住所 〒530-0011
大阪府大阪市北区大深町3番1号
グランフロント大阪 ショップ&レストラン北館5階
電話番号 06-6359-2855
営業時間 10:00~21:00 リンク ショッピングセンターWebサイトへ

【弦楽器】ヨーロピアンバイオリンフェア 8/4(金)~31(木) 島村楽器グランフロント大阪店

  • (2017年8月11日)15:04 更新
  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
    店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

ヨーロピアンバイオリンフェア開催!(8/4(金)~31(木))

ヨーロピアンバイオリンフェア 島村楽器グランフロント大阪店
⇒弦楽器メインページはこちら
⇒弦楽器コンシェルジュバイオリン紹介はこちら

イタリアバイオリンラインナップ紹介 モダンオールドバイオリンラインナップ紹介
その他新作欧州バイオリンラインナップ紹介 現代製作家一部紹介
ご成約プレゼント

ギヨーム松脂 島村楽器グランフロント大阪店

期間中30万以上のヨーロッパバイオリンご成約のお客様に、ベルギーの弓職人
Pierre Guillaume
(ピエール・ギヨーム)氏
が開発した高級松脂
プレゼント

イタリアバイオリン フェアラインナップご紹介

買い付けヨーロッパヨーロッパ買い付け買い付けヨーロッパ買い付けヨーロッパ

Alberto Giordano

1984年クレモナヴァイオリン製作学校を卒業。
V.ビソロッティなどに指導を受ける。名工セスト・ロッキの工房で下積み時代を過ごした後、1987年より現代最高峰の名工Josef Curtin&Gregg Alfのもとで研鑽を積む。
1994年より、歴史的名手ニコロ・パガニーニが残した遺品のヴァイオリン「カノン」の保存に携わる責任者に任命され、現在に至るまでその重責を務めている。

当社マイスター茂木がアトリエに訪問した際のブログ『2016年秋 弦楽器ヨーロッパ買い付け日記』も是非ご覧下さい!

Alberto GiordanoAlberto Giordano

本作は、18世紀の製作家:G.B.ガダニーニ 1774年の名器 "Salabue - Berta"の精密なコピー作品。世界的なバイオリン専門誌`Strad`にジョルダーノ氏が詳細の記事をトピックスとして掲載した楽器を復元。ある程度弾き込んだかのような深みのある音色、ダイナミックレンジの広さとすべてにおいて完成度の高い楽器です。昨今ストラド、ガルネリモデルが常に注目される中、合えてガダニーニモデルを選ばれる演奏家は後を堪えません。
アルベルトジョルダーノ紹介はこちら

製作家 製作年 販売価格(税込)
展示中
Alberto Giordano
2016年 ¥2,462,400

Riccardo Bergonzi

1961年生まれの55歳。
1976年バーニャカヴァッロ展示会で最年少で金賞受賞。その後、同展示会のバイオリン、チェロ部門にて金賞受賞し、1991年のトリエンナーレでもヴィオラ部門で1位を受賞している製作家です。

BergonziBergonzi

R.Bergonzi/1983, Guarneri "Cannone"

30年の時を経ていることで、音の鋭利な部分が良い意味でそぎ落とされ、厚みのあるサウンドへと進化しました。パワーがあり、ハイポジでも音の伸びが素晴らしく、澄んだよく通る音、遠くまで音が届く印象です。芯がありクリアーな音色で演奏家が音のイメージを作りやすいバイオリンです。数年間かかって徐々に音色が成熟するように作っているそうで、楽器の作風、作りがモダンイタリーに近いため、大胆で風格がありどこか本人のイメージと重なります。
ベルゴンツィ紹介はこちら

製作家 製作年 販売価格(税込) 詳細
展示中
Riccardo Bergonzi
1983年 ¥2,376,000 Riccardo Bergonziのバイオリンの詳細はこちら

Fabio Dalla Costa

Fabio Dalla Costa(ファビオ・ダッラ・コスタ)は、1966年イタリア Vicenza生まれ。1984年クレモナ国際ヴァイオリン製作学校を卒業後、Gio Batta Morassiに師事し、1988年まで修行を積みました。同氏は、国際コンクールで数々の賞を受賞しております。受賞歴については、詳細ページの英訳プロフィールをご覧下さいませ。
当社マイスター茂木が、2014年秋にファビオ・ダッラ・コスタ氏アトリエに訪問した際のブログ『2014年秋 弦楽器ヨーロッパ買い付け日記』も是非ご覧下さい!

