2014.11.9 恵比寿 ザ・ガーデンホール
ジャパンファイナルレポート

No.8 the tote

the tote

休憩明け一発目に登場したのは千葉エリア代表、市川コルトンプラザ店エントリーのthe toteです。
自分たちの音楽をトートバックのように気軽に持ち運んで欲しいという想いから命名されたという「the tote」。「恵比寿へようこそ!」という掛け声でライブがスタートしました。

the tote the tote

軽快なリズムと手拍子にのせて始まった、1曲目の「ぺディグリー」。ステージ前に駆けつけた、ファンを前にメンバーも会場もより一層盛り上がりを見せました。さきちゃん(Cho,Key)の力強いコーラスで菊地さん(Gt,Vo)の歌うメロディーも際立ちます。

the tote

彼らが生まれ育った千葉の変わりゆく景色や思い出を忘れないために作ったという2曲目「箱ブランコとエクスカリバー」。幻想的なイントロで会場を惹き付け、メンバーのアカペラから始まりました。完璧なピッチでのハーモニーが会場に響き渡り、心を震わせます。
彼等の想いが伝わってくる1曲でした。

the tote

最後に「ライブを盛り上げてくれてありがとう!」と感謝の言葉を残し、ステージを去りました。
彼等は月に7〜8回以上のライブ活動をしているそうです。そして、現在レコーディング中という彼等のセカンドアルバムが来年2月に発売されます!かっこいい一面がみられるアルバムに仕上がっているとのことでした。

ライブ映像


the toteにインタビュー

the toteの紹介動画です。

the toteについて詳しくはこちら
the toteオフィシャルサイトはこちら