録れコン2020最終審査会ノミネート

うすりな 「ナミダリウム」

エントリー店舗セレオ国分寺店

審審査員アドバイスコメント

何と言ってもタイトルがとても良いと思います。アレンジ的にも空間を生かせていて、しかもハイハット(的なもの)がずっとオートパンみたいなプラグインで定位をグルグル回っているのが癖になります。歌が終わってからのアウトロも本当は長いんでしょうが、なんとも言えない余韻がありますので、長すぎる感じはしませんでした。

ただ、もし試してみてやめたのだったらゴメンなさいなのですが、サビにコーラス(多分下ハモ)は入れて欲しかった気はします。それと、せっかく歌は声も歌い方も良いのに、所々歌詞カードを見ないと言葉がわからない部分があります。例えば「歩き出せない」の「せない」が潜ってしまっていて「歩き出すね」かと思ってしまいました。こう言う部分もシビアにヴォリュームを書いたりしてちゃんと耳から言葉が入ってくるようにしましょう。せっかく良いヴォーカル・テイクなのに勿体無いです。

あとはアレンジが上手に出来たので気持ちはわかるのですが、もう一越え「歌=主役、それ以外=脇役」の図式を強めても良かったような気は正直少しします。

しかしきっともっともっと良い曲を沢山作れる2人だと思います。作品作りはとにかく数をこなせばどんどん上手になって行きますので、どんどん早いペースで新曲を作って行きましょう。今後にも大いに期待しております。(高橋竜)

このページのトップへ