ダッラコスタヴァイオリンFabio バイオリン

本作は"TORCOLATO"と名付けられた同氏の「ゴールド・コレクション」からの逸品。4年間に渡るグァルネリ・デル・ジェス研究の末に辿り着いた、ダッラ・コスタ氏研究成果=結論は、まる1800年代での名器を弾いているかのイメージで製作されており、強くて輝かしいクレモネーゼ・サウンドが最大の特徴です。
このTORCOLATOモデルは、既にアメリカのソリストによって米国内のコンペティションで金賞受賞に輝いた、プレイヤーにとっては折り紙つきの実績を持っております。その確かな品質を、ぜひ一度お手 とってお確かめ下さい。
ダッラコスタ紹介はこちら

製作家 製作年 販売価格(税込) 詳細
展示中
Fabio Dalla Costa
2015年 ¥1,944,000 Fabio Dalla Costaのバイオリンの詳細はこちら

Andrea Schudtz

アンドレア・シュッツはロシア出身。バイオリン製作の聖地イタリアへ家族で移住し、15歳でクレモナ国立バイオリン製作学校入り製作を学ぶ。スコラーリ、コニアなどの著名な製作家に師事した後、独立。現在はクレモナ市内に工房を構え、意欲的に製作を行っている。
当社マイスター茂木が、2014年秋と2015年春にアンドレア・シュッツ氏アトリエに訪問した際の様子は
2014年秋 弦楽器イタリア買い付け日記2015年春 弦楽器ヨーロッパ買い付け日記から是非ご覧下さい!

シュッツバイオリンシュッツバイオリン

この作品は、Andrea Schudtzの最新作。イタリアの歴史ある建物を取り壊した際に出土した非常に珍しい「1600年代」の古材を使用して製作されております。
Andrea Schudtz製作証明書付属
アンドレアシュッツ紹介はこちら

製作家 製作年 製作国 販売価格(税込) 詳細
展示中
Andrea Schudtz
2016年 イタリア ¥1,620,000 バイオリンの詳細はこちら

Lapo Vettori

ヴェットーリ バイオリンヴェットーリバイオリン

3代に渡り花の都フィレンツェにてバイオリンの製作の伝統を継承し続けている弦楽器製作名門家系のPaolo Vettori & Sons。パワフルでコシの強いサウンドが自慢のLapoの作品です。

製作家 製作年 製作国 モデル 販売価格(税込) 買付ブログ
展示中
Lapo Vettori
2017年 イタリア Guarneri del Gesù 1737 ¥1,620,000 バイオリン買付様子はこちら

Andrea Varrazani

バラザーリバイオリン

ヴァラザーニはナポリ出身のいま注目の若手製作家です。彼の楽器はクレモナ郊外の工房で本数をしぼって丹念に作り出されています。ガルネリ最晩年の名器オレブルを再現したこの楽器は深みと明るさが両立した希少な楽器に仕上がりました。

ブランド 製作年 製作国 モデル 販売価格(税込) 買付ブログ 詳細
展示中
Andrea Varrazari
2017 イタリア after Guarneri 1744 "Ole Bull" ¥1,620,000 買い付けの様子はこちら バイオリンの詳細はこちら

Sandro Asinari

イタリア弦楽器製作の聖地Cremonaにアトリエを構えるサンドロ・アジナリは14歳でクレモナのヴァイオリン製作学校Scuola Internazionale di Liuteria si Cremona(I.P.I.A.L.L.)に入学、マッシモ・ネグローニ(Massimo Negroni)、ヴァンナ・ザンベッリ(Wanna Zambelli)各氏に師事。
1987年にヴァイオリン製作学校を卒業。そのすぐ後に、マエストロ ジョバッタ・モラッシ(Gio Batta Morassi)が指導するC.E.E.学校に入学し、より高い技術を習得し、1991年にクレモナに工房を開き数々のコンクールで受賞しています。

