最終審査会ノミネート

堀田ゆき / 水星ラムネ(オンラインエントリー)

審査員アドバイスコメント

とても完成度の高い作品だと思います。特にメロディの組み立てが秀逸ですね。通常サビにピークを持ってくるために、最高音をサビに持ってくることが多いのですが、この作品ではBメロにピークが作られています。ですが、伸びやかなサビのメロディがとても印象的で、音のピークはBメロにあることを感じさせません。その後、大サビに入ると、さらに高い「ラ」の音が使われます。そして、サビの後につけられたメロディにもう一度ピークの「ラ」を持ってくる。本当に、素晴らしいですね。プロの作家さんだからこそなせる技だと思います。

また、ボーカルの庄司さんの歌唱力も素晴らしいです。音の跳躍が多いBメロのスムーズに歌いこなせていますし、表現力も申し分ありません。アレンジもよく考えられていますし、ミックスバランスも良いと思います。これだけ完成度の高い作品なのですが、唯一気になったのは冒頭のカウントです。このカウントって必要ですか?カウントなしで、いきなり「三角帽をかぶった」と入った方がインパクトがあると思います。とはいえ、素敵な仕上がりの作品だと思います。今後の活躍に期待しています。(鈴木)

このページのトップへ