで心に残りやすく、とても親しみが持てます。

1分30秒からの「アコピ」の展開にも驚かされましたし、後半に登場する「ソウル感」にも、思わずニヤニヤしてしまいました。

歌詞に登場する「新しい音楽に会いに行く」…。まさに、この作品のことを言い表しているかのようです。

一点、敢えて「激辛」で申し上げますと、サビの1小節前(0’45付近)の「だから〜」の箇所は、「ハイハット」や「4拍目の8分裏のキック」などを思い切って完全にミュートするのも有りだと考えます。そのほうが「だから〜」という言葉がクローズアップされ、サビに向けての「期待感」と「勢い」が増し、サビ突入時の「喜び感」が増すかもしれません。是非、ご一考ください。

「16歳」という年齢に大いなる可能性を感じています。

今後の作品に期待してやみません。頑張ってください!(割田)

賞品

楽曲賞

録れコン2022 楽曲賞 碧空の法則「朧」

碧空の法則「朧」
(久留米ゆめタウン店エントリー)

音源を試聴する

自己PR

「J-Popを科学する」をテーマに活動する、2人組デジタルクリエイティブユニット。

(SNS総フォロワー数 20,000人、総再生数620万回)

複数のYouTubeやTikTokチャンネルを運営し、チャンネルごとに異なる顔を持つ。

いずれのチャンネルでも「音楽をより楽しむ」ためのコンテンツをプロデュース・発信し続けている。

登録者100万人規模の人気YouTuberとのコラボや、アリーナクラスの現役アーティストへのカラオケ音源提供など、幅広く活動中。

  • メンバー
    • Hayama(Sound Creator, Composer, Video Creator)
    • Fukuno(Composer, Sound Director, Project Producer)

作品PR

鬼滅の刃の登場キャラクター「霞柱・時透無一郎」をイメージして制作したオリジナル楽曲になります。

バトル漫画の迫力やスピード感を重視しつつも、「霞・霧・朧」といった掴みどころの無いイメージを足し合わせることでキャラクターの特徴を表現しました。

キャッチーなメロディを際立たせるための王道ロックアレンジを基礎としながらも、ホーン・ストリングス・打ち込みドラム・効果音(FX)を多用することで、より現代的なポップサウンドに仕上げております。

構成はA・B・サビを主体にしたシンプルなものですが、2Aにあたるセクションで新たなメロディを提示、かつEQのオートメーションにより音響的な変化をつけることで、飽きのこない展開にしています。

2サビ後の通常はCメロにあたるセクションも、2Aのサウンドを流用した1Aに置き換えることで、より記憶に定着しやすくしています。

また、最後のサビもリハーモナイズを施し、リズムに変化をつけることで聴感上のインパクトを演出しています。

使用機材

  • DAW
    • Steinberg Cubase
  • ソフト音源
    • Toontrack / Superior Drummer 3
    • Native Instruments / Session Strings Pro2・Session Horns Pro・Scarbee Pre-Bass・The Grandeur・Symphony Series Percussion-Xylophone
    • Xfer / Serum
  • サンプリング音源
    • Splice
  • ミックスプラグイン
    • Waves / Horizon同梱品・JJP-Vocals・JJP-Strings &Keys
    • Positive Grid / BIAS FX2
    • iZotope / Ozone8・Vocal Synth2
  • オーディオIF
    • Roland / Rubix22
  • D.I.
    • L.R. Baggs / Para Acoustic D.I.
  • ギター
    • Gibson / Les Paul Studio
  • ヘッドフォン
    • AKG / K271MK2
  • スピーカー
    • FOSTEX / PM0.4n

審査員コメント

曲の構成が某アニメのヒット曲を彷彿とさせますが、全くマネにはなっておらず、着想だけをうまく利用していると感じました。内容は全く違いますし、むしろ乗り越えていこうと試みた数々の工夫が、作品の独自性につながっていて、際立っていました。

良い部分はたくさんありますが、サビの最後を短く迂回させるようにして、安易に解決せず、印象的にイントロ部分のリフレインや他の楽章に繋げている部分は秀逸だと感じました。

そして、その構造を利用し、毎回到達する工夫や仕掛けがあります。そのジェットコースター的な展開は、絶妙なバランス感覚です。

ミックスも良くできており、バックのオケが分厚い部分においても、しっかりと歌にフォーカス出来ていて、その事に安心感を覚えます。しかし、マスタリング的にはもう少し二次元的なべたっとした感じを払拭できれば良いと思いました。おそらく、各楽器の周波数的にぶつかっている部分の整理整頓をさらに丹念に行うことで改善されるでしょう。

