録れコン2020最終審査会ノミネート

susu_maru 「キミノキライナウタ」

エントリー店舗仙台ロフト店

審審査員アドバイスコメント

最初に作品を聴かせて頂いた時、ボーカルの存在感というか、キャラクターのインパクトがとても感じられ、曲に聴き入って最後まで一気に聴いてしまった、という状態でした。

改めて聴き直してみると、オケのアレンジがオーソドックスなポップスアレンジを踏襲しつつも、各所で使用されているシンセの音色とフレーズ、ドラムパターンなどに見られるようにEDM的なテイストの盛り込み方が絶妙な加減になっているなど、作品としてのクオリティの高さを感じました。言うことなしという曲だと思います。

敢えて言えば、程度のコメントになりますが、ミックスのバランス面でシンセベル系の音色パートが少々目立って聴こえました。もう少し音量レベルを落とすか、高域を少しカットするなど設定を今一度見直してみると良いでしょう。

また、再生環境にもよるかもしれませんが、低域のファット感がもう少しあると良いなと思いました。今入っているベースパートも低域をブーストしているかと思われますが、この下にサブベースのパートを入れてみるのも良いでしょう。サビ始まりのインパクトの後のAメロ部分の音域が少し低いこともあり、オケに埋もれている感がありましたので、今一度見直してみてほしいと思います。(内藤)

このページのトップへ