住所 〒 060-0061
北海道札幌市中央区南一条西3-3
札幌パルコ6・7F
電話番号 011-214-2391
営業時間 月〜金・日曜日 10:00〜20:00
土曜日 10:00〜20:30
リンク ショッピングセンターWebサイトへ

耳栓を考える~よりよいドラム演奏のための耳栓「Crescend イヤープロテクター」

  • 2017年01月15日 17:47 更新
  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
    店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

よりよい演奏を考えたら行き着いたそこには「耳栓!」

札幌パルコ店ドラムコーナーHPでは、毎回新商品の入荷情報やフェア情報などをお届けしていますが、今回は少し別の方向からよりよいドラム演奏について考えてみました。どうぞご一読ください。

crescend earplug

聴くための耳栓

ドラム、バンドは大音量のため、耳を痛める方が多いのが事実。

とあるプロドラマーの方は、ドラムの音と、クリックを大音量で聞き続けたこともあり、人の声あたり周波数が聞き取りにくくなってしまった、というお話も伺ったことがあります。

そのため、耳栓(イヤープラグ)を使用する事も多いかと思います。しかし、とかく「耳の保護」だけが謳われることが多い耳栓ですが、、今回紹介する耳栓の効果はそれだけではありません。あえて、「聴くための耳栓」として紹介させていただきます。

crescend earplug

私もドラマーの端くれでして、下手の横好きレベルなんですがバンドでドラムを叩いています。
で、いっちょまえにベースとのコンビネーションを考えたりする時もあるのですが、悩みとしてずっと持っているのが、他の音、特にベースが聞きとるのが上手くできない、という事があります。ベーシストは十分な音量で弾いているので彼の音量の問題ではありません。
でもうまく聞き取れず、気がついたら自分との戦いのようになっていたりして、ベースとキックを合わせてアンサンブルを楽しむ、ということにはほど遠い状態になっていたりします。
「まあこんなものなのだろう」と半ば諦めてしまっていた事もあるのですが、やはり自分の演奏を後で聞くと激しく落ち込んだりするもので、なんとかしたい、と思った訳です。

なぜ聴こえないのか?

本当のところはどうかわかりませんが、何故聴こえないかを考えてみました。
大きな音で演奏した後などは耳鳴りの様な状態になることから、人間の耳はそれほど大音量に耐えられるわけではないのではないか、と仮説をたてました。
だとすると、自分の一番近いところでスネアドラムのリムショットやシンバル等、高域の大音量の楽器が鳴っていると、その音ばかりに耳がいってしまい、他の楽器の音が聞き取りにくくなるのではないか、と考え、その対策として、ミュートや耳栓で不要な高域の音を抑えれば良いのではないか、と考えました。
そこで、ちょうど良いタイミングで目にしたこのクレッシェンドの耳栓を試してみました。

使ってみました

Crescend earplug

小さな金属製のケースに、大小二つのイヤープラグが入っています。イヤープラグの内部に「イヤーフィルター」という小さな円形のパーツを装着することで耳栓の役割を果たします。(小さい部品なので失くさないようにしましょう)
耳への装着は簡単。耳たぶの上をつまむようにして、少し奥まで入れるようにします。
着けただけだと、周りの音、人の声もよく聴こえて、「これで本当に効果があるのだろうか?」と少し不安に思うくらい周りの音がよく聴こえます。
しかし、バンドで音を出した瞬間!本当に驚きました。自分の音が耳障りでなく聞こえる事はもちろん、今まで聴きとりにくくて困っていたベース、ギターの音がはっきりと聴き取れます。
ベースの、ピックが弦にあたる瞬間の音が、本当に見えるように聴こえるのです。
そして、普通の耳栓だと、こもったような音になってしまい違和感のある自分のドラムの音も、実に自然に聞き取れます。
これは驚きました。
いわゆる「耳栓感」は少ないので、音量が大きく感じられます。普通の耳栓のイメージで使ってしまうと「なんだよ聴こえるじゃねえか」となるかもしれません。
しかし、長時間のリハ後の、耳の疲労感は非常に軽減されているのも実感できます。商品説明で謳われている、耳の保護性能も実感できました。

余談ですが…

スタジオでのリハ後、耳栓付けているのを忘れて、そのまま運転して帰ってしまったこともあります。そのくらい、耳栓をしている聴感上の違和感は少なく感じます(うっかりなだけかもしれませんが。。。)

当店取り揃え

Crescend earplug

「Drummer」は、シリーズのなかでは一番の遮音性を持ち、シンバルやオープンリムショットの高音を抑えつつ、ゴーストノート等の細かいニュアンスを聞き取れるようにしたタイプ。
「Music」は、ライブ会場やクラブでの使用が想定されており、「Drummer」に特性は似ているものの遮音性能がゆるやかなタイプです。ということでドラマーさんが「Music」を使うのもアリ、と言えるでしょう。

メーカー 品番 販売価格 コメント
Crescend Drummer ¥6,156(税込) イヤープラグ、ドラマー。
Crescend Music ¥2,041(税込) イヤープラグ、ミュージック。
Crescend Guitar ¥6,048(税込) 新たに取り扱い開始。

※その他シリーズのCrescendイヤープロテクター各種のお取り扱いもしております。
店頭にない商品のお取り寄せも承っておりますので、お気軽にご相談ください。

併せてご覧下さい

お問い合わせ

在庫状況の確認や、お取り置き、お気軽にお問い合わせください。

店舗名 札幌パルコ店
電話番号 011-214-2391
担当 トリヅカ

お支払い方法

店頭でのお支払いは以下の方法をご利用頂けます。

  • 現金
  • クレジットカード
  • ショッピングクレジット

代引きでの着払いも可能です

代引き着払いでのお支払い方法
  • 現金
  • クレジットカード

代引きでの着払いをご利用される場合は、ご希望のお支払い方法を必ず店舗スタッフにお伝えください。

商品代金+代引き手数料+送料=合計金額
商品受け取りの際、合計金額を運送業者へお支払いください。

「ドラム」カテゴリー 最新情報はこちら

MyDRUMS
このページのトップへ