HOTLINE2010

”HOTLINE”は、島村楽器がプロデュースする、音楽の新しい才能を発掘するための、ライブにこだわったコンテストです。

神奈川エリア イベントレポート!!

ライブ演奏・出演者紹介 No.1~

No.1 Duck and Swallow

Duck and Swallow Duck and Swallow Duck and Swallow

今回一発目を飾って頂いたDuck and Swallowですが、一発目を感じさせないLIVE慣れしたステージングがさすがという感じでした。さわやかで聞きやすい楽曲、JAPANFINALに絶対に行くという熱い演奏は、観客を沸かせていました。インタビューで語っていた「魅せる」ライブが表現出来ていたと思います。

No.2 アレシオ

アレシオ アレシオ アレシオ

個々の能力が高く、力強い演奏は、観客を沸かせており、メロディの聴きやすさだけでなく、アレシオ独特のカラーに彩られた楽曲は、非常に個性を感じました。バンドメンバーが神奈川ファイナルに出場するにあたって語っていた「とにかく気持ちよく演奏がしたい」という言葉を感じさせるステージングでした。

No.3 The Blind Lots

The Blind Lots The Blind Lots The Blind Lots

The Blind Lotsを一言で表すならば、「悪カッコいい」バンドです。今回、出演したバンドの多くは、聴きやすいメロディの楽曲でしたが、The Blind LotsはRockを地で行く、ガレージバンドでした。ステージング、楽曲共に爆発寸前の爆弾のような危ない魅力を感じました。本人達が語っていた通り、瞬間に「何か」を感じ取れました。

No.4 四季

四季 四季 四季

四季のボーカルの能力は、今回の大会の中で一番高いと感じました。そのボーカルに合うように計算された伴奏は楽曲に独特の世界観を生み、メッセージ性の強い歌詞には、観客の皆様も聴き入っていました。インタビューの際に語っていた、「とにかく神奈川ファイナルを良いものにしたい」と言っていた通り、四季の思いが大成功したと思います。

No.5 ノムライズ

ノムライズ ノムライズ ノムライズ

ステージに上がった瞬間、大きな盛り上がりを見せました。ノムライズの「脱力系」の楽曲には、初めて聴いた人にも親しみが涌くような感じがあり、ステージングでは、楽曲の途中に台詞を挟むなど、他のバンドにはない良さがありました。終始盛り上がっており、時折、笑いが起こったりなど、まさに一つになれるステージでした。

No.6 オオキ ショウ

オオキ ショウ オオキ ショウ オオキ ショウ

今大会で唯一の弾き語りでの出演でしたが、他の出演バンドに引けを取らないくらい、濃くて熱い演奏を聴かせてくれました。実体験を元に書かれた楽曲は、会場の皆様の共感を生み、観客の皆様もしっとりとした感じで聴き入っており、まさに「オオキワールド」といった雰囲気に惹き込まれていました。

このページのトップへ

お問い合わせはこちらまで

モバイル