デジタルコンプの厳密な特性をしっかりと把握し、響きや雰囲気に関係のない帯域を集中させないよう、ノッチフィルターなどで追い込んでさらに慎重に作業いたしましょう。

そして、鮮度の高い、みずみずしい印象の高調波を含んだ楽器音を、積極的に配置できると良いと思います。前記の「少し二次元的なべたっとした感じ。」とは、この部分にも関係があると思います。

もう一つ、楽曲の最後をただDAWを止めただけのような、クラッシュシンバルの残り方ですが、その一発でデモ音源的な未完成な印象が高まってしまいます。これは非常に惜しい部分です。その部分をしっかり処理して最後まで、こだわりを貫いた仕上がりにできればとさらに良い印象でした。

非常にレベルが高く、素晴らしい作品なので、さらなる高みを目指して頑張ってください!!(清水玲)

賞品

アレンジ賞

録れコン2022 アレンジ賞 マイケストラ「夜明けワンダーアラウンド」

マイケストラ「夜明けワンダーアラウンド」
(あべのand店エントリー)

音源を試聴する

自己PR

緊急事態宣言をきっかけに夫婦で楽曲制作を始めました。

試行錯誤しながらコンテスト等に応募はしていますが、うまくいかず当たっては砕ける毎日です。

より様々な人に聞いてもらえるように楽曲のレベルを上げていきたいのです。

作品PR

夜明け前の交差点をイメージした楽曲です。

セクションによって細かくリズムの取り方を変えて、飽きさせないように工夫しました。ハーモニーはテンションを多く取り入れ、重厚さを意識し、楽器編成のシンプルさを感じさせないように意識しました。

使用機材

  • DAW
    • Apple Logic
  • ソフトシンセ
    • Logic付属音源
    • KOMPLETE
    • OZONE9

審査員コメント

エントリーシートの《緊急事態宣言をきっかけに夫婦で楽曲制作を開始…》とのコメントを拝見し、『きっと和気あいあい&ホノボノとした微笑ましい楽曲なのだろうなぁ…』と勝手ながら想像していた次第なのですが、音源を拝聴してビックリ…。

「音圧」と「コード感」と「ボーカル」…。冒頭から引き込まれました!

「夜明けワンダーランド〜」のわずか1フレーズだけで、この夫婦ユニットの豊かな才能を感じ取りました!

とても細やかな部分にまで行き渡っている、その丁寧なサウンドメイキングに、真摯なお人柄を感じずにはおれません。

使用されている音色も、さほど多くはないのですが、低域〜高域の「あらゆる帯域」を埋め尽くすように配された各楽器のフレーズは、まさに「匠の技」と言えます。

ゆったりしたAメロが、Bメロでは「スネア=2拍目&4拍目を刻み」、一気に躍動を開始するのですが、サビでは、一転して「スネア=3拍目のみ」となり、ふたたび広がり&深みを持って「ゆったり」と展開…。

「2’28〜」からの展開におけるギミック…などなど、全体を通して《リスナーをドキドキ&ワクワクさせること》を常に心がけていらっしゃるのだろうと推察します。

その見事な「音楽的構成力」に脱帽です。

サビのキャッチーなメロディも、とても好感が持てますし、何より、ボーカルが素敵です。

後半のラップ風の展開も最高です。(ボーカルの処理もまさに「巧み」です)

今後の作品にも大いに期待してやみません。

心から拍手をお送りいたします!(割田)

賞品

サウンドクリエイト(MIX)賞

録れコン2022 サウンドクリエイト(MIX)賞 ツボカワヤスロウ「宇宙」

ツボカワヤスロウ「宇宙」
(金沢フォーラス店エントリー)

音源を試聴する

自己PR

私は数年前から楽曲を作り音楽活動を始めました。今年58歳を迎えます。

元気に動ける時間も、あと十数年、もしかしたら数年、かもしれません。好きな音楽に心おきなくうちこんで、ああいい人生だったな〜と、くたばりたいものです(笑)。そして、そんな想いから作った曲たちです。

一生懸命作った曲を、審査員の方々はちゃんと聴いて下さっているんだなあと、過去数回の審査員コメントを読んで実感しました。今回も今まで以上に一生懸命作ったので、制作に役立つ、そしてモチベーションのアップする、読み応えのあるコメントを期待しています。

