Jamesの技術-James(ジェームス)

ブランドについて

Jamesの技術

James

ビギナー向けのエントリーシリーズとアコースティックサウンドにこだわった本格派シリーズ。2つのシリーズが音楽のある生活を素敵に彩ります。

Jamesの技術

トラディショナルなギター作りをベースに、ブリッジトラスシステムなどの新基軸も積極的に採用。

カーボンロッド 300シリーズを除く全モデル採用

カーボンロッド *300シリーズを除く全モデル採用

ネックとボディのジョイント部に、カーボン製ロッドを埋め込みました。軽く丈夫なカーボンロッドはネックの振動を妨げることなく、通常のトラスロッドと併せ、より強固なジョイントを実現します。

サウンドホールサポート

サウンドホールサポート *300シリーズを除く全モデル採用

サウンドホール周辺の強度アップと、トップの振動を整えるために、スプルースのサポート板を追加。明瞭な鳴りを実現します。新素材クリスタルトーン製のナット&サドルを採用。入力に対する反応が早く、立ち上がりの良いきらびやかな高音を実現する硬質ファイバー素材です。

Crystal Tone ナット&サドル

Crystal Tone ナット&サドル *全モデルに採用

新素材クリスタルトーン製のナット&サドルを採用。入力に対する反応が早く、立ち上がりの良いきらびやかな高音を実現する硬質ファイバー素材です。

ボディシェイプ

ボディシェイプ

Aシェイプ:弾きやすさとサウンドを追求した、新開発のオリジナルシェイプ。ピッキングに対する反応が早く、タイトな鳴りが魅力です。
Dシェイプ:豊かでダイナミックな鳴りが魅力の、定番ボディシェイプ。

ブリッジトラスシステム

ブリッジトラスシステム *一部モデルに採用

振動をよりボディに伝える

ブリッジトラスシステムは、ブリッジとエンドブロックをダイレクトに接続するテクノロジー。従来のトップ→サイド→バックという振動の伝わり方に加え、ブリッジの振動を直接ボディに伝える新たなルートが生まれるため、ボディ全体をより効果的に鳴らすことができ、音量やサスティーンが向上します。

ボディの強度を支える

従来のギターではトップにかかる弦のテンションは、主にブレーシングが受けとめていました。しかしブリッジトラスシステムにもトップを支える効果があるため、ボディの強度が大幅に改善されます。そのため、より繊細なトップの設計が可能になりました。