アジナリヴァイオリンアジナリヴァイオリン

本作は赤く燃えるようなクレモナオレンジのニスと裏板は鮮やかな1Pice back。そして伸びやかな音色、弾いていてストレスを感じさせないスピーディーな立ち上がり・反応の良さが際立つ極上の逸品。世界中のプレーヤーに賞賛されている大人気の製作家。曲線の美しさには目を見張るものがあり、アジナーリ特有の美しい雰囲気を漂わせたヴァイオリンです。

製作家 製作年 製作国 販売価格(税込) 詳細
展示中
Sandro Asinari
2017年 イタリア ¥1,404,000 バイオリンの詳細はこちら

C.Cane

モデナの製作学校で名工ベッレイにより才能を開花した新鋭メーカー。現在はベッレイの片腕として活躍。Carlo Cane製作証明書

Cane バイオリンCane バイオリン

製作家 製作年 製作国 販売価格(税込)
展示中
C.Cane
2017年 イタリア ¥1,080,000

Maria Schudtz

1974年生まれ。父:パヴェル・シュッツもモスクワのボリジョイ劇場のオーケストラへ多数の楽器を製作した有名なマエストロであった。父と兄:アンドレア・シュッツの影響で10代の頃より楽器製作を始め、クレモナへ移り、多くの巨匠のもとで修行し、兄:アンドレアと共にクレモナで独立。
当社に入荷するマリア・シュッツ氏の作品は、兄アンドレアと同じく、父より受け継いだ70年~80年物のオールド木材を特別に使用して製作して下さっております。
アマティ、ストラディヴァリウス、ガルネリ・デル・ジェスといった世界3大名器に大きな影響を受け、自身の作風に反映させています。
マリアシュッツ紹介はこちら

マリアシュッツヴァイオリンマリアシュッツヴァイオリン

クレモナのマエストロ:アンドレア・シュッツの実妹マリアによる人気作品。ストラディヴァリウスモデル。

製作家 製作年 製作国 販売価格(税込) 詳細
展示中
Maria Schudtz
2015年 イタリア ¥972,000 Maria Schudtzのバイオリンの詳細はこちら

Scrollavezza Workshop

Scrollavezza Workshop バイオリンScrollavezza Workshop バイオリン

イタリア・パルマの名工スコラベッツァ&ザンレが手がけるワークショップ作品です。
スコラベッツァ紹介はこちら

製作家 製作年 製作国 販売価格(税込) 詳細
展示中
Scrollavezza Workshop
2013年 イタリア ¥540,000 Scrollavezza Workshopのバイオリンの詳細はこちら

Edgar Russ

エドガー・ルス バイオリンエドガー・ルスバイオリン

エドガー・E.・ルス氏がプロデュースするドイツ=イタリア作品。白木の状態までドイツで仕上げた後に、イタリア:クレモナにある同氏の工房にて、イタリアンレシピのニスを施した作品が本作「Voce Angelica」です。
1本1本味わいの違う風合いと、明るいイタリアントーンを兼ね備えたこのバイオリンは、とてもコストパフォーマンスの高い秀逸な仕上がりとなっています。
Edgar E. Russ製作証明書付属

製作家 製作年 製作国 販売価格(税込) 詳細
展示中
Edgar Russ
2015年 イタリア ¥432,000 Edgar Russのバイオリンの詳細はこちら
イタリアバイオリンラインナップ紹介 モダンオールドバイオリンラインナップ紹介
その他新作欧州バイオリンラインナップ紹介 現代製作家一部紹介