作品PR

知人に「YOASOBI」が好きなお子さまがいて、その子の影響もあって、昨年ぐらいから今どきのJ -POPをいろいろと聴きはじめました。聴くと、私が知らなかった素晴らしいアーティストがたくさんいらっしゃいます。私も中学生ぐらいの子に聴いてもらえる歌を作れないかなと思って、この曲を作り始めました。

曲の長さは、リスナー経験の浅い少年少女 (つまり私の知人のお子さま) でも聴きやすいように、初めから3分台の前半でまとめようと構成しました。

使用機材

  • DAW
    • Steinberg Cubase
  • マイク
    • オーディオテクニカ AT4055

審査員コメント

メロディと歌詞の一体感が非常に感じられ、曲の世界観が見事に凝縮された作品ですね。

淡々と歌いながらもそれを表現しているボーカルにも個性を感じました。少々変な言い方になりますが、キックの4つ打ちを採り入れた3拍子リズムによる印象的なグルーヴ感もメロディの抑揚と合っていてイイ感じです。

アレンジについても打ち込みらしさを強調したシンプルな出だしから、全体の起伏と共に徐々に展開していく構成はとても良いと思います。

サウンドメイクやミキシングに関しては、ボーカルのエフェクト処理も曲の構成や展開に合わせた調整が細部で行なわれており、特にサビ部分におけるボーカルのサウンドメイクからスキルの高さを感じました。申し分のないクオリティです。1分55秒あたりからの間奏部分もエフェクティブな音の演出も含めて非常に凝ったアレンジで、何も言うことなしです。

強いて言えばですが、エンディング部分のピアノのソロがありますが、フェードアウトで曲も終わっていますし、ピアノソロのサイズを長くして、フェードアウトさせるのも良いかと思います。(内藤 朗)

賞品

ベストプレイヤー賞

録れコン2022 ベストプレイヤー賞 Ryota*「5 Year Old Child」

Ryota*「5 Year Old Child」
(新宿PePe店エントリー)

音源を試聴する

自己PR

3歳よりピアノ・エレクトーン、13歳からはギターを始めました。

作曲活動は10歳の頃から本格的に開始し、13歳のときにDTMに出会いコンピューターを活用した音楽表現に興味を持つようにになりました。

また、中学校に入ってからはジャズのセッションを行うようになりました(楽器はピアノ)。

ジャズを得意とする一方で、DTMではEDMからオーケストラまで幅広いジャンルの曲を作っています。特に、異ジャンルの音楽の融合に興味を持っています。

作品PR

一番の特徴は曲が5拍子であることです。6/8の最後の一拍を取り去ったかのようなテンポ感で曲を構成することで、先への期待感が出てくるように演出しました。

曲のもう一つのこだわりは、Kawaii Future BassとJazzの融合です。

サウンドはKawaii Future Bassで見られるものを基調としながらもJazzで使用されるダブルベースを取り入れました。また、コードは基本的にJazzの雰囲気を感じるようにテンションノートやボイシングを工夫しました。また、Jazzのアドリブソロを彷彿とさせるパートを作り、そこでは使用するスケールにこだわりました。

使用機材

  • DAW
    • Steinberg Cubase
  • オーディオインターフェース
    • UR22C

審査員コメント

15歳という若さで、非常に正確で計画性を持った制作姿勢に作品のサウンド共々、感心いたしました。五拍子のリズム的なモティーフの設定も、分かりやすいリフの反復にせず、自由度のある音形に設定したおかげで、拍子を意識することなく自然なグルーヴになっていルと思います。

広がりのあるリードシンセの音色や、そのリードパートを歌い上げられている点が素晴らしいと思いました。それでは、いくつかのアドバイスをしていきましょう。

まずアドリブのフレーズですが、モティーフを並行移動してアウトしたり、ハーモニーに対して冒険していこうという意欲は素晴らしいと思います。Ryota*さんはお若いですからアドリブについての入射角やジャズが培ってきた語法を正確に掴む勉強をすれば、将来が楽しみです。

想定したコード進行に対し、アドリブラインの指針となる別のコード進行を想定し、そのハーモニーが持つ、強いサウンドに沿って旋律を作る手法がピバップ以降のジャズサウンドの革命的な手法です。フレーズを聴くとスケールを中心に構成されているようですが、その種のアドリブ特有の旋律感の弱さを感じます。挑戦的で良い感覚を持っているので、正しいジャズの語法(スタイルではない)を学ぶとより磨きがかかると思います。

