2014.11.9 恵比寿 ザ・ガーデンホール
ジャパンファイナルレポート

No.2 the crunch dog

the crunch dog

続いて登場したのは九州エリア代表、イオンモール佐賀大和店エントリーのthe crunch dogです。
スローテンポな「電車の音」からスタート。草刈さん(Vo,Gt)の柔らかな歌声に心を奪われます。サビに近づくにつれ、サウンドが厚くなってきます。サビでは力強く歌いあげ、先程とはまた違う一面を魅せてくれました。

the crunch dog

福島さん(Key,cho)のやさしいコーラスが印象的です。まるで電車を待っている温かい日のような気持ちになります。メンバーそれぞれの奏でる音がバランス良く、激しさの中に優しさを併せ持ったバンドです。

the crunch dog

「九州は佐賀県から、人生2回目の飛行機できました。今日は楽しんで帰ってください。」と草刈さん(Vo,Gt.)。優しい人柄がにじみ出るMCでした。

the crunch dog the crunch dog

ついついリズムを取りたくなる2曲目は「おめでたい男」。キーボードの優しく丁寧な演奏で、会場はのどかな雰囲気となりました。終始、懐かしさを感じるメロディーでオーディエンスを優しく包み込む彼等の演奏には、優しさの中にも熱いキモチがつまっていました。

ライブ映像


the crunch dogにインタビュー

バンドの特徴等を語ってもらいました。

the crunch dogについて詳しくはこちら
the crunch dogオフィシャルサイトはこちら