モダンバイオリンラインナップ フェアラインナップご紹介

買い付けヨーロッパ買い付けヨーロッパ買い付けヨーロッパ買い付けヨーロッパ
⇒弦楽器コンシェルジュバイオリン紹介はこちら

Carl Rost

カールロスト バイオリンカールロスト バイオリン

カール・ロスト工房製バイオリン。

製作家 製作年 製作国 販売価格(税込) 詳細
展示中
Carl Rost/w
1926年 ドイツ ¥930,000 バイオリンの詳細はこちら

Eugen Gartner

ゲルトナーバイオリン 島村楽器グランフロント大阪店ゲルトナーバイオリン 島村楽器グランフロント大阪店

1864年 ドイツ/シュトゥットゥガルト生まれ。シュトゥットゥガルトのAnton Sprenger(1833-1900)、パリのNicolas Eugene Simoutre(1834-1908)の元で製作を学び、1891年に故郷に戻り独立。
ゲルトナーは、若い頃より天才製作家の呼び声が高く、当時の展示会や博覧会で数々の賞を受賞。最後にはその腕を買われ、宮廷付きの製作家になります。厳選された古材を美しいオイルニスでカバーリングした芸術的作品は、ヴュルテンベルグを代表するものとなりました。
この作品も、熟成材を用いて極上のオイルニスで仕上げられた、完璧なStradivariusモデル。コンサートホールの奥深いところまで響き渡る、到達力のある力強く神々しい鳴りはまさにソリスト向きと言えるでしょう。
Wolfgang Hamberger鑑定書付属

製作家 製作年 製作国 販売価格(税込) 詳細
展示中
Eugen Gartner
1915年 ドイツ ¥864,000 バイオリンの詳細はこちら

H.Wagner

ワグナー バイオリンワグナー バイオリン

Henri Wagnerは1910年にブリュッセルで銀メダルを獲得した実力派メーカーです。

製作家 製作年 製作国 販売価格(税込) 詳細
H.Wagner 1919年 フランス ご成約済み バイオリンの詳細はこちら

Merciolle

メルショレバイオリンメルショレ バイオリン

パリで活躍したJiles Merciolleラベルの作品です。

製作家 製作年 製作国 販売価格(税込) 詳細
展示中
label/Merciolle
1930年頃 フランス ¥540,000 バイオリンの詳細はこちら

Alfons F.Vavra

Alfons F.Vavra バイオリンAlfons F.Vavra バイオリン

1901年チェコ生まれ。プラハで他の兄弟たちと共に活躍しました。
明るいニスが特徴のモダンチェコバイオリンです。

製作家 製作年 製作国 販売価格(税込)
展示中
Alfons F.Vavra
1935年頃 チェコ ¥494,640
イタリアバイオリンラインナップ紹介 モダンオールドバイオリンラインナップ紹介
その他新作欧州バイオリンラインナップ紹介 現代製作家一部紹介

その他欧州新作バイオリンラインナップ フェアラインナップご紹介

⇒弦楽器コンシェルジュバイオリン紹介はこちら

Claus Hermann(クラウスヘルマン)

クラウスヘルマン

ヨーロッパの理想的環境で熟成された最高級材を使用。熟練の職人技による鳴りの良さと音質。

ブランド モデル 販売価格(税込) 製作国
Claus Hermann 展示中
NO68e/t
¥462,888 ドイツ

Jan Lorenz(ヤン・ロレンツ)

NO10

Jan Lorenz NO10 Jan Lorenz NO10

ヤン・ロレンツのレーベルは、クヴィントの上位クラス。ストラディバリモデルで作られたこちらは、低音から高音までバランスよい響き。しっかりとした抵抗感で、弾き手の思いに反応して鳴ってくれます。|

証明書Jan Lorenz(ヤン・ロレンツ)
製作者ご本人のサイン入り証明書付き

ブランド レーベル モデル 販売価格(税込) 製作国
AKORD KVINT Jan Lorenz 展示中
Stradivarius Model
¥324,000 チェコ

HaraldLorenz(ハロルド・ロレンツ)

NO.04

画像画像

ブランド レーベル モデル 販売価格(税込) 製作国
AKORD KVINT HaraldLorenz 展示中
04
¥145,800 チェコ


イタリアバイオリンラインナップ紹介 モダンオールドバイオリンラインナップ紹介
その他新作欧州バイオリンラインナップ紹介 現代製作家一部紹介

弦楽器製作家を一部ご紹介

Maurizio Tadioli

Maurizio Tadioli 島村楽器グランフロント大阪店

イタリアを代表するアンティーク風楽器製作のエキスパートとして、クレモナで活躍するタディーリ。彼の作品は、カナダ出身の世界的バイオリニスト:Yi-Jia Susanne Hou(イージャ・スザンヌ・ホウ)氏をはじめ、世界各地の数多くのソリストから依頼を受け楽器を提供しております。
また、Tadioli氏の作品はライバルである同業者からも一目を置かれ、いま正に『Maestroが選ぶMaestro』として、その名が知られております。
超一流プレイヤーからも、一流の製作家からも羨望の眼差しを集める彼の作品は世界的に入手困難。島村楽器はタディオリ氏の日本正規特約店です。

