録れコン2020最終審査会ノミネート

加藤有悟 「麗しの少年ガール」

エントリー店舗イオンモール岡崎店

審審査員アドバイスコメント

まずなによりも演奏のリズム軸がぴったり定まっているために、非常に安定したアンサンブルに仕上がっています。アコースティックなスライドのエアー感も充分感じられるミックスなのに余分なリバーブ感は一切無く、定位感も良いです。激辛ご希望ということですので、以下あえてということで述べます。

シンプルでポップなメロディラインでしが、既聴感強めなので聴き終わったあとで「何の歌」だったのか、やや分かりにくいかもしれません。サザンでしたらもとアクを強く仕上げていて、かつ声質がオリジナルの塊として完全に市民権を得ているので、聴こえ方も違ってきます。

声質がわりと王道的ですが歌詞をやや日本語をぼやかせる歌唱を(あえて)やってらっしゃるので、歌詞の印象が薄目です。この曲を何度も聴かれるファンの人は全然違う印象を抱くとも思いますので、上記意見はアドバイスというよりも、一見さんが聴いた時の印象の一つという感じでご甘受願えれば幸いです。ミュージシャンとしての資質は全く問題ないというよりむしろ素晴らしいので、今後のご活躍を楽しみにしています。(宮脇)

このページのトップへ