Grzegorz Niemczuk I Love Piano! ポスター
ポスター掲載:2019年3月~
Grzegorz Niemczuk

I Love Piano!アーティスト第8弾!

今回の『I Love Piano!』にはポーランドで「最もショパンの解釈が優れたピアニスト」に選ばれたピアニスト、Grzegorz Niemczuk(グジェゴシュ・ニェムチュク)さんにご出演いただきました!

Grzegorz Niemczuk アーティスト写真

Grzegorz Niemczuk (グジェゴシュ・ニェムチュク)

ポーランド ティヒ生まれ。カトヴィツェにあるK.シマノフスキ音楽大学をヨゼフ・ストンペル教授に師事し、最優秀で卒業。その後、奨学金を得てマネス大学で学ぶ。メナヘム・プレスラー、プィリップ・ホアキン、ホアキン・アチュカロ、デヴィット・ドゥバル、カン・チェンモ、K.ツィマーマン、A.ヤシンスキ、ダン・タイ・ソン、P.パレチニの各氏に師事。リピンスキ音楽アカデミーにて芸術学士取得。2009年からアメリカのジェフリー・スアン芸術監督と共に活動も行っている。
多くの国際コンクールで優勝しているポーランド人初の入賞となったカーネギーホール国際コンチェルトコンクールの優勝をかわきりに、イタリア、ブルガリア、ニューヨーク、イギリス、ベルギーなど多数優勝。韓国での釜山マル国際コンクールで特別賞受賞。第40回ポーランド全国ショパンコンクール(ワルシャワ)で優勝。グジェゴシュ・ニェムチュクは、母国ポーランドの首相賞、文化省賞、及びティヒ市長賞など数々の栄誉ある賞を受賞している。レパートリーは、幅広く、バロックから近現代に至るまで、その数は、ソロ作品200曲以上、ピアノ協奏曲20作品に上る。
彼の豊富な国際的ソロ活動は、既に11年にも渡り世界中の多くの著名なコンサートホールでの演奏を成し遂げた。現在までに6大陸30か国以上(ポーランド、チェコ、スロバキア、ドイツ、リトアニア、ロシア、オーストラリア、英国、フィンランド、ノルウェー、エチオピア、タンザニア、スイス、日本、中国、韓国、シンガポール、マレーシア、オーストリア、ブラジル、米国、ジャマイカ、ペルーキュラソー島)を訪問し、350回以上のリサイタルを行い、マスタークラスを行っている。
2016年、紀尾井ホールにてピアノ協奏曲の演奏会、2017年7月に、満席の中、鮮烈な東京デビューリサイタルを行い好評を博す。2017年ポーランド国営ラジオによる、「ショパンの最も優れた解釈のピアニスト」に、アルゲリッチ、ポリーニと並んで、選ばれる。現在シレジア大学音楽科にて准教授の傍ら、リマ音楽院、ノルウェー音楽アカデミー、シンガポール ナンヤン芸術アカデミー、他多数招聘をされ、演奏及び指導を行っている。また、ニューヨーク マネス大学音楽科の国際ピアノインスティトゥートとフェスティバルに、ショパンとシマノフスキの歴史及びマズルカの奏法で招聘されている。現在月刊「ショパン」にショパンの演奏法を連載中。

Grzegorz Niemczuk - Chopin - Nocturne B flat minor Op.9 No.1

Grzegorz Niemczukさんに10の質問!

Q1.ピアノを始めたきっかけはいつ、どんな時でしたか?

Grzegorz Niemczuk
4歳の時に両親と外を歩いていたら、ピアノショップがあり、「これがほしい!これを弾きたい!!」と言ったそうです。

Q2.一番最初に手に入れた(購入した)ピアノは何でしたか?

Grzegorz Niemczuk
ホフマンアップライトピアノ

Q3.現在メインで使用しているピアノは何ですか?

Grzegorz Niemczuk
カワイグランドピアノ 155cm

Q4.ピアノを上達するために行ったことやコツはありましたか?

Grzegorz Niemczuk
3つのことをいつも自問していました。1つ目は「どのような音で弾くべきか」、2つ目は「今はどうか」、3つ目は「1の事をするには何をすべきか」。

Q5.プロになろうと思ったきっかけやエピソードなどを教えてください

Grzegorz Niemczuk
私はピアノが大好きだったので、この事を大切にし、私の音を聴いてもらうのが大好きだったので、自分が思うがままにしていたらプロになっていた。
Grzegorz Niemczuk ピアノを弾いている画像

Q6.尊敬するピアニスト、影響を受けたピアニスト(またはアーティスト)は?