Maurizio Tadioli使用演奏家: Matteo Fedeli (マテオ・フェデッリ), Yi-Jia Susanne Hou (イージャ・スザンヌ・ホウ), Jenny Scheinman, Harry Skura ... ほか。

2014年秋にタディオり氏アトリエに訪問した際のブログ『2014年秋 弦楽器ヨーロッパ買い付け日記』も是非ご覧下さい!


Valerio Ferron

Valerio Ferron

Valerio Ferron(ヴァレリオ・フェロン)は、クレモナのバイオリン製作学校を卒業後、いくつかの名工のもとで学び自らのスタイルを完成させ、弱冠24歳でイタリア国内のコンクールで3冠を獲得し成功を手にした天才肌の新生です。
2010年 Pisogne弦楽器製作コンクール バイオリン部門 第1位および音響特別賞受賞
2011年 Pisogne弦楽器製作コンクール ヴィオラ部門 第1位
2011年 Pisogne弦楽器製作コンクール チェロ部門 第1位
当社マイスター茂木が、2014年秋にフェロン氏アトリエに訪問した際のブログも是非ご覧下さい!


Elisa Scrollavazza

ElisaScrollavazza 島村楽器グランフロント大阪店

パルマで活躍するRenato Scrollavezza(レナート・スクロラヴェッツァ)の娘として、幼少期から弦楽器製作に親しんできたエリーザ・スクロラヴェッツァ。パルマバイオリン製作学校を1991年に卒業後、その才能を買われ、世界中のディーラーから注目を集めていきます。アメリカでHans J. Nebel(ハンス・J・ネーベル)氏に師事し、音響学、楽器修復についての専門的な知識を習得。ガダニーニの研究者としても名を高め、自身の製作に活かしている。

2014年秋にエリーザ・スクロラヴェッツァ氏のもとへ訪問した際のブログ『2014年秋 弦楽器ヨーロッパ買い付け日記』も是非ご覧下さい!
スコラベッツァ展示楽器紹介はこちら


Andrea Schudtz

AndreaSchudtz 島村楽器グランフロント大阪店

1973年生まれ。彼の父:パヴェル・シュッツもモスクワのボリジョイ劇場オーケストラへ多数の楽器を製作した有名なマエストロであった。
1988年 15歳で楽器製作を始める。
1995年 クレモナのバイオリン製作学校を卒業後、弓製作について学ぶ。
1990年 チャイコフスキー国際弦楽器製作コンクール チェロ部門 第5位
1992年 チェコ・プラハ国際弦楽器製作コンクール バイオリン部門 第4位
1993年 イタリア・パヴェーノ国際弦楽器製作コンクール バイオリン部門 第2位
クレモナを代表する中堅メーカーです。アマティ、ストラディヴァリウス、ガルネリ・デル・ジェスといった世界3大名器に大きな影響を受け、自身の作風に反映させています。

Andrea Schudtz使用演奏家:Vladimir Teodorovich Spivakov(ヴラディミール・テオドロヴィッチ・スピヴァコフ、Yurii Abramovich Bashmet(ユーリー・アブラモヴィチ・バシュメット)、Sergey Krylov(セルゲイ・クリロフ)、Yulia Berinskaya(ユリア・ベリンスカヤ)

当社マイスター茂木が、2014年秋と2015年春にアンドレア・シュッツ氏アトリエに訪問した際の様子は、2014年秋 弦楽器イタリア買い付け日記2015年春 弦楽器ヨーロッパ買い付け日記から是非ご覧下さい!

