イベントレポート

群馬・信越FINAL

群馬・信越ファイナル イベントレポート

ライブ演奏・出演者紹介 No.1~
No.1 レアスイーツ
レアスイーツ レアスイーツ レアスイーツ

トップバッターは長野K'sスクエア店エントリー、レアスイーツ。
初出場でトップバッターという極限の緊張の中でも、それを感じさせない活き活きとした演奏を披露してくれました。
2曲目の『手をつないで』では優しくも力強い歌声で会場内の誰もが聴き入っていました。

No.2 Ruth
Ruth Ruth Ruth

続いては新潟ビルボードプレイス店からエントリーのRuth。
ロックを土台に様々な音楽を取り入れた楽曲に男女の息の合ったツインボーカルと、バルーンを持ち込んでのステージ演出など、こだわりが感じられます。
思わず身体を動かしたくなるようなリズムカルな曲と、力強いボーカルが印象的なスローテンポな曲を披露してくれました。

No.3 S.N.M.C
S.N.M.C S.N.M.C S.N.M.C

3番目は長野K'sスクエア店エントリー、S.N.M.C。
ラップにボイスパーカッション、会場が一気に盛り上がりをみせました。お客さんもノリノリで会場が一体となったライブパフォーマンスは圧巻でした。
ライブ後のインタビュー中、彼らのライブを始めて観たお客様がファン宣言!彼らのパフォーマンスの高さを物語っていました。

No.4 Paul Stripe
Paul Stripe Paul Stripe Paul Stripe

続いても長野K'sスクエア店エントリー、Paul Stripe。
1曲目POPなメロディに透通った歌声、キーボードで曲が始まった瞬間、お客さんも演奏に引き込まれていました。
2曲目は力強くもどこか切ない歌詞とメロディ。1曲目とは一変した曲の流れにお客さんも圧倒されていました。

No.5 ピンポンダッシュ
ピンポンダッシュ ピンポンダッシュ ピンポンダッシュ

5組目は長岡ジャスコ店エントリーのピンポンダッシュ。
本日、唯一のアコースティックデュオ。特徴の違う二人の声が織成すハーモニーは絶妙でした。
2曲目の「恋しくて」は、切ない歌詞に思わずグっと来てしまいました。2本のギターと2人の歌声で会場をやさしく包んでいました。

No.6 EARTHing switch
EARTHing switch EARTHing switch EARTHing switch

続いて登場したのが地元高崎で活動中の4人組、イオンモール高崎店エントリーのEARTHing switch。
会場にはたくさんのファン方が応援に駆けつけていました。切ない歌詞に美しい歌声、POPなメロディで初めて聴いても共感が持てるような曲を披露してくれました。正に『切なPOP』。

このページのトップへ

HOTLINEについて

HOTLINEブログ

お問い合わせはこちらまで