千葉エリアファイナルレポート

ライブ演奏・出演者紹介No,1〜

hunch

  • hunch
  • hunch
  • hunch

トップバッターに登場したのは、前回のHOTLINE2011千葉ファイナルで優秀賞を獲得したhunch(コルトンプラザ店エントリー)。
「勝ち負けは、関係ない。音楽は楽しむものだから!」という冒頭のメッセージから始まった彼らのライブ!全体を通しての1曲目にも関わらず、ド頭で此処までアゲてくるか!?という位に一気に盛り上げをみせたかと思えば、アコギに持ち替えての2曲目ではしっかりと聴かせてくれました。
終了後、「また、どっかで会いましょう!」と客席に再会を約束した彼らのライブはメッセージを全面に押し出してきたライブでした。

RAGOUT

  • RAGOUT
  • RAGOUT
  • RAGOUT

2番目に登場したのはRAGOUT(南船橋店エントリー)。
トップのhunchとは対照的に、MCは一切ナシ!油断すると置いていかれるんじゃないか?という展開を持った1曲目のナンバーから、叙情的なメロディーとバンドサウンドが融合した2曲目。
ライブ後のインタビューでは、さっきまで歌っていたとは思えない程おっとりとした一面も見せてくれたボーカル三浦聡美さん。何とも独特な雰囲気なバンドでした。

向原 愛海

  • 向原 愛海
  • 向原 愛海
  • 向原 愛海

3組目の登場は、向原 愛海(船橋店エントリー)。
最初の曲は、もう二度と帰って来ない人へ送られた曲を披露。決して悲しいだけではなく前向きになれる曲でした。
「ちょっと季節外れですけど…」という前置きから始まった2曲目の「恋桜」。恐らく彼女の最大の武器であろう、抜群の歌唱力で客席を一気に引き込みました。
MCでも少し触れていたがバンド編成での活動もあるらしく、バンドの中に彼女の歌声がどう混ざるのか、見てみたくなるようなライブでした。

SALTY DOG

  • SALTY DOG
  • SALTY DOG
  • SALTY DOG

懐かしいゲーム風のイントロからライブが始まったSALTY DOG(千葉パルコ店エントリー)。
ノルウェー人女性ボーカルであることもシーケンスがあるバンドサウンドも、恐らく今回の千葉ファイナルでは最も異質であったはずの彼らですが、イントロ終了後のカウントから一気にライブモードに突入!バンドとしてのパワーとポテンシャルの高さをコレでもか!と魅せつけ、終始攻めのライブに徹していました。
終演後、SALTY DOGの出番の時に(モッシュして)暴れたかったです!と言うお客さんの声があったのも印象的でした。

TECO

  • TECO
  • TECO
  • TECO

千葉ファイナルも中盤戦に差し掛かり、5番目に登場したTECO(津田沼店エントリー)。
一度聴いたら忘れられないサビと無機質で切ない同期音源が印象的な1曲目に対して、「自分の声と楽器だけで届ける」と言って始まった切ないバラード曲。
ステージ上の二人の距離が離れていたにも関わらず、ベタ付きでアイコンタクトを取り合っているんじゃないか?と思わせる程、息の合ったギタープレイ&ボーカル。ライブ後のインタビューでの、人柄も含め沢山の魅力を感じられたライブでした。

A Thousand Leaves

  • A Thousand Leaves
  • A Thousand Leaves
  • A Thousand Leaves

「俺たちはロックをしに来ました!」といってライブを始めたA Thousand Leaves(イオンノア店エントリー)。
「イオンノア店がダメになりそうだった時に自分たちもダメになっていて…だから今イオンノア店代表として、このステージに立てることが幸せです!」(1曲目~2曲目の間のMCにて) ステージを所狭しと動き回り自分たちのロックを十二分に魅せてくれた彼らのロックは、MCで語られた内面だけではなくライブパフォーマンスも含め熱く凄く暖かいロックでした。