アンドレアシュッツ展示楽器紹介はこちら



Fabio Dalla Costa

Fabio Dalla Costa

Fabio Dalla Costa(ファビオ・ダッラ・コスタ)は、1966年イタリア Vicenza生まれ。1984年クレモナ国際ヴァイオリン製作学校を卒業後、Gio Batta Morassiに師事し、1988年まで修行を積みました。同氏は、国際コンクールで数々の賞を受賞しております。受賞歴については、詳細ページの英訳プロフィールをご覧下さいませ。
当社マイスター茂木が、2014年秋にファビオ・ダッラ・コスタ氏アトリエに訪問した際のブログ『2014年秋 弦楽器ヨーロッパ買い付け日記』も是非ご覧下さい!ダッラコスタ展示楽器紹介はこちら



Patrick Seaux

Patrick Seaux

1980年クレモナバイオリン製作学校を卒業後、Giobatta Morassi氏の元でアシスタントを務め実力を挙げる。その後、Cremonaに自身の工房を設け独立。1991年よりRomeへ工房を移し、1998年からはPadovaへ移し、おもにプロフェッショナル・プレーヤー向けの弦楽器製作を行っている。
2004年ドイツ:フライブルグで開催された「ヤコブ・スタイナー弦楽器製作コンペティション」バイオリン部門において金賞を受賞。

当社マイスター茂木が、2014年秋にパトリック・ショー氏アトリエに訪問した際のブログ『2014年秋 弦楽器ヨーロッパ買い付け日記』も是非ご覧下さい!


Arberto Cassutti

A.Cassutti 島村楽器グランフロント大阪店

カスッティ氏は、パルマにあるバイオリン製作学校で巨匠レナート・スコラベッツァ氏にバイオリン製作を師事。その後イギリスへ渡り、ロンドンのフロリアン・レオンハルト氏の工房で、楽器製作と名器修復のアシスタントを務めた若きホープです。

アトリエに訪問した際のブログも是非ご覧下さい!


Adriano Spadoni

Adriano Spadoni 島村楽器グランフロント大阪店

Adriano Spadoni1978年ロシア モスクワ生まれ。9歳よりPavlutskaja Natalijaにチェロ演奏を7年間師事。チェロのプロプレーヤーを目指すも途中で断念。弦楽器製作の道へと転進する。因みに、彼の妹Maria Spadoniはモスクワ・シンフォニー・オーケストラのチェロプレーヤーである。
1999年クレモナバイオリン製作学校にてディプロマを取得。在学中は主にGiorgio Ceの指導のもと製作をマスターしたほか、Massimo NegroniやMaurizio Tadioliらの指導を受ける。その後、Edger Russの工房でアシスタントを務めたのちに独立。
当社マイスター茂木が、2014年秋にスパドーニ氏アトリエに訪問した際のブログ『2015年春 弦楽器ヨーロッパ買い付け日記』も是非ご覧下さい!


Maria Schudtz

MariaSchudtz 島村楽器グランフロント大阪店

兄であるアンドレア・シュッツから学び、伝統的な技法を十分に習得した上で、兄とは違った魅力を持つバイオリンを製作し続けるマリア。彼女の作品は、彼女ならではの音が出来あがっています。

兄アンドレアが使う特別な材料を、島村楽器のためだけに使用。クラスを超えた鳴りと、独特の柔らかくもパワフルな音色が魅力です。
マリアシュッツ展示楽器紹介はこちら


Giovanni Lazzaro

Giovanni Lazzaro

イギリス・ロンドンの超高級店フロリアン・レオンハルト氏の工房で、製作と修復のアシスタントを務めて力をつけた製作家です。
現在はイタリア:パドヴァの街で新作楽器製作のほか、プロの演奏家が所持しているオールド楽器の修理・修復も請け負っています。ラザーロ氏の楽器はイタリアの主要なコンサートホール、クァルテット、アンサンブルやオーケストラなどで使用されております。

当社マイスター茂木がアトリエに訪問した際のブログ『2015年春 弦楽器ヨーロッパ買い付け日記』も是非ご覧下さい!