Grzegorz Niemczuk
ルービン・シュタイン、スヴァトスラフ・リヒテル、クリスチャン・ツィマーマン、グレゴリー・ソコロフ。

Q7.人前で演奏をする際に心掛けていることは?

Grzegorz Niemczuk
良く寝ること、コンサート当日はあまり食べない、芸術的な本や美術などを見て自分自身にインスピレーションを湧かせること。

Q8.ピアノを楽しく続けていくためのポイントがあれば教えてください

Grzegorz Niemczuk
あなたが弾く曲を心から好きになることです。

Q9.今後の活動について(どんなことにチャレンジしていきたいですか?)

Grzegorz Niemczuk
中国、ノルウェーとツアーがあり、2019年3月16日(土)さくらを見に、そしてヤマハホールで、違うオールショパンリサイタルがあります。日本・ポーランド国交100周年記念です。

Q10.これからピアノを始める方へ一言!

Grzegorz Niemczuk
ピアノはあなた自身の世界をクリエイトしてくれます!誰も邪魔することはできない!!ピアノを弾くことにより悲しみも喜びに変わり、そしてピアノはあなたの親友となるでしょう!

機材紹介

2018年11月に来日されて島村楽器ピアノセレクションセンターで開催したコンサートに使用されたピアノをご本人のコメント付きでご紹介!

SAUTER/Omega 220

YAMAHA/CP4 STAGE
本人コメント
ザウターは、自由自在に、私の好みの音色が出せ、素晴らしく美しい、アメージングなピアノです!!!

お知らせ

来日ピアノリサイタル日程

2019年3月16日(土) 東京
会場 銀座ヤマハホール
時間 開場 13:00/開演 13:30
プログラム
  • 幻想ポロネーズ 変イ長調 作品61
  • ワルツ 作品64「子犬」、第2番
  • ソナタ 第2番 変ロ短調 作品35
  • 2つのノクターン 作品62
  • マズルカ 作品59
  • アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ 変ホ長調 作品22
料金 全席自由席 一般¥4,000/学生¥2,000
チケット
取り扱い
ア・コルト音楽プロデュース
TEL:070-1266-0037
2019年3月20日(水) 愛知
会場 宗次ホール
時間 開場 13:00/開演 13:30
プログラム
  • 幻想ポロネーズ 変イ長調 Op.61
  • ソナタ 第2番 変ロ短調 Op.35
  • 2つのワルツ 変ニ長調「子犬のワルツ」 Op.64-1、嬰ハ短調 Op.64-2
  • 2つのノクターン Op.62
  • 3つのマズルカ Op.59
  • 瞑想の影
料金 一般自由席¥2,000/チャリティシート(指定席)¥2,200
チケット
取り扱い
宗次ホールチケットセンター
TEL:052-265-1718
2019年3月23日(土) 大阪
会場 ヤマハミュージック 大阪なんば店 2Fサロン
時間 開場 13:30/開演 14:00
プログラム
  • 幻想ポロネーズ 変イ長調 作品61
  • ワルツ 第1番、第2番 作品64
  • ソナタ 第2番 変ロ短調 作品35
  • 2つのノクターン 作品62
  • マズルカ 作品59
  • アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ 変ホ長調 作品22
料金 一般 ¥3,000/学生・会員 ¥2,500
チケット
取り扱い
ヤマハミュージックリテイリング大阪なんば店
TEL:06-6531-8155
2019年4月26日(日) 東京
会場 武蔵野音楽大学 ブラームスホール
時間 開場 18:00/開演 18:30
プログラム
  • マズルカ 作品17、30、50、59
  • 幻想ポロネーズ 変イ長調 作品61
  • 子守歌 変ニ長調 作品57
  • ソナタ 第3番 ロ短調 作品58
料金 全席自由席 ¥1,000
チケット
取り扱い
武蔵野音楽大学演奏部窓口
TEL:03-3992-1120

ショパン2018年10月号で表紙を飾られました

Grzegorz Niemczukさんオススメのショパン曲

バラード第4番 ヘ短調 作品52
バラード第4番 ヘ短調 作品52

ポーランド音楽出版社/ヤン・エキエル編 バラード集(Ballades)に収録

ソナタ第3番 ロ短調 作品58
ソナタ第3番 ロ短調 作品58

ポーランド音楽出版社/ヤン・エキエル編 ソナタ集(Sonatas)に収録

楽譜販売ページへ
幻想ポロネーズ 作品61
幻想ポロネーズ 作品61

ポーランド音楽出版社/ヤン・エキエル編 ポロネーズ集(Polonaises)に収録

舟歌 嬰へ長調 作品60
舟歌 嬰へ長調 作品608

ポーランド音楽出版社/ヤン・エキエル編 色々な作品集(Various』 Works)に収録

楽譜販売ページへ