エンディングもさりげなく意表をつくようで、これ見よがしでない意外性を意識したセンスは素晴らしいと思います。

是非、今後も挑戦的な作品をお聴かせください。頑張ってください!!(清水玲)

賞品

審査員特別賞

録れコン2022 審査員特別賞 kdo-10°C「音楽なんてやらなきゃよかった」

kdo-10°C「音楽なんてやらなきゃよかった」
(二子玉川ライズ・ショッピングセンター店エントリー)

音源を試聴する

自己PR

コロナによってすべてのバンドが解散したものの、未だ業界への夢があきらめられず。

これを機に会社員をしながら、ボカロP活動を開始。

「感動したいし、させたい」という思いのもと、生きづらさを抱える若者にメッセージ性ある音楽を届けられますように。

2週間を納期として、すべて一人で作詞、作曲、編曲、ギター演奏、ミックスを行なっています。

作品PR

2021年より始めた2週間作曲。

作詞、作曲、編曲、ギター演奏、ミックスをすべて一人で実施している中で比較的出来のよいものを応募させていただきます。

2021年12月前半で作りました。(この2週間作曲最後の一曲です)

この一年で様々な楽器のアレンジに挑戦、習得してきましたが、最後はストリングスもブラスも用いずに泣ける曲を作ることがテーマでした。

初音ミクの一番綺麗な声って「ららら」なんです。。

自分が作ったなんてことないメロディーが、初音ミクに承認されて、そして歌となる。

この感動はやってみた者にしかわからないかもしれませんが、それをどうやったら伝えられるか。

この一年、本当に多くの楽曲に出会い感動し、偉大な作家やバンド、クリエイターの素晴らしさを目の当たりにしました。そして絶望しました。自分はまだ全然足りないと。

それは決して楽しいことではなかったです。

「音楽」じゃなかったです。

「暗闇」でした。

こういった活動をしていると、「どうせ趣味でしょ?」と笑われることもあります。

悔しいです。趣味でこんな辛いことはやらない。でもやらなきゃいけない。音楽を作れるようになったんだから。

多くの方々には、そういったものの存在がないのかもしれません。

仮に幽霊が見えたとして、そして他の誰に話してもそれを信じてもらえなかったら

人はどうするでしょうか?

きっと信じてもらえるまで、あの手この手で証明してみようとするでしょう。

私にとって音楽を作るとはそのようなことなのかもしれません。

そんな思いから「音楽なんてやらなきゃよかった」が生まれました。

実は正式タイトルは異なります。タイトルに取り消し線がつきます。

使用機材

  • Apple Logic
  • 初音ミクNT
  • KOMPLETE
  • SSD5.5
  • iZotope Ozone
  • Antelope Synergy Core Discrete 8
  • Kemper Amps
  • Gibson Les Paul
  • mooer GTRS

etc

審査員コメント

タイトルのインパクトが強く、聴く前からどんな作品なんだろうと興味を持ちました。サビの「いっそ音楽がなければ」というフレーズがフックとなり、聴き手を惹きつけますね。ストリングスやブラスを用いずに泣ける曲を作ることをテーマに制作された作品とのことですが、コントラストの強いアレンジや大胆に抑揚をつけて聴き手を飽きさせないアプローチなど、細部にまでしっかりと意識の行き届いた作品に仕上がっています。この楽曲が2週間作曲最後の作品とのことですが、私が聞かせていただいて作品の中で最も完成度の高い作品だと感じました。

メロディの流れ、コードアプローチ、楽器の使い方など特に気になるところはありませんでした。ギターソロに入る(2”46)のサブドミナントマイナーの使い方もとてもいいですね。ここでさらにもうひと摑みしてくるのかと感心してしまいました。ただ、導入部(0”29)あたりでシンセのリリースが長く、和音が濁っているのが唯一気になったところです。もしかしたら狙っているのかなとも思いましたが、メロディがあるので、ここはクリアにしておいたほうがいいと思います。

SoundCloudのページも拝見させていただきました。エントリーシートに記載されていますが、この楽曲のタイトルは波線で消されているんですね。タイトルを見ただけではわからない、kdo-10℃さんの想いの強さを感じることができました。今はプロとかアマとかの時代ではないと思います。自分が放った音楽はだれかにきっと届くと思います。kdo-10℃さんのメロディメイクのセンスはかなり高いと思いますし、アレンジ能力も申し分ありません。また、録音後の音の処理もかなり高いレベルで仕上げられています。今後の活躍がとても楽しみなアーティストです。これからももっと多くの作品を作り続けてください。(鈴木)