Daniele Tonalelli

Daniele Tonalelli

1994年クレモナ弦楽器製作学校を卒業
ジョルジョ・スコラーリに師事、マルコ・ノッリのもとで更に製作技術を学んでおり、様々な世界的な製作コンクールにて入賞を果たしています。
作風は近年変化し、これまでのクレモネーゼ・スタイルから、タディオリを意識したアンティーク調スタイルへと覚醒しました。今後の活躍から目が離せない中堅メーカーです。

当社マイスター茂木が訪問した際のブログ『2016年秋 弦楽器ヨーロッパ買い付け日記』も是非ご覧下さい!


Alberto Giordano

Alberto Giordano

1984年クレモナヴァイオリン製作学校を卒業。
V.ビソロッティなどに指導を受ける。名工セスト・ロッキの工房で下積み時代を過ごした後、1987年より現代最高峰の名工Josef Curtin&Gregg Alfのもとで研鑽を積む。
1994年より、歴史的名手ニコロ・パガニーニが残した遺品のヴァイオリン「カノン」の保存に携わる責任者に任命され、現在に至るまでその重責を務めている。

当社マイスター茂木がアトリエに訪問した際のブログ『2016年秋 弦楽器ヨーロッパ買い付け日記』も是非ご覧下さい!
ジョルダーノ展示楽器紹介はこちら


Riccardo Bergonzi

ベルゴンツィ

1961年生まれの55歳。
1976年バーニャカヴァッロ展示会で最年少で金賞受賞。その後、同展示会のバイオリン、チェロ部門にて金賞受賞し、1991年のトリエンナーレでもヴィオラ部門で1位を受賞している製作家です。
ベルゴンツィ展示楽器紹介はこちら


Gianluca Montenegro

Gianluca Montenegro

1978年イタリア・ローマ生まれ。
ウンブリア州ペルージャにあるグッビオ・ヴァイオリン製作学校を卒業。グァリエロ・スパタフィ氏の元で指導を受ける。
その後は拠点をフィレンツェへ移し、カルロ・ソルゲントーネ、ミチェーレ・メカッティの両氏の下でアシスタントを務めている。
また、彼はニューヨークの巨匠カルロス・アルチエリのもとで楽器修復のコースも受講し、修理・調整も修得している。

当社マイスター茂木がアトリエに訪問した際のブログ『2016年秋 弦楽器ヨーロッパ買い付け日記』も是非ご覧下さい!


Michel Eggimann

Michel Eggimann

1963年 スイス・ヌーシャテル生まれ。
19歳でヌーシャテルの製作家Philippe Girardinに師事。
1986年クレモナバイオリン製作学校にてディプロマを獲得。Vincenzo Bissolottiに師事した。
1985年 クレモナ国際弦楽器コンクール トリエンナーレ バイオリン部門 第4位。2007年より工房をローマに移し製作に励んでいる。多くのヨーロッパ一流オーケストラが使用する、本当のプロが選ぶ新作バイオリン。

当社マイスター茂木がアトリエに訪問した際のブログ『2014年秋 弦楽器ヨーロッパ買い付け日記』も是非ご覧下さい!

イタリアバイオリンラインナップ紹介 モダンオールドバイオリンラインナップ紹介
その他新作欧州バイオリンラインナップ紹介 現代製作家一部紹介

弦楽器をお探しの方は島村楽器グランフロント大阪店にご相談ください!

バイオリン・チェロが初めての方も、ご経験のある方も、楽器選びからアフターケア、音のご相談、アクセサリー選び、はては演奏やレッスンのお悩みにいたるまでお困りの方はどなたでも、是非当店に足をお運び下さい。弦楽器に関わり続けて20年の弦楽器担当をはじめ、当店講師が皆様の音楽ライフをサポートさせて頂きます。試奏もお気軽にできます!ご来店お待ちしております!
弦楽器メインページはこちら!

お問い合わせ先

〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 ショップ&レストラン北館5F
グランフロント大阪店  TEL : 06-6359-2855 担当:古西(ふるにし)、酒井(さかい)

アクセス方法

JR大阪駅中央北口よりアトリウム広場を通り直結。デッキをそのまま通り、南館から北館へ。
阪急梅田駅2階中央口より出て、そのままグランフロントへ徒歩約3分

グランフロント大阪店へのアクセスはこちら

↑このページのトップへ

「商品情報 セール・フェア」カテゴリー 最新情報はこちら

このページのトップへ