録れコン2020最終審査会ノミネート

古賀礼人 「帰省」

エントリー店舗イオンモール草津店

審審査員アドバイスコメント

細かいところの作りこみや演奏の細部に粗さが目立つものの年齢とキャリアから考えて、ここまでやれたことを評価したいと思います。iPodのマイクでこれだけでできれば評価されても良いでしょう。

年齢とかキャリアを考えずに評価した場合、エレキギターのリズムの悪さが目立ちますね。録音するとなると構えてしまってガチガチになって思った通りに弾けないことはボクにもありました。これは冷静に弾こうという意識をもって回数を重ねていくことで解消できます。

それと、音価についてもっとふかくこだわって方がいいかもしれないですね。メロディにはもう少しリバーブがあっても良かったと思いますよ。透明感のある音で夏に帰省しているイメージが浮かびます。空虚感を出すのはミックスだけではなく、テンポだったり、調性、音数とかも関係してきます。マイナーで音数が少ないゆっくりとした曲をメロディにリバーブやディレイを少しだけ多めにかけると寂しいとか虚しいイメージが作りやすいかもしれませんね。

ミックスの確認方法ですが、スピーカーとヘッドフォンの両方で確認するといいと思います。ただ、イヤホンだと低域が強調されているものがおおかったりするのでスピーカーと聞き比べるとキャラクターが違いすぎる可能性はあります。できれば、友達のものでも構わないので、いくつかのイヤホンで聞いてみるといいと思います。

来年もまた新しい作品が聴けることを楽しみにしています。(福地)

このページのトップへ