賞品

最終審査会ノミネート作品

一般部門

アーティスト名楽曲名エントリー店舗音源
マイケストラNIGHT BLOOMあべのand店音源を試聴する
vuefloor & SOTAROBEATSVacationラゾーナ川崎店音源を試聴する
THE KENNY BLACK BANDYOU ARE MY HERO ~ユア・マイ・ヒーロー〜札幌ステラプレイス店音源を試聴する
マイケストラサヨナラノナミダあべのand店音源を試聴する
N.Y.BEAVER午前0時のマーメイド広島パルコ店音源を試聴する
MotivatorBloodline三宮オーパ店音源を試聴する
レベルバレッタアンラッキー☆グロッキーFxxkin'末期ガールイオンモール堺北花田店音源を試聴する
SATANIC GRAYHALLOWEEN DANCE錦糸町パルコ店音源を試聴する
D-TranscendMr.&Miss Moonlight川崎ルフロン店音源を試聴する
ねもどくはく。洛北阪急スクエア店音源を試聴する
ectoplasmハクア札幌ステラプレイス店音源を試聴する
LuaMkinナガサ・ドゥーチュイムニーイオンモール宮崎店音源を試聴する
Full House+BRAT新宿PePe店音源を試聴する
ソウダコウタイオンモール福岡店音源を試聴する
実験的音楽二分の一の葬列ミーナ町田店音源を試聴する
サキヤブタカシ愛のゆりかごイオンモール広島府中店音源を試聴する
コUすKVoyage広島パルコ店音源を試聴する
千早青Ctrl+Zららぽーと富士見店音源を試聴する
Cheekyいつか、きっと。ららぽーと湘南平塚店音源を試聴する
マイケストラ無重力あべのand店音源を試聴する
MOCKUPS繋いで新宿PePe店音源を試聴する
小林喜一Profusely八王子店音源を試聴する
ヒロトライフ川崎ルフロン店音源を試聴する

ボカロ部門

アーティスト名楽曲名エントリー店舗音源
kdo-10°Cポンコツカー二子玉川ライズ・ショッピングセンター店音源を試聴する
C.Makotocon-graduation赤羽アピレ店音源を試聴する
べんとうがかりshadowららぽーと新三郷店音源を試聴する
葉羽無限夜話_第一話静岡パルコ店音源を試聴する
なで肩P全部虚構イオンモール鈴鹿店音源を試聴する
KYOSO僕だけのモーソウ名古屋パルコ店音源を試聴する
K5バタフライエフェクトミュージックサロン池袋音源を試聴する
リョード迷い道横浜ビブレ店音源を試聴する
kdo-10°C夕凪二子玉川ライズ・ショッピングセンター店音源を試聴する
naみナイトリカバーレストレス立川店音源を試聴する
赤兎かいウナウナ☆スパーキングナイトイオン長岡店音源を試聴する
おぴよるーぷるーぷみゅーじっく錦糸町パルコ店音源を試聴する

インストルメンタル部門

アーティスト名楽曲名エントリー店舗音源
音魔導士風霜イオンモール幕張新都心店音源を試聴する
はっぴぃカーニバルFKD宇都宮店音源を試聴する
ラッジーUsual life郡山アティ店音源を試聴する
KingSizeSome Liesイオンモール浜松市野店音源を試聴する
Ryosuke玲瓏たる龍殿河原町オーパ店音源を試聴する
LeaFie始まりの場所へイオンモール川口前川店音源を試聴する
CounterpointD74variationsコクーンシティさいたま新都心店音源を試聴する
DiceKEY Akhanev DUOSpiraling Hymnsミュージックサロン船堀音源を試聴する
フィロ丸Prayer for Eternal Peaceイオンモール姫路リバーシティー店音源を試聴する
Kyosuke MoriLet me moveららぽーと海老名店音源を試聴する
大塚 考浩Francisco de Xavierの主題による航海紀行曲千葉店音源を試聴する
BE.魔女の夜会イオンモール成田店音源を試聴する

アドバイスコメントは6月より順次お渡しする予定となっております。

できるだけ早期のお渡しに向け対応しておりますので、しばらくお待ちください。